TAG 管理会社

マンション投資

不動産投資の始め方は?物件の選び方や自己資金の目安など基礎知識を解説

不動産投資を資産運用の選択肢の一つとしてチャレンジしたいと考えていても、これまで不動産投資に触れたことがなければ、どのように検討を進めていけばよいのかわからないという人も少なくないでしょう。今回の記事では、これから不動産投資に向けて準備を進めていこうと考えている人向けに、不動産投資の準備プロセスや、物件選び、自己資金の目安などの基礎知識を紹介していきます。不動産投資を検討するうえでの参考にしてください。

マンション投資

アパート経営で重要な管理会社の選び方は?7つのポイント解説

購入するアパート物件のめどが立ったら、次いで重要なのが管理会社選びです。入居者募集や賃料の回収、物件の維持管理などを円滑におこなってくれる管理会社に任せれば、不動産投資の収支改善や物件の資産価値の維持につながります。今回の記事では、管理会社の基本的な役割や質の高い管理会社を見つけ出すメリットを紹介したうえで、管理会社の選び方の7つのポイントを紹介します。はじめての管理会社選びに戸惑っている方はぜひ参考にしてください。

マンション投資

マンション投資の管理会社が倒産するとどうなる?委託先を見極めるポイントも

頻雑な管理業務を委託することができる管理会社は、マンション投資を行うオーナーにとって重要なパートナーとなります。そこで今回のコラムでは、マンション投資の管理会社が倒産するとどのような影響があるのか紹介していきます。また管理会社を見極める際のポイントについても解説します。

マンション投資

不動産投資を遠隔地で行うコツや注意点は?メリット・デメリットも

不動産投資の物件選びをしている際に、居住地周辺エリアで条件のいい物件が見つけられないこともあります。このときに考えるのは、「居住地から遠い物件でも不動産投資はできるのか」ではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、不動産投資を遠隔地で行うコツや注意点を紹介し、さらにメリットやデメリットについても解説していきます。

マンション投資

不動産投資で管理会社を変更する方法は?管理会社の選び方や手順、注意点も

不動産投資における管理会社は、入居者の確保など重要な管理業務を担当する大切なパートナーです。しかしオーナーの意向通りに管理業務が行われないケースもあり、物件運営に支障が出ることもあります。そこで今回のコラムでは、管理会社を変更する方法について解説し、管理会社の選び方やその手順、変更する際の注意点なども紹介します。

マンション投資

不動産投資の入居率を高くする管理会社の選び方は?ポイント6つ解説

不動産投資の入居率を高めるために、管理に強い不動産投資会社をパートナーに選んだり、所有後は定期的に管理体制を見直したりするのも戦略の一つです。このような場合、どのような管理会社に管理を委託すると入居率を高められるのか、ポイントを押さえておくことが大切です。そこで今回のコラムでは、入居率を高くすることを目的に管理会社を選ぶ際の7つのポイントについて解説します。

投資・マネーコラム

アパート経営の初心者におすすめの勉強方法は?4つのポイントや注意点を解説

アパート経営を始めてみたいけれど、どんな知識を身につけたらいいのか、どうやって知識を身につけたらいいのか戸惑うことも多いものです。そこで今回のコラムでは、アパート経営の初心者に適した勉強方法を紹介し、4つのポイントや注意点についても解説します。初めてのアパート経営を軌道に乗せるためにも、ぜひ参考にしてください。

マンション投資

地方都市で始める不動産投資のメリット・デメリットは?東京と人口・不動産価格・利回りを比較

不動産投資を始めるうえで重要なポイントの一つが、エリア選びです。東京都内の不動産投資は人口増加を背景にした豊富な賃貸需要が見込める一方、地方都市の不動産投資はデメリットやリスクが強調されてしまうこともあります。そこで今回のコラムでは、東京23区内と地方都市を各項目で比較して、地方都市で不動産投資を始めるメリットとデメリットを解説していきます。

マンション投資

個人事業主が不動産投資を始める方法は?融資(ローン)を活用するコツも

不動産投資を行うには届けを出したり、承認を得る必要がないため、所有不動産があれば個人事業主の方でも始めることができます。ただしビジネスマンとは異なり、融資を受けるには注意点があります。そこで今回のコラムでは、個人事業主の方が不動産投資を始める方法、さらに融資を受ける際に注意するポイントについても解説していきます。

投資・マネーコラム

オープンハウス(アメリカ不動産投資)のメリット・デメリットは? 税制上の注意点も

近年では日本にもアメリカ不動産投資を取扱う不動産会社が増えていますが、どこの不動産会社を利用すればよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、オープンハウスでアメリカ不動産投資を始める場合のメリット・デメリットについて、他社との違いも交えながら解説します。

マンション投資

不動産投資のリスクヘッジとは?初心者が知っておきたい7つのリスク

不動産投資は金融機関の融資を利用して手元の資金以上に大きな運用が可能な投資方法です。投資額が大きくなることで大きなリターンを狙いやすくなりますが、その反面、大きな損失に繋がるリスクもあります。これらのリスクに備えて事前に回避したり、軽減することで、大きな損失を出さないようにコントロールしていくことは大切なポイントです。そこで今回のコラムでは、不動産投資初心者が知っておきたいリスクと、それを回避する方法を紹介します。

マンション投資

マンション投資の家賃保証の仕組みは?メリット・デメリット、注意点も

家賃保証は、所有する賃貸用マンションが空室になると家賃に相当する額を補填してくれるのが大まかな仕組みです。しかし似たようなシステムも多く、仕組みを適切に把握できていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、家賃保証の仕組みを解説し、メリットとデメリット、さらには注意点についても紹介していきます。

投資・マネーコラム

アパート経営で失敗する人の特徴は?4つのタイプとリスク対策も

アパート経営は数ある不動産投資の手法の中でも投資額が大きく、リスクが高くなりやすい特徴を持っています。アパート経営に失敗しないためにも、事前にどのようなリスクがあり、どのような対策を講じることができるのか、確認しておくことが大切です。そこで今回のコラムでは、アパート経営を失敗する人を4つのタイプに分けて紹介していきます。さらに失敗を防ぐための対策についても解説します。

投資・マネーコラム

初めてのアパート経営、取得後にオーナーがやるべき管理の手順は?

アパート経営で想定する収益を得るためには、適切にアパートを管理していくことが重要です。しかし、アパートの管理はどのようなことから始めたらいいのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、アパートを取得した後にオーナーがまず何から始めたらいいのか、解説していきます。アパート経営を検討している方、これから始められる方はご参考ください。

投資・マネーコラム

初めてのアパート経営、アパートメーカー選びの比較ポイントは?9つ解説

アパート新築して経営を始める場合、最初の一歩はアパートを建築を担うアパートメーカー探しです。しかしアパートメーカーの数は豊富で、どう選んだらいいのか、わからない人も多いでしょう。そこで今回のコラムでは、アパートメーカーを選ぶ際のポイントを9つ取り上げて解説しています。比較検討する際にぜひ参考にしてください。

投資・マネーコラム

アパート経営で資産形成、メリット・デメリットは?初心者向けの注意点も

少子高齢化が進む現代の日本において、リタイア後を豊かに暮らすためにも資産形成は必要不可欠です。不動産を取得することもその資産形成術のひとつですが、アパート経営による資産形成には他の不動産にはないメリットがあります。そこで今回のコラムでは、アパート経営で資産形成をするメリットとデメリット、さらに注意点についても紹介します。

投資・マネーコラム

アパート経営を地方や郊外で始めるメリット・デメリットは?注意点も

リモートワークの浸透で地方暮らしが注目される中、地方でのアパート経営を検討している方もいます。そこで今回のコラムでは、地方都市や郊外でアパート経営を始めるとした場合、東京と比べるとどのようなメリットとデメリットがあるのかに焦点を当てました。アパート経営を地方で始める際の注意点も合わせて紹介します。

マンション投資

不動産投資、区分・一棟・戸建ての違いは?メリット・デメリットを比較

ひとことで不動産投資と言っても、大きく分けて「区分」「一棟」「戸建て」の3つ投資先があります。そこで今回のコラムでは、不動産投資をスタートする際に重要なポイントとなる「区分投資」「一棟投資」「戸建て投資」のメリット・デメリットを比較してご紹介します。

マンション投資

中古マンション投資の物件選びで押さえておきたい5つのポイント

中古マンション投資は新築に比べて利回りが高く、キャッシュフロー経営を行うにはメリットが大きい投資です。一方で中古入居率や修繕費に不安を持つ方もいるでしょう。この記事では、不動産会社や立地、建物など5つの視点から、中古マンション投資を行う際に押さえておくと安心なポイントについてご紹介します。

マンション投資

初心者必見!マンション投資の空室リスク対策で抑えるべきポイント

マンション投資における空室リスクは他とリスクと比較して損害が大きくなる可能性が高くなります。そのため、空室リスクに対しては十分に対策をして取り組むべきでしょう。この記事では空室リスクと他のリスクの違いを整理した上で、空室リスク対策の方法について考えてみたいと思います。