TAG 築古物件

投資・マネーコラム

築古の長屋を売るには?スムーズな売却に向けた注意点や手順を解説

築古の長屋は現行の建築基準法に対応できていないケースも多く、一般的な戸建やマンションとは異なる特殊な不動産であると言えます。そのため、売却方法を知った上で売却を進めることが重要です。この記事では、築古の長屋をスムーズに売却する手順と注意点について解説します。

投資・マネーコラム

家はいつ売るべき?築年数別の不動産価格と売却戦略を比較

「家を売りたいけれど古くなっているから売れないのではないか」と、不安に思う方は多いのではないでしょうか。実際に、家は新しいほど金融機関の担保価値が高く、築年数が経過するほど売却価格が下がる傾向にあります。この記事では、築年数ごとの価格や成約件数の推移と、家を売るポイントを築年数別に解説します。

投資・マネーコラム

再建築不可の土地・建物を高く売却する方法は?再建築可にする手順と注意点

再建築不可の土地や物件は、その特性上売却するのがなかなか難しいものです。難易度の高さから諦めてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、再建築不可となっている土地は法律のどんな部分に抵触しているのかといったポイントや、売却の難易度を下げるためにできることなどについて解説します。

投資・マネーコラム

売り出す前に知りたい、投資用マンションが売却できない6つの理由

投資用のマンションを高く売却できれば一気に投資効率が上がりますが、逆になかなか売却できないという状況になる可能性もあります。実際にマンションを売り出す前に、どんな原因でなかなか売却できない状態になるのかを知っておくことは大事です。この記事では、投資用マンションが売却できない時のよくある理由6個と、対策法をご紹介します。

マンション投資

リノベーションで蘇る?新しい形の築古マンション投資スタイル

マンションが築古になると、賃貸が付きにくくなったり、希望価格で売却できなかったりする可能性が出てきます。そのような時に物件の価値を上げ、賃貸ニーズを高めたり、売却価格を上げたりできる方法の一つにリノベーションがあります。この記事では投資用マンションをリノベーションをするメリットとデメリットを紹介します。

投資・マネーコラム

マンション売却が決まらない時に確認すべき8つのこと

不動産売却の際は、なるべく高い価格で早く売却できるようにすることが大切です。しかし、売りに出してもなかなか売れないということもありますので、そのような場合は原因を分析して対応する必要があります。この記事ではマンションが売却できない場合に知っておくと便利な対処法について、複数の視点からご紹介します。

投資・マネーコラム

再建築不可物件って買っても良いの?投資する際に注意すべきポイントとは

周辺物件と比較してなぜか価格が安い物件を見かけた方もいるのではないでしょうか?物件情報を詳しく見ると「再建築不可」と書かれていて、そのような物件に投資しても問題がないのかと気になっている方もいるかと思います。そこで今回は、再建築不可物件に投資しても問題がないのか、また投資する際に注意すべきポイントについて解説します。

マンション投資

中古不動産投資のよくある失敗例5選と、そこから学ぶべき対策とは

中古不動産投資は、新築不動産への投資よりも投資額を抑えられるだけでなく、入居者がいる状態で運用を始められる可能性も高いため、運用リスクを低く抑えることが期待できます。一方、万が一の失敗に備えて対策を練っておくことが重要です。そこで今回は、中古不動産投資のよくある失敗例5選と、そこから学ぶべき対策について解説します。

投資・マネーコラム

築年の古い投資用不動産を売却する際に注意すべきポイント5つ

いつ物件を売却するかは投資の成否を左右する重要な問題です。特に築年数が経った古い物件の場合は、売却できるかどうかを心配する方もいるでしょう。しかし、首都圏では築30年以上の中古マンション取引は増加傾向にある状況です。この記事では、築年の古い投資用物件の売却で注意したいポイントについてご紹介します。

投資・マネーコラム

築古の自宅をお得に売却できる方法と注意すべきポイント5つ

近年、古い住宅の売却が注目されています。相続した空き家の維持管理に困っている方や、長年住んだ自宅を処分してマンションや介護施設に移り住むことを検討している方が増えています。そこでこの記事では、古くなった自宅を売却する際に、高く売るために必要なポイントと注意したいポイントについて詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

これからの投資用不動産を見極めるための「5つのキーワード」とは?

不動産投資はシミュレーション通りに運用できれば、他の投資と比べて安定した投資となります。しかし、その一方で不動産投資には空室や突発的な修繕費用、金利上昇などのリスクもあります。そのようなリスクと向かい合いながらシミュレーション通りに運用するには、物件の見極めがひとつのカギになってきます。

国内不動産投資

『調査・評価・補修・保険』をワンストップで。リズムがインスペクションを本格開始

リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を運営するリズム株式会社は、2018年4月1日から改正宅建業法が本格施行におけるインスペクション関連義務化に伴い、『調査・評価・補修・保険』のフルパッケージでのインスペクションを本格開始した。