なぜ人気?現役オーナー講師の不動産投資セミナー メリット・デメリットを解説

ポータルサイトなどで不動産投資セミナーを探してみると毎月数百件以上ものセミナーが開催されており、「どれに参加したら良いか分からない」「自分に合うセミナーが分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は、不動産投資セミナーの種類を整理した上で、不動産オーナーが講演するセミナーのメリットやデメリット、活用の仕方などをご紹介していきたいと思います。

記事目次

  1. 不動産投資セミナーには3つのタイプがある
    1-1.不動産投資会社の社員が講師を務めるセミナー
    1-2.FPや税理士など専門家が講師を務めるセミナー
    1-3.不動産オーナーが講師を務めるセミナー
  2. なぜ人気?オーナー講師による不動産投資セミナーのメリットは?
    2-1.不動産投資を追体験でき、始めた後のイメージもしやすい
    2-2.独自の成功ノウハウや失敗を避ける方法を知ることができる
    2-3.投資家としての厳しい目線からアドバイスを聞くことができる
  3. オーナー講師による不動産投資セミナーのデメリットや注意点は?
    3-1.投資スタイルが異なる場合もある
    3-2.個人の経験に基づくので一般化や再現が難しいことも
  4. オーナー講師の人気セミナーは?
  5. まとめ

1 不動産投資セミナーには3つのタイプがある

数多く開催されている不動産投資セミナーは、実は3つのタイプに分類をすることができます。以下で1つずつ詳しく見ていきましょう。

1-1 不動産投資会社の社員が講師を務めるセミナー

まずは、不動産投資セミナーで最も一般的なのが不動産投資会社の社員が講師を務めるケースです。不動産投資のプロから話が聞けるというメリットがあり、最新の情報・データや体系的な内容が魅力です。

一方、不動産投資会社にとってはセールスの場とも言える機会ですので、自社に関する説明の比率が高くなったり、自社が販売している物件の魅力に焦点が絞られることが多く、その会社の扱う物件に興味があまりない場合はセミナーで得られる情報や満足度が低くなってしまうデメリットがあります。

1-2 FPや税理士など専門家が講師を務めるセミナー

FP(ファイナンシャルプランナー)や税理士などをゲスト講師に招いたセミナーも根強い人気があります。こちらのセミナーは、専門的な見地からの分析などを通して不動産投資を客観的にとらえやすくなる利点があり、たとえば株式投資・FX・Jリートとの比較など、他の投資商品との違いを学ぶこともできます。

一方、セミナーで扱う内容が幅広かったり、表面的な情報をまとめるだけの話に終始してしまうケースもあります。講師の経歴や実績、セミナーで扱うトピックなどをしっかり確認してから参加したほうが良いと言えるでしょう。

1-3 不動産オーナーが講師を務めるセミナー

3つ目のパターンが、不動産オーナーが自身の体験を通して成功や失敗の要因を語るというセミナーです。ただ、一口に不動産オーナーと言っても、始めたばかりの新米投資家から数十件もの不動産を運用するベテランの著名投資家まで様々な方がいます。また、オーナーの職業も普通の会社員の方以外に、前項で取り上げた不動産投資会社の社員やFP、税理士などに加え、自営業の方など様々です。

上記のセミナー内容との違いは、実際に不動産を購入して運用もしているということで、自身の不動産投資経験から成功・失敗のポイントや投資会社・物件選びなどの踏み込んだ内容まで学ぶことができるという点です。

たとえば、不動産投資会社の社員が講師を務める場合では、セミナーで不動産投資や自社物件のメリットを聞かされると「そんなに良い物件ならなんで自分で投資をしないのか?」という疑問が湧いてくるかと思いますが、自身がオーナーである場合にはその言葉に説得力があり、購入後のイメージなどもつかみやすくなります。

2 なぜ人気?オーナー講師による不動産投資セミナーのメリットは?

以下では、不動産オーナーが講師を務めるセミナーのメリット・デメリットについて、さらに詳しく見ていきたいと思います。

2-1 不動産投資を追体験でき、始めた後のイメージもしやすい

不動産オーナーが講師を務めるセミナーで最も大きなメリットは、そのオーナーが実際に体験したことや感じたことなどを追体験できるという点です。

不動産会社選びや不動産購入時にどのような点に悩み、何を決め手としたのか、購入後にどのような悩みがあるのか、失敗しないためにどんな工夫をしてきたか、といった実際に自分が直面する可能性のある事柄について、当事者から詳しく聞けるという点は大きな魅力です。

2-2 独自の成功ノウハウや失敗を避ける方法を知ることができる

セミナー講師を務めることができる不動産オーナーは、自分なりのノウハウを有しているケースが少なくありません。

たとえば、不動産を割安に仕入れる方法や危ない会社・物件を見極める方法、金融機関から良い条件で融資を引くためのコツ、空室を埋めるための入居付け、2棟目以降の物件を購入する際のポイント、購入後に不動産会社とどのようなコミュニケーションを取っていくべきかなど、そのオーナーでしか語り得ない独自のノウハウや分析を聞くことができます。

2-3 投資家としての厳しい目線からアドバイスを聞くことができる

セミナー講師として登壇する不動産オーナーの多くは、不動産投資家として豊富な経験を有しています。そのため、実際に自分が投資をする際の物件や不動産会社などを見極める際の目線も非常に厳しいものとなります。

すでに投資をしてみたいエリアや物件が候補としてある場合は、それをオーナー講師に「こういった物件への投資を考えているのですが、どう思われますか?」と質問としてぶつけてみることで、「もし自分なら、こうします」という投資家としての厳しい目線からアドバイスを聞くことができます。

3 オーナー講師による不動産投資セミナーのデメリットや注意点は?

メリットの多いオーナー講師によるセミナーですが、デメリットはあるのでしょうか?こちらも詳しく見ていきましょう。

3-1 投資スタイルが異なる場合もある

また、講師の不動産オーナーがどのような投資スタイルであるかも重要なポイントです。「ワンルームマンションかアパート1棟か」「新築か中古か」「国内か海外か」「都心か地方か」などの組み合わせによって、どのような投資が最適かという点が大きく変わってきます。

自分がどのような目的で不動産投資を始めたいのか、どのような投資スタイルを望んでいるのかを明快にしてからセミナー選びをすることで、参加により高い満足度を得ることができます。

3-2 個人の経験に基づくので一般化や再現が難しいことも

独自のノウハウや体験談が聞けることがメリットとなる一方で、そのノウハウや体験談が自分には実践できない可能性もあります。

たとえば、講師の職業が医師で、自身の職業や資産状況を活かした融資ノウハウや運用を伝えるセミナーである場合や、リーマンショック直後に現金購入した不動産が大きく値上がりしてキャピタルゲインを獲得したというセミナー内容だった場合、一般の会社員の方やこれから不動産投資を始める方にとっては再現が難しいという可能性もあるわけです。そのため、参加するセミナー講師の肩書きや投資法などをしっかりと確認してから申し込む必要があります。

4 オーナー講師の人気セミナーは?

以下では、具体的なオーナー講師のセミナーもご紹介したいと思います。

7年目の現役オーナーが語る不動産投資セミナー

このセミナーは、7年目の現役オーナーがアパート経営を始めたきっかけから、現在までの実体験を伝える内容となっています。事業会社の社員が講師を務めるセミナーでは事業会社が自社の魅力だけを伝えているものもありますが、このセミナーは参加者と同じ投資家としての目線を経験した方が講師を務めているので、臨場感のある話を聴くことができます。

セミナーでは、土地を持たないサラリーマンだった講師が、数ある投資手段の中からアパート経営をなぜ選び、どのように会社選びを行ったのか、家族との葛藤、アパート経営を始める前と後の変化など、普段のセミナーでは聞くことができない「オーナーの生の声」が聴けるため身近に感じやすいという点などが参加者に好評となっています。

普段の生活の中で、商品を購入する際にウェブ上で口コミやレビューを確認することも多いですが、不動産のような高価格帯のものを購入する際にはウェブ上の口コミだけではなく、実際に自分の目と耳で得る情報も非常に重要な判断材料となります。そのため、実際に物件を購入されたオーナーが講師を務めるセミナーは購入を判断する上で非常に参考になるでしょう。

セミナーはどこで聴講できる?

上記のセミナーは、シノケンプロデュースというジャスダック上場企業グループの不動産投資会社が東京で開催しています。

金融のプロがなぜ不動産投資の手法を選んだのか、初心者が何に気をつけるべきかといったことに加え、「少ない自己資金でも可能な資産づくりの方法」「不動産投資のメリットとリスク」「将来の個人年金づくり」なども学ぶことができます。

5 まとめ

不動産オーナーのセミナーでは、不動産投資を追体験でき、独自の成功ノウハウや失敗を避ける方法を知ることができる一方で、自分にも実践できる投資かどうか、再現性がある投資手法かをきちんと見極める必要もあります。

不動産投資セミナーを検討している方は、ぜひこの記事を参考にどのセミナーに参加するかを検討なさってみて下さい。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」