TAG IoT

ESG投資コラム

防災テック・気候テックのスタートアップ企業は?6社を紹介

AI・ビッグデータ・IoTなど先端テクノロジーを活用した防災テックや気候テックのスタートアップ企業が日本でも数多く立ち上げられています。そこで、この記事では防災テックや気候テックに取り組むスタートアップ企業6社についてご紹介するので、防災・気候分野のビジネスやスタートアップに関心のある方は参考にしてみてください。

アパート経営

アパート経営で入居者から人気の間取りや設備は?入居率98%以上のアパート会社の建築事例も

アパート経営において立地は重要なポイントですが、加えて入居者のニーズにマッチした部屋でないと入居率を引き下げる要因になります。そこで今回のコラムでは、人気の間取りや設備について解説し、入居率が98%以上の実績を持つアパート会社の事例も紹介していきます。

国内不動産投資

不動産投資型CF「72CROWD.」 第8号ファンドは南麻布のデザインマンション。10/10募集開始

株式会社インヴァランスは、不動産投資型クラウドファンディング(CF)「72CROWD.」で第8号ファンド「72CROWD.麻布十番ファンド」の募集を10月10日午前10時に開始する。対象物件は、東京都港区南麻布にある同社のデザインマンション「LUXUDEAR 麻布十番」の一室。物件を取得し、運用期間中に対象物件の賃借人から得られる賃料、売却時の売却代金を基に投資家への配当および元本の償還を行う。

<大企業が着目>大手電機メーカー等と進める「IoT現地認証」。モノ・コトをシェアリングする「via-at」投資ニュース

IoT現地認証でモノ・コトをシェアリング。地域のDX化を目指すベンチャーがFUNDINNOでCF

マイクロロケーション(より精度の高い位置情報)を活用し、地域のDX化を目指す株式会社via-atは、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で9月 20日から10月3日まで、募集による投資申し込みの受付を行う。

<大手が熱視線>サムスン電子に導入された親会社の超低遅延IoT技術。子会社「R2」が日本マーケットでの拡大を狙う投資ニュース

リアルタイムでロボット遠隔操作ができるプラットフォームを展開、次世代IOVT通信サービス開発ベンチャーがFUNDINNOで資金調達

株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で公開中の新規案件「<大手が熱視線>サムスン電子に導入された親会社の超低遅延IoT技術。子会社『R2』が日本マーケットでの拡大を狙う」は9月10日午前10時募集を開始する。

国内不動産投資

不動産投資型CFの「72CROWD.」、 第7号ファンドは品川のデザイナーズマンション。8/21募集開始

株式会社インヴァランスは、不動産投資型クラウドファンディング(CF)「72CROWD.(ナナニークラウド)」で第7号ファンド「72CROWD.品川西大井IIファンド」の募集を8月21日午前10開始する。東京都品川区のデザイナーズマンションを投資対象に募集金額2945万円、予定分配率3.8%(年率・税引き前)、想定運用期間は9月21日~24年7月22日までの約10ヶ月。

Web3

世界初、NTTがブロックチェーンを用いた無線アクセス共用技術の実証実験に成功

NTTが、ブロックチェーンを活用した個人間の無線アクセス共有技術における実証実験の成功を4月26日に発表しました。今回は、NTTのブロックチェーンを活用した無線アクセス共有技術の特徴やメリット、そしてブロックチェーンが持つ未来の可能性について詳しく解説していきます。

マンション投資

2030年のマンション経営、想定される入居者ニーズの変化は?6つの対策も

2030年には日本の人口の30%が65以上の高齢者となり、人口減少も進行すると予想されています。このような少子高齢化や人口減少といった社会情勢の変化のほか、コロナ禍に伴う環境変化や、IoTをはじめとした技術革新および社会の持続可能性に対する意識の向上など、さまざまな要因を背景に入居者の方の不動産に対するニーズが変化していく見込みです。今回の記事では2030年までを見据えて、今後想定される入居者の方のニーズの変化と、それを踏まえたマンション経営の対策について紹介します。

マンション投資

将来の入居者、Z世代が住まいに求める条件は?意識調査結果や今後の不動産投資への影響・ポイントも

不動産投資で主要なターゲットの一つである単身世帯には大学生〜若い社会人が多く含まれます。1990年代後半から2010年代初頭に生まれた世代であるZ世代は、今後多くの人が成人し、一人暮らしを始める時期に差し掛かかっていきます。今後の賃貸需要をうまく捉えていくためには、Z世代の住まいに対する条件を踏まえて、ニーズを満たす物件でアパートやマンション経営を行うのが不動産投資における有効な選択肢の一つとなります。

【ゼネコンも熱視線】様々な産業の現場の見える化&DX化を可能にする次世代映像ソリューション「TStocker」投資ニュース

センサー技術と映像、IoT、AIを融合。次世代クラウドサービスの開発ベンチャーがFUNDINNOで資金調達へ

クラウドソリューション、SI、ECサイト事業などを行うスタートアップのスリーフィールズ株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、10月26日から募集による投資申込みの受付を開始する。

ラストワンマイルを解決する新たなスマートモビリティ。観光地をシームレスに繋ぐ電動キックボードシェアリングサービス「eBoard」投資ニュース

電動キックボードで観光地の移動をエンターテイメントに。シェアリングサービス企業がFUNDINNOで資金調達へ

株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、国内でも人気を集める電動キックボードのシェアリングサービスに関するプロジェクトが登場した。株式会社eBoard(イーボード)による新株予約権型案件「ラストワンマイルを解決する新たなスマートモビリティ。

投資信託コラム

ロボットの発展と普及で訪れる未来とは?同分野に投資するファンドも紹介

ロボットとは人の何かしらの動作を担う機械を意味します。フィクションでは人もしくは生き物を模した形状のものが多いイメージがありますが、現実では人の一連の作業の一部もしくは全部を担う存在全体をロボットと呼ぶケースが多いです。ロボットはさまざまな技術と結びつきながら、人間の省力化や人力ではなしえないレベルの安全性・正確性を実現するために進化し続けています。この記事ではロボット産業の発展がもたらすメリットや社会的意義を紹介したうえで、後半では、ロボット産業や技術に投資できるファンドも紹介します。同記事を踏まえてロボット産業に魅力を感じた人は、ぜひ投資をしてみてください。

投資信託コラム

IoT業界に投資できる人気の金融商品は?5本の必要金額や成績も【2022年9月】

実社会のあらゆる事業や情報がネットワークを通じてやりとり可能になるIoT技術が発展したことで、IoT業界への投資を検討している方もいるのではないでしょうか。実際、IoT業界は高い成長率が期待できる上、インフレの落ち着きから今後の見通しも明るいとの期待感も強まっています。

この記事では、IoT業界に投資できる人気の金融商品5本について、必要金額や成績を比較しながら詳しく解説します。IoT業界への投資を検討している方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

ヘルスケア関連の投資信託、成績や信託報酬など徹底比較【2022年4月】

人々が健康に生きていく上で重要な、ヘルスケア関連事業の投資環境を知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ヘルスケア関連事業は、電子カルテのような医療情報や、健康診断など健康データを扱う2つの分野に分けられます。ファンドカテゴリーでは、製薬事業もヘルスケア分野に分けられています。成熟した社会のあらたなテーマは「いかに健康に生きるか」。健康への関心は年々高まる一方です。

当記事では、ヘルスケア関連事業へ投資するファンドを紹介しています。また、投資環境や今後の見通しについても解説します。新しい投資先を探している方や、ヘルスケア関連事業が気になる方は、内容をご確認ください。

投資信託コラム

ロボティクス関連の投資信託、成績や信託報酬など徹底比較【2022年4月】

新しい投資先を探している方の中には、ロボット事業に注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。製造業の現場では、以前からロボットの導入が進められています。IoTの発展により、省人化の進捗も順調です。2020年からのコロナ禍によって非接触需要が高まり、ロボットの需要もより高まりました。

当記事では、ロボティクスをテーマとしたファンドについて解説し、直近のロボティクス事業の状況についても解説しています、新しい投資先として、ロボティクス関連事業が気になる方はご確認ください。