TAG GMOクリック証券

FXコラム

マネーパートナーズのスワップポイントは?スプレッドや評判も

「マネーパートナーズ」は東証プライム市場上場企業グループの株式会社マネーパートナーズが運営しているFX会社です。100通貨単位の少額から取引ができるほか、株式を証拠金として利用できるなどの特徴があります。今回はそんなマネーパートナーズのスワップポイントとスプレッド、評判について詳しく解説していきます。マネーパートナーズで取引を検討している方はぜひ参考にしてください。

FXコラム

auカブコムFXの評判は?スプレッドや取引ツールを徹底解説

auカブコム証券株式会社が提供しているFXサービス「auカブコムFX」。auカブコムFXにはMUFGグループが運営会社であることや自動売買ができることなどのメリットがあり、取引を検討している方もいるのではないでしょうか。そこで今回はauカブコムFXのリアルな評判を紹介していきます。また取引するにあたり重要なスプレッドや取引ツールなどについても解説していきます。auカブコムFXを検討している方はぜひ参考にしてください。

FXコラム

FXネオのメリット・デメリットは?スプレッドの比較やデモ取引も

FXを始めてみたいという方のなかには、GMOクリック証券のFXネオを使おうか検討している方もいるのではないでしょうか。GMOクリック証券は2020年のFXの取引高が世界1位、国内では9年連続1位と多くの投資家から支持されている証券会社です。この記事ではGMOクリック証券のFXネオを使うメリット・デメリットを解説していきます。

FXコラム

デイトレードでおすすめのFX会社は?選ぶポイントも解説

FXで、デイトレードをする人は多いのではないでしょうか。デイトレードでは、長期投資と違った視点でFX会社を選ぶことが重要です。

また、取引の際には、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析を含めた総合的な分析をしたいものです。FX会社によって、提供しているツールや情報は異なります。それぞれ、豊富なテクニカル分析が揃った独自のツールや、様々なマーケット情報を提供しています。各社の特徴を踏まえたうえで、自分に合った会社を選びたいですよね。

今回は、デイトレードに適したサービスの考察と、デイトレードで使えるFX会社について解説します。

FXコラム

FXでスワップポイントを稼ぐ方法は?実際のトレード画面で解説

低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことでほぼ毎日受け取ることができる「スワップポイント」。スワップポイント狙いでFXを始めたい方も多いでしょう。しかし、スワップポイントを受け取れるのは良いものの、為替レートが不利な方向へ動くと受け取れるスワップポイント以上の損失を抱えてしまう可能性があります。そこで今回は、為替レートの動きによる損失リスクを抑えてスワップポイントを稼ぐ方法を解説します。

FXコラム

FXの1万通貨・1ロットはいくら?1円上がったときの利益と初心者が使いやすいFX会社5つ紹介

FXの取引単位について調べていると、1万通貨や1ロットといった単位が出てきます。結局、1万通貨・1ロットとはいくらのことなのでしょうか。また1円円安に振れたら、どれくらいの利益が生まれるのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えしつつ、初心者が使いやすいFX会社も5つ紹介していきます。

投資信託コラム

GMOクリック証券で人気の投資信託10本、手数料や価格推移は?【2022年8月】

GMOクリック証券の投資信託は、購入手数料無料のノーロード銘柄が豊富で、100円から積立可能なほか、NISA口座にも対応しています。取扱本数は133本と他ネット証券と比べて少ないものの、運用しやすい銘柄を厳選しているので、初心者の方でも取り組みやすいのが大きな特徴です。

そこでこの記事では、GMOクリック証券でよく購入されている投信銘柄の特徴を詳しくご紹介します。投資信託の銘柄選びで悩んでいる方や、人気銘柄を知りたい方はご参考ください。

FXコラム

初心者におすすめのFX会社は?操作画面がシンプルな会社5選

FX初心者がハードルに感じるものの一つに「取引ツールの操作方法」があります。操作画面が複雑な場合、何を押せば良いのか分からなくなり、面食らってしまうことでしょう。そこで今回は初心者におすすめの、取引ツールの操作画面がシンプルなFX会社を5社紹介します。いずれも初心者であってもすぐに慣れることができる取引ツールを提供しています。是非参考にしてください。

FXコラム

GMOクリック証券「FXネオ」、デモ取引の特徴は?デモ取引のやり方や口座開設の流れも

GMOクリック証券が提供している「FXネオ」は、2020年のFX高が世界1位、国内では9年連続1位であり多くの方に利用されているFXサービスです。「FXネオ」での口座開設を検討している方もいるのではないでしょうか。今回はGMOクリック証券「FXネオ」の「口座開設前にデモ取引をしたい」という方に向け、GMOクリック証券のデモ取引について紹介します。また、口座開設の流れを解説します。

FXコラム

FX、デモ取引ができる会社のおすすめは?大手FX会社6社の特徴や機能も

「実際のお金を運用する前に、FXのデモ取引を利用したい」と考えている方もいるでのではないでしょうか。デモ取引は実際のお金を使わないため、損失が出ても実際のお金を失うことはありません。さらに取引ツールを実際に利用できることや、FXの取引の仕組みをを体験できることを始め、FXをこれからはじめたい方にとって大きなメリットがあります。今回はデモ取引ができる大手FX会社6社と、各社の特徴について解説します。

株式投資コラム

ネット証券8社の株取引アプリの評判は?機能やツールの比較も

株取引を行うためにネット証券を選ぶのであれば、株取引アプリを基準に選んでみるのも一つです。各ネット証券では、スピーディーな取引注文や使いやすいインターフェース、豊富な投資情報など、それぞれ特徴のある株取引アプリをリリースしています。そこで今回は、主要ネット証券の株取引アプリについて紹介したいと思います。

FXコラム

初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説

2022年6月現在、世界でインフレ懸念の高まりから物価上昇が止まらず、世界の中央銀行はこぞって政策金利を引き上げようとしています。リーマンショック以降なかなか政策金利が上昇せず、通貨金利も低かった状況が継続していたものの、少しずつ政策金利が高くなる雰囲気が出てきています。一方で、政策金利を引き上げる気配のない日本は円安となっています。円安相場で儲けたい考えている投資家も増えてきているのではないでしょうか。ここでは円安となっている理由と、円安で儲かるためのトレード方法を初心者でもできるように解説します。

FXコラム

エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説

FXで相場の方向性はなんとなく予想できても、エントリータイミングに頭を悩ませる人も多いでしょう。エントリー方法は様々あるものの、FX初心者はまず注目度の高い経済指標の発表といった、イベントを抑えることから初めてみましょう。ここではFX初心者に向けて、エントリー時に注目すべきイベントと、GMOクリック証券でのトレードの仕方を解説します。

FXコラム

【2022年】豪ドルで利益を出す方法は?確定のタイミングやおすすめ証券会社も

2022年は世界的なインフレ懸念の中、2月にロシアがウクライナに侵攻したことで世界のサプライチェーンが混乱し、FXでトレードを行っている投資家は難しい舵取りを常に迫られています。そんな波乱のFX相場で、堅調なのが豪ドルです。今回は豪ドルの状況と利益確定のタイミングについて解説します。

FXコラム

FXで安定した金利収入を狙う方法は?FX会社間のスワップポイント差を利用した方法を解説

FXには為替の値動きに振り回されることなく、安定的に資産運用できる方法が存在します。2つのFX会社間のスワップポイントの差に着目するのです。2022年5月現在、日本を除く多くの国が利上げしています。金利差が広がり、スワップポイントで収益を得るチャンスが増えているということです。記事では具体的な方法を紹介しています。FXを利用して安定的な運用をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

株式投資コラム

ネット証券会社大手7社を比較、ユーザーに選ばれているのは?口座開設数や売上を分析

ネット証券は数多く存在し、さまざまな選択肢から自分に合ったサービスを選ぶことができます。ですが、そのぶん多すぎてどこを選べばいいのかわからない、となる場合もあるでしょう。そこで今回は、ネット証券各社の人気を探るため、口座開設数と売上からシェア上位の会社についてリサーチしてみました。

株式投資コラム

株の取引手数料が無料の証券会社は?適用条件やキャンペーンも

株の取引手数料とは、証券会社の利用者が株式を売買する際に生じる手数料です。株の取引手数料は証券会社ごとに異なっており、各社が様々な料金体系を採用している中、最近では大手オンライン証券を中心に株の取引手数料を無料にするケースも増えてきています。

この記事では、株の取引手数料が無料となる証券会社やその適用条件をご紹介します。株取引のコストを抑えたい方や、様々な証券会社を株式取引手数料で比較したい方は参考にしてみてください。

FXコラム

バイナリーオプションのメリット・デメリットは?取扱証券会社も

資産運用に対する関心が高まる中、相場が上がるか・下がるかを予想する「バイナリーオプション」に注目している個人投資家の方もいるのではないでしょうか。バイナリーオプション(BO)は、二者択一のシンプルな取引構造により、誰でも手軽に取引を行える一方、投機性が高い上、予測するのが難しいという特徴があります。

この記事では、バイナリーオプションについて詳しく知りたい方のために、メリット・デメリット、バイナリーオプションを取り扱っている金融機関をご紹介するので、参考にしてみてください。

投資ニュース

GMOクリック証券、NASDAQ100関連や森林資源に投資するファンドなど投資信託7銘柄追加

GMOクリック証券株式会社は12月13日から投資信託7銘柄の取り扱いを開始した。銘柄はNASDAQ関連ファンドのiFreeレバレッジNASDAQ100、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)などで、このうち、iTrustティンバーは主に世界の森林・木材関連企業の株式などを投資対象とする。