TAG 配当

ESG投資

「新型コロナ危機でも世界の平均気温上昇は3.9度」シュローダー気候変動予測レポート

英国の資産運用会社シュローダーは「新型コロナ危機による影響にもかかわらず、世界の平均気温上昇は3.9度」をテーマにしたレポートを発表した。同社が2017年に独自に策定した脱炭素社会の実現に向けた取組みの進捗を示す「気温上昇予測ダッシュボード」に基づく分析。

株式投資コラム

旅費や運賃がお得に。鉄道・航空会社のおすすめ株主優待【2020年版】

鉄道や航空会社など交通関連の株主優待は、電車や飛行機などの運賃が割引になるだけでなく、ホテルやレジャー施設などが割引になる優待もあるのでお得です。今回は、主な鉄道・航空会社の株主優待を紹介します(2020年9月時点の情報です。銘柄ごとの最新情報はご自身でお調べ頂いたうえ投資判断を頂きますようお願い致します)。

ESG投資

バーチャル株主総会の時代は到来するか?シュローダーESG四半期レポート

新型コロナウイルスの感染拡大により、株主総会への出席が困難になったことから「バーチャル株主総会」を求める声が高まっている。英国の資産運用会社シュローダーグループは「異例の状況下ではバーチャル株主総会は必須なものとなる一方、これまでの株主総会のやり方にも優れた点がある」との見解を示している。

ESG投資

コロナは日本企業のESGのリトマス紙になるか?資産運用大手のシュローダーが考察

英国に本社を置くシューローダーの日本法人シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は8月19日、「新型コロナウイルスと日本企業」と題したレポートを公開した。運用部日本株式ファンドマネジャーの豊田一弘氏が「新型コロナウイルスと日本企業が取り組むESGについて考えてみたい」と考察を述べている。

株式投資コラム

日興フロッギーで配当金・株主優待を受け取る条件と注意点は?取扱銘柄も紹介

日興フロッギーでは一定の条件を満たすことで、配当金や株主優待を受けることも可能です。しかし、一般的なネット証券とはサービスの仕組みが異なるため、どのような方法で受け取るのか分かりにくいと感じる方もいるかと思います。そこで今回は、日興フロッギーで配当金・株主優待を受け取る条件や仕組み、注意点と取扱銘柄について解説します。

株式投資コラム

高配当銘柄のメリット・デメリットは?選び方や代表的な企業も10社紹介

株式の利益には、売却益である「キャピタルゲイン」と配当などの「インカムゲイン」があります。高い配当をだす企業は、安定した事業基盤や高い株主還元姿勢があり、景気が悪くなっても株価が下落しにくいという特徴があります。今回は、高配当銘柄の特徴と選び方、投資するメリット・デメリット、人気銘柄を紹介します。

株式投資コラム

貸株を行うメリット・デメリットは?貸株に必要な手続きなども徹底解説

株式投資で利益を得る方法には、配当や株主優待などのインカムゲインと、売買によるキャピタルゲインがあります。しかし、「貸株」によって利益を得られるということは、知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、貸株の概要やメリット、注意点などについて解説します。また、貸株を行うための手続きも紹介します。

株式投資コラム

CFD取引のメリット・デメリットは?投資の仕組みや手数料の安い証券会社も

株式投資やFXを行っている方なら、「CFD取引」という言葉を聞いたことがあると思いますが、どんな投資なのか理解している方は少ないかもしれません。そこで今回は、CFD投資の仕組みやメリット・デメリットを解説します。また、CFD取引を行うための手数料が安い証券会社も紹介しますので、参考にしてください。

株式投資コラム

グロース投資のメリットとデメリットは?銘柄選びや注意点も解説

株式投資に関連して「グロース投資」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。グロース投資は基本的な投資スタイルの1つではありますが、その内容についてよく理解していないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、グロース投資の概要やメリット・デメリット、銘柄の選び方などについて解説していきます。

株式投資コラム

株主優待・配当の「権利確定日・権利付き最終日・権利落ち日」の違いと注意点

株主優待や配当などに関わる用語として、「権利確定日」「権利付き最終日」「権利落ち日」という言葉があります。それぞれ違う意味を持っており、正しく理解していないと、株主優待や配当を貰い損ねてしまう可能性もあるので注意が必要です。そこで今回は、権利確定日・権利付き最終日・権利落ち日の違いや注意点について解説したいと思います。

株式投資コラム

日興フロッギーの評判は?メリット・デメリットや始め方も解説

日興フロッギーは、企業紹介の記事やマーケット情報を読みながらそのまま株を購入できるサービスです。上場企業の株式やETF、REITなど幅広く購入でき、最低投資金額は100円です。また100万円までは手数料0円で、NISA口座にも対応しています。この記事では日興フロッギーの特徴やメリット・デメリットなど詳しくご紹介します。

株式投資コラム

株式投資はいくらからできる?少額投資ができるおすすめサービスも紹介

従来の株式投資では数十万〜数百万円といった資金が必要な場合もありましたが、最近は1万円から等の少額で始められるサービスが登場しています。そこでこの記事では、株式投資を始めるのに必要な投資額はいくらなのか、また、少額投資ができる人気のサービスについても詳しくご紹介します。株式投資に興味を持ち始めた方はお役立てください。

株式投資コラム

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリットは?購入できる証券会社も5社紹介

少額の資金でも株式投資ができる「単元未満株」や「ミニ株」を扱うサービスが増えています。まとまった資金を必要としないのが特徴ですが、まだ馴染みのない方もいるでしょう。そこでこの記事では、ミニ株と単元未満株の基本や特徴、ミニ株・単元未満株を購入できる投資サービス、ミニ株・単元未満株を始める方法をご紹介します。

投資信託コラム

REIT(リート)投資のメリット・デメリットは?配当の仕組みや注意点も

不動産投資に興味はあるが、資金がないのでなかなか始められない。そして、融資を受けて投資を始めるのは怖いと考える方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、REIT投資に興味を持たれている方向けに、投資を実際に始める前に知っておきたい基礎知識についてお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

プロが解説、ソーシャルレンディングのデメリットを補う投資手法とは?

投資で大きなリスクを避けるためには、一つの投資に資金を投資するのではなく、様々な投資手法と組み合わせることが大切です。そこで今回は、ソーシャルレンディングと組み合わせることでリスク分散を行うことができ、収益性の確保も効果的に行える投資手法3つをここではお伝えしていきます。

投資信託コラム

日興フロッギーの手数料はいくら?単元未満株でも配当金や優待は貰える?

記事を読みながら手軽に株取引ができる「日興フロッギー」が注目されています。投資を学びながら100円から株を購入できるのが特徴ですが、ネット証券等と比較して手数料が安いのかどうかなどが気になる方もいるでしょう。そこでこの記事では、日興フロッギーの特徴や手数料、配当金・株主優待はもらえるのかなどについて詳しくご紹介します。

投資信託コラム

投資信託とETF(上場投資信託)の違いは?特徴やメリット・デメリットを比較

すでに投資をしている方なら、一度は聞いたことがあるであろう「投資信託」と「ETF(上場投資信託)」。どちらも投資対象であることはわかっていても、双方がどのように違うのか明確に理解している方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は、投資信託とETFの違い、メリットやデメリットについて紹介したいと思います。

株式投資コラム

インカムゲイン、キャピタルゲインとは?株式投資の基礎知識

世の中にはさまざまな投資の方法がありますが、そこから得ることができる利益は「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類だけに分けられます。自分に適した投資方法を選択するためには、これらの違いをしっかり理解しておくことが大切です。そこで今回は、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」がどのようなものかを解説します。

ロボアドバイザーコラム

ネオモバの手数料は安い?他の資産運用アプリと手数料を比較

Tポイントで株式投資ができるネオモバは、少額で始められることでも人気を集めています。スマホ用のネオモバアプリなら株式の定期買付機能もあるため、手間をかけることなく資産運用を楽しむことも可能です。この記事では、ネオモバと主要な資産運用サービスにかかる手数料を詳細に比較します。

ロボアドバイザーコラム

積み立てロボ貯蓄「One Tap BUY」の評判は?メリット・デメリットも解説

スマートフォンで気軽に株式投資が始められるOne Tap BUY(ワンタップバイ)が注目されています。One Tap BUYは、スマホで積み立てしながら配当金などがもらえる新しい貯蓄サービスです。今回は、積み立てロボ貯蓄One Tap BUYの特徴やメリット・デメリット、評判、利用する際の注意点などをご紹介します。