TAG 名古屋

投資・マネーコラム

みらファンの評判・口コミは?メリット・デメリット、口座開設の手順も

みらファンは、2022年10月からサービス提供を開始した不動産クラウドファンディングです。名古屋市の商業エリアの不動産に少額から投資でき、想定利回りも比較的高めに設定されているなどの特徴があります。しかし、不動産クラウドファディングを利用したいけれど、みらファンがどのようなサービスなのかよく知らない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、みらファンの評判や口コミ、利用するメリット・デメリットについて解説します。また、口座開設の手順も紹介しますので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

名古屋のアパート経営に強い不動産投資会社は?始め方や流れも解説

230万人が暮らす名古屋市は生産労働人口の比率が高く、アパート経営も検討しやすいエリアの一つです。一方、多くの不動産会社やハウスメーカーが参入しているエリアでもあり、どのように不動産会社を選んでいけば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、名古屋のアパート経営に強い不動産会社を2社紹介し、始め方や注意点についても解説していきます。

投資・マネーコラム

中古アパート経営の利回りは?東京・大阪・名古屋など主要エリアを徹底比較

中古アパート経営にとって、利回りは重要な判断材料の一つです。毎月の家賃収入や利益、資金回収の目処など、大まかにアパートの収益性を把握する際に役立ちます。そこで今回のコラムでは、中古アパート経営における地域ごとの利回りを比較します。東京、大阪、名古屋の大都市圏に加えて、不動産投資に適しているとされる全国の中枢都市についても紹介します。

投資・マネーコラム

アパート経営を遠隔地で行う時の注意点は?物件の選び方や注意点も

アパート経営において、投資する物件の近くに住んでいた方が良いと考える人は少なくありません。しかし、実際には遠隔地の物件でアパート経営を行うことは可能です。遠隔地での投資が実現すれば、自分が住む地域以外の物件を選択肢に加えることができるので、より柔軟に投資戦略を組めるようになります。不動産での分散投資を実現するうえでも、遠隔地での物件を選択肢に加えるのが有効です。今回は、遠隔地で行うアパート経営のポイントや物件の選び方を紹介します。

マンション投資

人口減少の日本で新築マンションが増えている理由は?人口・世帯数などから検証

不動産市場において、人口減少は住宅に住みたい人が減ることを意味するため、価格下落や物件の減少要因となりえます。そこで、この記事では世帯数や転入者数、マンション価格の推移などもみながら、日本で新築マンションが増えている理由について検証していきます。

投資・マネーコラム

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)のキャピタル型・インカム型のファンドの違いは?

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は、東京証券取引所のTOKYO PRO Marketの上場企業である、株式会社TSONが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。本記事では、TSON FUNDINGのキャピタル型ファンド、インカム型ファンドそれぞれの特徴や違い解説していきます。

投資・マネーコラム

信長ファンディングの評判・口コミは?メリット・デメリットや注意点も

「信長ファンディング」は、愛知県・岐阜県の不動産に特化したプラットフォームを提供する不動産クラウドファンディングサービスの1つです。今回は信長ファンディングの評判や口コミを紹介するほか、利用するメリットやデメリット、注意点も解説するので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

名古屋の不動産売却でおすすめの一括査定サイトは?5社の特徴を比較

不動産を売却するときには、ネット上で簡単に査定依頼できる、不動産一括査定サイトを利用すると良いでしょう。そこでこの記事では、「名古屋の不動産売却ならどの査定サイトが良いか?」という点を解説していきます。名古屋で不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

マンション投資

ワンルームマンション投資に適したエリアの特徴は?東京・大阪・名古屋を比較

ワンルームマンション投資は物件価格が安く小規模の不動産投資が検討しやすいため、初心者でも比較的手軽に始めることができる投資方法の一つです。そこで今回のコラムでは、ワンルームマンション投資に適したエリアの特徴を4つ解説します。また三大都市圏の東京、大阪、名古屋について、どのエリアがワンルームマンション投資に適しているのかデータを用いて検証していきます。

マンション投資

不動産投資の初心者はどんな物件がおすすめ?物件タイプやエリアごとに比較

新たな資産運用の一手として不動産投資を検討する際に、悩ましいのが物件選び。物件選びは不動産投資の成否の鍵を握る重要な要素である一方、不動産投資をおこなう際には、どのような物件を購入すればよいか悩む人も少なくありません。そこでこの記事では、個人の不動産投資に適した物件のタイプやエリアを整理したうえで、初心者向けの物件タイプおよびエリアを紹介します。今後の不動産投資の物件選びの参考にしてください。

投資・マネーコラム

property+(プロパティプラス)の投資エリアや物件タイプは?リスクを検証

property+(プロパティプラス)は株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。そこで本記事では、プロパティプラスで投資可能なエリアや物件のタイプなどを確認し、他社との違いやリスクを検証していきます。プロパティプラスでの投資を検討していた方はご参考ください。

国内不動産投資

オフィス賃料の下落基調は継続するも東名阪の空室率上昇ペースは鈍化、21年Q4オフィスビル市場動向

事業用不動産サービス大手のシービーアールイー株式会社(CBRE)は1月28日、2021年第4四半期(Q4)の全国13都市オフィスビル市場動向を発表した。コロナ禍による外出自粛やリモートワークの普及などで空室率の上昇や賃料の下落が続いた同年だが、Q4は東京、大阪、名古屋の空室率上昇ペースに鈍化が見られた。

投資・マネーコラム

愛知・名古屋の不動産を売却するタイミングはいつ?コロナ禍前後の価格を比較

名古屋の不動産市場が新型コロナウイルスの感染拡大の前後でどう変化しているのか、不動産を売却するとしたらいつが良いのか、気になる人も多いのではないでしょうか。また、リニア新幹線の開通や中部国際空港の滑走路増設など、長期的な値上がりに向けて明るい材料も複数あります。この記事では、コロナ前後で不動産価格の推移を検証するとともに、2021年12月時点におけるリニア新幹線の状況などについて解説します。

国内不動産投資

CBRE、第3四半期のオフィスビル市場動向を発表。東京の空室率は上昇傾向

シービーアールイー株式会社は10月26日、2021年第3四半期(Q3)の全国13都市のオフィスビル市場動向「ジャパンオフィスマーケットビュー2021年第3四半期」を発表した。東京の空室率は上昇傾向だが、大型の引き合いがやや増加、大阪ではグレードBを中心に空室消化が進んでいる。

ふるさと納税

持ち家居住者が選ぶ「一生住みたい街ランキング」第1位は?東京圏・大阪圏・名古屋圏で調査

株式会社Speeeは、運営する不動産一括査定サイト「イエウール」で、現在の持ち家所有者1000人を対象に住まいに関する意識調査を実施、9月22日に結果を公表した。東京圏(東京・千葉・神奈川・埼玉)、名古屋圏(愛知・三重・岐阜)、大阪圏(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県)から各330サンプルを抽出、「一生住みたい街」上位5位をランキングしている。

国内不動産投資

CBREの13都市オフィスビル市場動向調査。全国的に大型需要は弱含み、空室率は上昇傾向続く

CBREが7月27日発表した2021年第2四半期(Q2)の全国13都市オフィスビル市場動向で、全国的に大型需要が弱含みとなる中、東京ではオールグレード空室率が4年ぶりに2%を上回った。大阪は「グレードA」賃料の下落ペースがやや加速、名古屋のグレードA賃料は5期連続の下落となった。

投資・マネーコラム

信長ファンディングの想定利回りやリスクは?ファンド1~3号を検証

今回ご紹介する信長ファンディングは、名古屋に本社を構える不動産会社が運営しており、扱う投資用不動産も東海エリアのものに限定されている特徴をもっています。本記事では、信長ファンディングが扱う案件の特徴や、投資するときの注意点を詳しくお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

名古屋で不動産投資「信長ファンディング」のメリット・デメリットは?

少額から不動産投資ができる不動産型クラウドファンディング業界では、さまざまなサービスが提供されており、国内外の不動産に気軽に投資できるようになっています。今回は「信長クラウドファンディング」の特徴やメリット・デメリットについて紹介しますので、不動産投資に興味がある方は参考にしてください。