TAG 非代替性トークン

暗号資産・ブロックチェーン

メタバースのデジタル不動産「LAND」への投資方法について解説【Decentraland 、The Sandbox】

ブロックチェーン・メタバース(Metaverse)として先行している「ディセントラランド(Decentraland)」や「サンドボックス(The Sandbox)」のデジタル不動産を表す「LAND」の売れ行きが2022年も引き続き好調です。2月にはイタリアの高級ブランドのグッチ(Gucci)が、The SandboxのLANDを購入したことがわかっています。著名人や大企業が投資し始めているなかで、LAND投資に関心を持ち始めている方も増えているのではないかと思います。そこで今回は、LANDに投資する際の方法や考え方について解説したいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFT(β版)が取り扱いを開始した3D Generativemasksとは

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、22年9月26日よりNFTコレクション「3D Generativemasks」の取り扱いが開始されました。今回はCoincheck NFT(β版)で取り扱いを開始した「3D Generativemasks」について、概要や特徴を詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFT(β版)で取り扱いを開始したEthereum Name Service(ENS)とは

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、「Ethereum Name Service(ENS)」の展開を22年9月27日からスタートしました。ここでは新たに取り扱われる「Ethereum Name Service(ENS)」について、概要や特徴を詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

コインチェックのIEO第二弾「フィナンシェトークン」とは

フィナンシェトークンは、「ブロックチェーンを活用した新世代クラウドファンディング2.0」サービスを手がけるプラットフォームFiNANCiEのネイティブトークンです。22年夏に国内の仮想通貨取引所であるコインチェック(Coincheck)においてIEOを実施する予定です。今回はフィナンシェトークンについて、その概要や特徴、コインチェックでの第二弾となるIEOの実施予定などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFTで取り扱いされているOthersideとは?

22年6月15日、コインチェック株式会社が運営しているNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」が、ブロックチェーンゲームOthersideの土地「Otherdeed(NFT)」の取り扱いをスタートしました。この記事では、Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたOthersideについて解説します。

仮想通貨コラム

メルカリの仮想通貨・ブロックチェーン子会社「メルコイン」の特徴とビジョン

21年4月、日本最大手のフリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリ社の100%子会社として、仮想通貨およびブロックチェーン事業を行う「メルコイン」という新会社が設立されました。今回は、株式会社メルコインについて、その事業内容や特徴、そして目指す未来を解説していきます。

NFT

メタバースファッションブランド「Space Runners(スペースランナーズ)」とは?

NFT・メタバースに特化したファッションブランド「Space Runners(スペースランナーズ)」は、2022年3月8日に1000万ドル(約11億円)の資金調達に成功したことを発表しました。Space Runnersは昨年末に「NBAチャンピオンズスニーカーコレクション」というNFT1万点が、わずか9分で完売したことでも注目を集めたブランドです。今回は、メタバース・ファッションブランド「Space Runners」について解説します。

NFT

GUCCI、Ubisoftによる「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」進出のねらいとは?【メタバース×グッチ・ユービーアイソフト】

2022年に入り、イタリアの高級ファッションブランドGUCCI(グッチ)とフランスの大手ゲーム開発企業Ubisoft(ユービーアイソフト)、そしてスクウェア・エニックスが「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」への参入を発表しました。今回はブロックチェーンゲームプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」上の3社の取り組みについてご紹介します。

暗号資産・ブロックチェーン

ディセントラランドに開設されたJPモルガンのラウンジとは?大手銀行の取り組みとねらいについて解説

2022年2月15日に米金融大手JPモルガン・チェースは、仮想空間「ディセントラランド(Decentraland)」に「オニキス・ラウンジ(Onyx lounge)」を開設したことを発表しました。アメリカの有力銀行による仮想空間への参入は、メタバース産業発展への期待感を高める動きとして注目を集めています。そこで今回は、ディセントラランドに開設されたJPモルガンのOnyx Loungeについて、その概要や特徴を解説します。

暗号資産取引所の使い方

NFT投資に気軽に挑戦できるCoincheck NFT(β版)の魅力とは?【仮想通貨取引所コインチェック】

最近ではNFT(非代替性トークン)が世界的に注目されており、興味を持った方も多いのではないでしょうか。現状、NFTマーケットプレイスを利用する際にはウォレットとイーサリアム(ETH)が必要となるケースが多い状況です。一方で、NFTを取り扱う国内の仮想通貨取引所も増えており、初心者の方にとって気軽にNFTを売買できるようになっています。今回はNFT初心者の方にとっておすすめのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」についてご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックで現在取り扱われているNFTとは?5つのNFTコレクションを詳しく解説!

コインチェックは2021年3月に、国内の暗号資産交換業者としては初めてのNFTマーケットプレイスとなる『Coincheck NFT(β版)』をオープンしました。ユーザーとしては、仮想通貨取引所でそのままNFTを売買できることは大きなメリットです。当初は2種類のNFTコレクションのみを取り扱っていましたが、約1年かけてラインナップを少しずつ増やしています。ここではコインチェックが2022年2月現在取り扱っているNFTについて解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

NFT活用プラットフォームを構築するEnjinプロジェクトのSDGs対応とは?【仮想通貨エンジンコイン(ENJ)】

NFTの発行・管理・取引向けのブロックチェーンとして市場で中心的なポジションを確立しつつあるEnjinプロジェクトは、環境への積極的な取り組みで注目されています。そこで今回は、EnjinプロジェクトとそのSDGsに対する取り組みについて解説します。