TAG 築年数

投資・マネーコラム

不動産の売却前にリフォームすべき箇所はどこ?査定に関わるポイント3つ

不動産会社に家の査定を依頼した場合、室内のきれいさや設備の新しさなども査定結果に反映されるため、適切なリフォームを行うことは有効な手段です。そこでこの記事では、不動産の売却前にリフォームすべき箇所はどこなのか、事前にチェックしておきたいポイントを解説します。不動産の売却前にリフォームを検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

家はいつ売るべき?築年数別の不動産価格と売却戦略を比較

「家を売りたいけれど古くなっているから売れないのではないか」と、不安に思う方は多いのではないでしょうか。実際に、家は新しいほど金融機関の担保価値が高く、築年数が経過するほど売却価格が下がる傾向にあります。この記事では、築年数ごとの価格や成約件数の推移と、家を売るポイントを築年数別に解説します。

投資・マネーコラム

マンション売却の最適なタイミングは?判断するための5つのポイント

マンションの購入はライフイベントの中でも非常に大きな買い物です。しかし、転勤や家族構成の変化が生じた場合は、住み替えや買い替えのためにマンションを一度売却する必要が生じることもあります。この記事では、マンションの売却を検討している方に、最適なタイミングを判断するためのポイントをお伝えします。

マンション投資

投資用マンションの利回り相場、エリア別でどう違う?背景も解説

マンション投資を行うにあたって、検討している物件の利回りが相場より高いか低いかは気になる点です。利回りの高さとリスクの大きさは比例するので、一概にどちらが良いとは言い切れませんが、利回りが高いとキャッシュフローが安定しやすいメリットがあります。この記事では、投資用マンションの利回り相場をエリア別・築年数別に解説します。

投資・マネーコラム

投資用マンションの売却、利益は出る?色々な視点から売却収益を試算

マンションの価格は築年数の経過とともに緩やかに下落します。特殊な事情がない限りは、購入時より高い価格で売却できることは珍しいと言えます。その状態でどのように売却で収益を得られるのでしょうか。この記事では、経年劣化で価格が下落した状態でマンションを売却した時の収益について、色々な視点から試算してみたいと思います。

マンション投資

初めてマンション投資をする際に必ず押さえておきたい8つのポイント

マンション投資は長期的な投資になりますので、初めてマンション投資をする方にとっては不安も大きいかと思います。しかしポイントを押さえて取り組んでいれば、リスクヘッジできたり、悪い状況でもすぐに通常通りの運用に戻したりできる可能性は高くなります。この記事ではマンション投資で押さえておくと役に立つポイントを8つご紹介します。

マンション投資

投資用マンションの購入で初心者が失敗しないためのポイントは?

不動産投資には、アパート投資やマンション投資、戸建投資などいくつか種類が分かれています。その中でも、立地条件が良い物件も多く安定した需要が期待できる区分マンション投資が注目されています。そこで今回は、区分マンション投資のメリット・デメリット、投資用区分マンションの購入で失敗しないためのコツを3つ解説します。

投資・マネーコラム

購入後に価格が上がっても、すぐに不動産を売却しないほうが得な理由とは?

不動産を売却する際には仲介手数料や諸費用を支払わなければいけません。また、利益が発生した場合は所得税と住民税も支払わなければいけません。税率は所有年数が5年以内と5年超で異なるため、今回はそれぞれの場合で手元に残る利益がどれくらい違うのかを、税率と築年数別の物件価格の視点から考えてみたいと思います。

投資・マネーコラム

査定を知るものが売却を制す!不動産の査定で本当に重要な8つのポイント

不動産価格には相場はあっても定価はありませんので、査定を依頼した不動産会社の数だけ価格は違ってきます。今回は中古不動産の査定方法や売却の際に注意したいことなどを確認した上で、査定の際に不動産の何を見ているのかなど、査定で本当に重要な8つのポイントについて見てみたいと思います。

投資・マネーコラム

アパートオーナーの利回り実績公開!アパート経営って本当に利益出るの?

アパート経営は、マンション経営よりも規模が大きいため、初期投資の費用も大きくなってしまいます。そのため、アパート経営を始めたくてもなかなか一歩を踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、実際に私がアパート経営を行ってみた結果、利回りがどのくらいだったか、また本当に利益を出すことができたのかについてご紹介したいと思います。

投資・マネーコラム

なぜアパート経営は「入居率が高い」だけではダメなのか?

投資初心者の方がアパート経営を行うにあたって、最も気にされるのが空室リスクです。空室リスクを低く抑えるためには、入居率の高いアパートを選ぶことが大切ですが、実は入居率が高いということだけを見て物件を選んでしまうと、想定していた利回りを実現できなかったり、アパート経営が赤字になってしまったりするケースがあります。

マンション投資

積算評価とは?マンション2戸以上に投資したい人が知っておくべき融資の話

マンション経営を行う場合は、金融機関から融資を受けながら行うのが一般的ですが、何を基準に融資額を決定しているのか気になったことはありませんか?自身の収入やマンションの利回りなどを基準にしていると思っている人が多いかもしれませんが、金融機関が基準にしているのはマンションそのものの価格を算出する積算評価であると言われています