TAG 投資用マンション

マンション投資

投資用ワンルームマンションを売却するなら知っておきたい7つのこと

都心で投資用ワンルームマンションを所有している人の中には、「今売れば利益が出そうだ」「値下がりしないうちに売りたい」と考えて売却を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、投資用ワンルームマンションを売却する際に知っておきたいことを7つ解説したいと思います。

マンション投資

投資用マンションについて初心者が知っておきたいポイントは?選び方や管理のコツも

不動産投資に関してさまざまな情報が飛び交い、マンション経営などでは「自動的に収入が発生する」かのような誤った話も見受けられます。しかし、不動産投資は、物件を購入すれば収入が勝手に入る「金のなる木」などではなく、立派な「事業経営」である点に注意する必要があります。

マンション投資

アフターコロナの不動産投資はどうなる?リーマンショック後の値動きと比較

コロナの長期化によって先行き不透明感が強まる中では、投資用不動産の値動きは今後どうなるのか、投資用不動産を購入するのは見送った方が良いのか、悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、リーマンショックが起きたときの値動きとコロナ禍の値動きを比較し、今後は投資用不動産がどのように値動きするか考察します。

マンション投資

投資用マンションに自分で住むことはできる?メリット・デメリットも

投資用マンションを運用しているものの、なかなか入居者が入らない・期待していたほど収益が上がっていないと感じている人の中には、投資用マンションに自分が住めないかと考える人もいるのではないでしょうか。オーナー自ら投資用マンションに住むことで発生するメリットや、自己利用によって発生し得る問題などについて解説します。

マンション投資

低利回りの東京ワンルームマンション投資、なぜ人気?価格と利回りの推移から検証

マンション投資を進める上でエリアの選定は重要なポイントです。投資用マンションを選ぶ基準は人それぞれですが、価格や利回りに着目すると東京の投資用マンションは地方と比較して高価格・低利回りになっています。この記事では、東京の投資用マンションに絞って価格と利回りの推移を検証し、東京の投資用マンションが人気を集める理由について分析します。

マンション投資

グローバル・リンク・マネジメントのESGの取り組みは?物件の環境性能や今後の予定も

不動産の建設には多くの資材の活用や加工に伴うエネルギーの消費、また周辺エリアでの住環境の変化など、様々な影響を及ぼします。そこで今回のコラムでは、ESGに関して先進的な不動産投資会社であるグローバル・リンク・マネジメントの取り組みについて紹介します。また、環境に配慮した物件の環境性能についても解説していきます。

ESG投資

投資用不動産のGLM、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高位を2物件で取得

投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は12月27日、東京都品川区の「(仮称)アルテシモ豊町二丁目」と埼玉県川口市の「(同)川口幸町二丁目PJ」で建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高位「★★★★★(5つ星)」を相次いで取得したと発表した。GLMとして10、11棟目の環境認証取得物件となる。

ESG投資

グローバル・リンク・マネジメントが墨田区のマンションで「ZEH-M Oriented」6棟目の取得

投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は11月29日、2023年竣工予定の「立川2丁目ⅢPJ(仮称)」で環境認証「ZEH-M Oriented(ゼッチ・マンション・オリエンテッド)」を取得したと発表した。GLMとして6棟目の環境認証取得物件。

マンション投資

投資用マンションの内見・現地調査で見るポイントは?7つ解説

投資用マンションは居住目的のマンションと違い、書類だけで物件を判断して購入を検討されることもあります。また、不動産投資の世界では良い物件が売り出されるとすぐに売れてしまうことがあるため、非常にスピーディーな判断が求められるケースもあるでしょう。この記事では、投資用マンションの内見や現地調査に当たって必要な事前準備とともに、実際に見るべきポイントについて解説します。

マンション投資

投資用マンションがあるサラリーマンの確定申告手順は?簡単にできる5つのコツも

投資用マンションの家賃収入がある場合、原則として、翌年の2月16日から3月15日までに所得税の確定申告をおこなう必要があります。本記事では、投資用マンションがあるサラリーマンの確定申告手順と、簡単にできる5つのポイントについて解説していきます。

トーシンパートナーズの不動産投資国内不動産投資

トーシンパートナーズ、マンションブランド「ZOOM」で9年連続グッドデザイン賞受賞

株式会社トーシンパートナーズが提供する投資用マンションブランド「ZOOM」が2022年度のグッドデザイン賞を受賞した。対象物件は「ZOOM横浜桜木町」と「ZOOM碑文谷」の2棟。14年度の「ZOOM池尻大橋」で初受賞してから9年連続、通算12、13棟目の受賞となった。

国内不動産投資

プロパティエージェント、自社開発物件改善のための会議体「Mission Of CRACIA」新設。SDGs起点に価値創出

プロパティエージェント株式会社は8月29日、会議体「Mission Of CRACIA」を新設した。SDGs(持続可能な開発目標)17の各目標項目に取り組む企業活動の一環として、同会議体で自社開発物件についての振り返り・改善を行い、必要に応じて標準仕様の変更など、より大きな提供価値を創出する商品づくりを進める。

マンション投資

投資用マンションの買い時・売り時を見極めるポイントは?7つ解説

不動産投資では、不動産価格の推移や将来の賃貸ニーズなどから、物件を購入するタイミングと売却するタイミングを見極めることも重要なポイントです。売買のタイミング次第で購入金額や売却金額が異なり、経営を左右することもあります。そこで今回は、投資用マンションの買い時と売り時を見極める7つのポイントを解説していきます。不動産投資にお行ける売買タイミングに悩む方はご参考ください。

マンション投資

東京の投資用マンションに少額投資できる不動産ファンドは?4社を比較

不動産ファンドへ投資をすることで、自分で直接不動産を購入するのではなく、間接的にファンド形式で不動産に投資することができます。必ずしも多額の資金が必要ではない点などから、多くの人に利用されるようになりつつあります。本記事では、東京の投資用マンションに少額投資できる不動産投資型クラウドファンディング4社を比較してご紹介します。

投資・マネーコラム

投資用マンションの売却でかかる税金は?計算方法や課税額を抑える4つの対策も

投資用マンションの売却では収入額が大きくなり、多額の税金が発生する場合があります。ただし、譲渡所得に関連する税金の計算手続きでは、計算構造や税率の規定、特例などをうまく利用することで納める税金を抑えられる可能性があります。この記事では、不動産売却にかかる税金について網羅的に説明したうえで、特に、譲渡所得税の計算手順や、課税額を抑える対策について解説します。

マンション投資

投資用マンションの賃貸需要を見極めるポイントは?エリアの家賃相場を調べる方法も

不動産投資を継続的に行うためには、物件の賃貸需要が将来的に維持できるのか見極めることが重要となります。そこで今回のコラムでは、賃貸需要を見極めるポイントについて解説していきます。またエリアの家賃相場を調べる方法も紹介します。

マンション投資

不動産投資の損益分岐点はどこ?初心者向けに計算方法や出口戦略を解説

不動産投資の損益を管理する指標として、損益分岐点という概念があります。運用時と売却時の損益分岐点がありますが、出口戦略を検討する際は、売却時の損益分岐点を意識してみましょう。この記事では、不動産投資の損益分岐点について、初心者向けにその概念や計算方法を解説し、出口戦略への役立て方にまで触れていきます。

マンション投資

投資用マンションと持ち家(マイホーム)はどちらを優先する?戦略の違いを比較

ローン審査の与信を考えたとき、投資用マンションと持ち家とではどちらを優先すべきかと悩む人も多いのではないでしょうか。適切な優先順位は、置かれている状況や実現したい未来などによって、それぞれ異なります。この記事では、投資用マンションと持ち家との優先順位を考える上で必要な知識や、優先順位の決め方などについて解説します。

ESG投資

不動産投資に広がるESG意識。GLMが全国の投資用不動産保有者400名に調査

投資用不動産の株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は2月24日、全国の投資用不動産保有者400名を対象にしたESG(環境・社会・企業統治)に対する意識調査の結果を発表した。不動産投資のESGの認知度は前回調査(2021年1月)の24.3%から30.5%に、「重要だと思う」という回答も25%から31%に上昇していた。