TAG 配当

投資信託コラム

日興フロッギーの手数料はいくら?単元未満株でも配当金や優待は貰える?

記事を読みながら手軽に株取引ができる「日興フロッギー」が注目されています。投資を学びながら100円から株を購入できるのが特徴ですが、ネット証券等と比較して手数料が安いのかどうかなどが気になる方もいるでしょう。そこでこの記事では、日興フロッギーの特徴や手数料、配当金・株主優待はもらえるのかなどについて詳しくご紹介します。

株式投資コラム

日興フロッギーの評判は?メリット・デメリットや始め方も解説

日興フロッギーは、企業紹介の記事やマーケット情報を読みながらそのまま株を購入できるサービスです。上場企業の株式やETF、REITなど幅広く購入でき、最低投資金額は100円です。また100万円までは手数料0円で、NISA口座にも対応しています。この記事では日興フロッギーの特徴やメリット・デメリットなど詳しくご紹介します。

株式投資コラム

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリットは?購入できる証券会社も5社紹介

少額の資金でも株式投資ができる「単元未満株」や「ミニ株」を扱うサービスが増えています。まとまった資金を必要としないのが特徴ですが、まだ馴染みのない方もいるでしょう。そこでこの記事では、ミニ株と単元未満株の基本や特徴、ミニ株・単元未満株を購入できる投資サービス、ミニ株・単元未満株を始める方法をご紹介します。

ロボアドバイザーコラム

ネオモバの手数料は安い?他の資産運用アプリと手数料を比較

Tポイントで株式投資ができるネオモバは、少額で始められることでも人気を集めています。スマホ用のネオモバアプリなら株式の定期買付機能もあるため、手間をかけることなく資産運用を楽しむことも可能です。この記事では、ネオモバと主要な資産運用サービスにかかる手数料を詳細に比較します。

株式投資コラム

ネオモバで1株から配当金・株主優待が貰える銘柄は?受取方法も解説

ネオモバでは株式を1株単位から取引することが可能です。1株から配当金や株主優待を貰える銘柄もあるため、初心者の方でも少ない投資資金でリスク分散をしながら株式投資を行うことができます。この記事では、ネオモバの特徴、1株から配当金や株主優待が貰える銘柄、配当金や株主優待の受け取り方法などを詳しくご紹介します。

株式投資コラム

株式投資はいくらからできる?少額投資ができるおすすめサービスも紹介

従来の株式投資では数十万〜数百万円といった資金が必要な場合もありましたが、最近は1万円から等の少額で始められるサービスが登場しています。そこでこの記事では、株式投資を始めるのに必要な投資額はいくらなのか、また、少額投資ができる人気のサービスについても詳しくご紹介します。株式投資に興味を持ち始めた方はお役立てください。

株式投資コラム

NISAで人気の銘柄は?買付金額ランキング上位10本を分析【2021年5月】

年間120万円の非課税枠内で上場株式やETF、REITなどにも投資ができる一般NISA。つみたてNISAとは異なり個別株への投資が可能なので、値上がり益を狙った投資や、株主優待や配当を狙った株の保有が可能です。この記事では、SBI証券のNISA買付ランキング(2021年5月24日週)から、どんな銘柄が人気なのか分析していきます。

株式投資コラム

米国株の配当にかかる税金は?配当課税の節税方法や確定申告の手順も

高成長を続ける米国市場の株価は30年前と比べて12倍に上昇しています。米国企業は、日本よりも株主還元の意識が高く、できるだけ配当を増やそうとしていることから高配当株が多いのも特徴です。

しかし、米国株の配当金はアメリカと日本の双方で課税対象となるため、確定申告の際に外国税額控除の申請をする必要があるなど、その仕組や手順をしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事では、米国株取引で発生する税金の種類や配当にかかる税金を抑える方法、確定申告のやり方について詳しく解説するので、ご参考ください。

株式投資コラム

米国株取引にかかる税金は?節税や確定申告の方法・注意点も

米国株取引では、国内株式と同様に売却益と配当金の両方に税金が課されます。ただし、譲渡益課税は国内のみであるのに対して、配当課税は国内と米国の双方で課税されることになるため、確定申告の際に外国税額控除の適用を受けることができます。

このように米国株取引では、二重課税を避けるため、関連する税金の仕組みについてしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事では米国株取引にかかる税金の種類、税金を抑える方法、確定申告の手順について詳しく紹介するので、米国株取引を行う方は参考にしてみください。

株式投資コラム

米国株の取引時間は?特徴や休場日、長時間取引が可能な証券会社も

米国は高い消費力や生産力が特徴の経済大国です。特に米国を代表するニューヨーク証券取引所の時価総額と取引高は世界最大となるため、今後の成長に期待して米国株に注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、米国株の特徴、取引時間、米国株を取り扱う証券会社、米国株の購入方法について詳しく解説します。米国株に関心のある方、成長力のある企業に投資したい方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

auカブコム証券、CFD取引(くりっく株365)の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

auカブコム証券のCFD取引は、使いやすい高機能ツールを無料で利用できるほか、手数料もネット証券で最安水準です。取扱銘柄は日経225などの株価指数を中心としており、夜間取引も可能です。この記事では、auカブコム証券のCFD取引「くりっく株365」の特徴、メリット・デメリット、評判、口座開設の手順についてご紹介します。

株式投資コラム

岡三オンライン証券、CFD取引(くりっく株365)の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

岡三オンライン証券は取引ツールの使いやすさなどが特徴の証券会社です。中でもくりっく株365では高機能な情報分析ツールを利用できる点が特長です。そこで、この記事では岡三オンライン証券のCFD取引「くりっく株365」について主要ネット証券と比較しながらその特徴やメリット・デメリット、評判、始め方などを解説します。

株式投資コラム

SBI証券、CFD取引(くりっく株365)の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

SBI証券の「くりっく株365」は国内外の主要株価指数やETFに投資できる取引所CFDです。CFD取引はレバレッジをかけて少額で始められ、利用者も増えています。そこで、この記事ではSBI証券の取引所CFD「くりっく株365」について、特徴、メリット・デメリット、評判、口座開設の手順を詳しくご紹介します。

株式投資コラム

株を長期保有するメリット・デメリットは?保有し続けるコツも

株式への長期投資は、将来にわたって大きく成長が期待できる企業に投資をするため、将来的に株価の上昇が期待できます。また、企業が成長することで、配当金の増額も期待できます。今回は、株を長期保有(長期投資)する際のメリット・デメリットと、長期投資を実際に行う際に大切になる、保有し続けるための考え方について解説します。

株式投資コラム

PayPay証券、CFD取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

PayPay証券では必要証拠金1万円からレバレッジ10倍までの「10倍CFD」と、レバレッジ5倍までの「日本株CFD」を利用できます。CFD取引では株式相場の下降局面でも利益を狙えるほか、24時間取引可能です。この記事では、PayPay証券のCFD取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方を詳しくご紹介します。

株式投資コラム

株式投資初心者が銘柄選びで押さえたいポイントは?ネット証券会社も3社紹介

株式投資を始めてみたいけど、銘柄をどう選べばいいか、どのように投資すればいいか分からない人も多いのではないでしょうか。国内株式は3,752銘柄(2021年1月末時点)もあり、その中で投資したい銘柄を探すのは大変です。そこで今回は、初心者が株式を選ぶ際に、最初に見るべきポイントと注意点、投資の考え方について説明します。

株式投資コラム

CFD取引のメリット・デメリットは?投資の仕組みや手数料の安い証券会社も

株式投資やFXを行っている方なら、「CFD取引」という言葉を聞いたことがあると思いますが、どんな投資なのか理解している方は少ないかもしれません。そこで今回は、CFD投資の仕組みやメリット・デメリットを解説します。また、CFD取引を行うための手数料が安い証券会社も紹介しますので、参考にしてください。