全室IoT標準装備「インテリジェントアパート」新規の投資用不動産すべてに導入、シノケングループ

シノケングループの株式会社シノケンハーモニーは17日、7月から受注する全物件を、建物全体・全部屋に各種IoTセンサーが標準装備された「インテリジェントアパート」仕様で販売すると発表した。初年度は新規物件3000戸への導入を目指すほか、既存の賃貸管理物件約3万5000戸への導入も順次予定する。

インテリジェントアパートはIoTセンサーによって外出先からスマホでの遠隔操作、センシング技術による防犯・空調・照明モニタリングなどが可能になる賃貸物件。同グループでは昨年4月、新築アパート向けにIoTデバイス「シノケンスマートキット」の提供を開始したところ、アパートメントの購入を検討されている顧客のほかのオーナーからも多数の問い合わせがあったことを受け、ランニングコストゼロの標準装備を実現した。

「安心・安全」「快適・便利」「スタイリッシュ」の3つのユーザーエクスペリエンスをうたう。まず、居住者が最も気になる安心・安全対策では、スマートロック、ハッキングを防ぐスタンドアローン型仕様、不審者の侵入を防ぐアルゴリズムを備える。ドア・窓の開閉センサーや室内の人感センサーにより、異変があれば居住者のスマホに発信する。宅配の受取りにも安全に対応できる機能を開発中。

シノケンのインテリジェントアパート

家電とスマホを連動した遠隔コントロール、ワンストップリモコン機能によって、帰宅後の部屋環境を快適に整える。エアコンは遠隔操作で帰宅した時には快適な空間温度・湿度となる。ロックはスマホかスイカなどのIC カードをかざすだけで開錠、室内に入ればあらかじめプログラムされた照明やテレビ・エアコンなどを操作できる。AIスピーカーを使えば「ただいま」の一言で全てが起動。居住者のステレオ、空気清浄機、掃除ロボ、電動カーテンなどと連動させることも可能。以前に、公益財団法人日本デザイン振興会「グッドデザイン賞」を受賞しており、“スタイリッシュさ”にも定評がある。

IoTデバイスでセキュリティや家電製品を連動させるスマート化は、比較的低コストで付加価値を向上させられる手法として、賃貸業界でも商品化が進んでいる。同グループは立地の良さとデザイン性を強みに、19年3月末時点で99%以上の入居率を誇る。今後は全戸IoT標準仕様に加え、開発中の「オーナーアプリ」や「シノケンコイン」との連動を視野に、オーナーにはより安定的な入居率と収益性を、入居者にはより快適で安全な暮らしのサポートとコストパフォーマンスの高さを提供していく。

【関連サイト】シノケンのアパート経営  セミナー情報へ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」