名古屋の不動産売却でおすすめの一括査定サイトは?5社の特徴を比較

不動産を売却するときには、ネット上で簡単に査定依頼できる、不動産一括査定サイトを利用すると良いでしょう。ただ、査定サイトには色々な種類があるため、どの査定サイトを利用すれば良いか迷う方も多いと思います。

どの査定サイトを選んだ方が良いかは、「どのエリアで不動産を売却するか?」が深く関わってきます。というのも、エリアによって購入希望者の集客方法が異なるからです。

そこでこの記事では、「名古屋の不動産売却ならどの査定サイトが良いか?」という点を解説していきます。名古屋で不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

なお、この記事の筆者は不動産会社で仲介担当をしていた経験があります。また、自身のマンションを売却するときに一括査定サイトを利用した経験もあるので、実体験に基づいた内容になっています。

目次

  1. 名古屋の不動産売却におすすめの査定サイトとは?
    1-1.HOME4U
    1-2.RE-Guide(リガイド)
    1-3.LIFULL HOME’S
    1-4.すまいValue
    1-5.イエウール
  2. まとめ

1.名古屋の不動産売却におすすめの査定サイトとは?

名古屋の不動産売却に向いている査定サイトは以下5つのサイトです。

  • HOME4U
  • RE-Guide
  • LIFULL HOME’S
  • すまいValue
  • イエウール

上記の査定サイトは、「色々な種類の不動産会社に査定依頼しやすい」という特徴があります。その特徴は、名古屋で不動産を売却するときに向いていると言えます。

名古屋は、東京・大阪と共に「日本の三大都市」に数えられている大都市です。名古屋のような大都市は人口が多く、広域からの集客を見込めるエリアも多数あります。ただ、名古屋の中でもローカルなエリアは、地元の方がメインターゲットとなるでしょう。

仮に、名古屋ではなく地方の不動産売却であれば、広域ではなく地元民が購入するケースが多いため、地元に密着した不動産会社へ依頼するメリットが大きいでしょう。

しかし、名古屋のような大都市の場合は「広域からの集客が見込める物件か?」「地元住民が中心になるか?」、という視点が重要になります。これらは豊富な不動産情報を持っている不動産会社でないと判断が難しいポイントでしょう。

そのため、大手の不動産会社や地元に密着した不動産会社など、色々な不動産会社を比較できる不動産一括査定サイトの利用が望ましいと言えます。

次章より、色々な不動産会社を比較しやすい5つの査定サイトを詳しく紹介していきます。

1-1.HOME4U

HOME4U1つ目に紹介する査定サイトはHOME4Uです。HOME4Uには以下の特徴があります。

  • NTTデータグループの運営
  • 日本初の一括査定サイト
  • 売却査定件数40万件の実績
  • 全国1,500社と提携(2020年6月時点)

HOME4UはNTTデータグループが運営する日本初の不動産一括査定サイトです。特徴として「プライバシーマークを取得している」という点が挙げられます。

プライバシーマークは適切に個人情報を保護している企業だけが認定されています。個人情報漏洩などのリスクは極めて小さく、物件情報や売却希望額などの個人情報の取り扱いに安心感があるメリットがあります。

その他、HOME4Uは地域密着型の不動産会社と多く提携している点も魅力です。

1-2.RE-Guide(リガイド)

リガイド(RE-Guide)
2つ目に紹介する査定サイトはRE-Guide(リガイド)です。RE-Guideの主な特徴は以下になります。

  • 最大10社に査定依頼が可能
  • 物件情報の入力が簡単(Yahoo!やFacebookから情報を引き継げる)
  • 独自審査に通過した800社に厳選
  • 投資用物件にも強い

RE-Guideがほかの査定サイトと最も異なる点は、最大10社に査定依頼が可能という点です。今回ご紹介しているほかの査定サイトは5~6社ほどに査定依頼できますが、10社に査定依頼できるのはRE-Guideだけになっています。

また、Yahoo!やFacebookのデータが引き継げる点も、RE-Guideならではのメリットと言えるでしょう。

ただし、1度に査定を依頼できる不動産会社が多い反面、多くの不動産会社から電話営業を受けることになります。やり取りの手間が増えてしまったり、判断材料が増えて不動産会社を決めにくくなるという点に注意が必要です。

1-3.LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)3つ目に紹介する査定サイトは、LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス(以下「LIFULL HOME’S」)です。LIFULL HOME’Sの主な特徴は以下になります。

  • サイト内の使い方が分かりやすい
  • プライスマップで価格を調べられる
  • 全国1,800社以上が参画

LIFULL HOME’Sで査定依頼すると、不動産会社の紹介ページに「ココが強み!」という項目があります。また、不動産会社の特徴がアイコンとして表示されるため、一目で不動産会社の特徴が分かります。

これらは、長年不動産ポータルサイトのHOME’Sを運用してきたからこそのノウハウといえるでしょう。ほかにも、プライスマップで物件価格を調べられるので、相場価格を把握しやすい点もメリットです。

提携社数が多い一方で、提携会社の割合として大手不動産会社よりも地域密着型の不動産会社の数が多くなります。大手不動産会社の査定を優先したい場合にはすまいvalueと並行して利用すると良いでしょう。

1-4.すまいValue

不動産一括査定サイト「すまいValue」
4つ目に紹介するのはすまいValueです。すまいValueはほかの査定サイトとは異なり、査定できる不動産会社が以下6社に限定されています。

  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産ソリューションズ
  • 小田急不動産
  • 東急リバブル

言い換えると、すまいValueは大手不動産会社6社へ査定依頼できるサイトと言えます。

実際に利用した人の97%近くは、「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答しており、エリアごとの相場価格を簡単に確認できる点もメリットといえます。

ただし、上述したように名古屋の不動産売却は地元密着型の不動産会社や大手不動産会社など、色々な不動産会社に査定依頼した方が良いでしょう。その点を考えると、すまいVlaueを利用しつつ、「ほかのサイトで大手以外の不動産会社に査定依頼する」という方法が検討できます。

中小企業を含む不動産会社とも提携している「LIFULL HOME’S」や「HOME4U」などの査定サイトと組み合わせながら、それぞれの査定結果を比較すると良いでしょう。

1-5.イエウール


最後に紹介する査定サイトはイエウールです。イエウールには以下の特徴があります。

  • 全国1,600社以上に対応
  • 最大6社比較できる
  • 悪徳企業は排除している
  • 査定依頼数No1 になったことがある実績(2018年7月、東京商工リサーチ調べ)

イエウールは全国1,600社以上に対応しています。1,600社という会社数は、一括査定サイトの中でもトップクラスの会社数です。

イエウールに他社と比較して大きなデメリットはありませんが、強いて言えば運営会社の株式会社Speeeが未上場であるという点です。ほかの査定サイトは大手上場企業が運営しているケースが多いため、会社規模の点でややネックに感じる方は注意しましょう。

会社規模を気にせず、「とにかく実績を重視したい!」という方はイエウールの利用を検討してみましょう。名古屋もエリア内のため、イエウールを利用すれば色々な不動産会社を比較できるでしょう。

2.まとめ

名古屋の不動産を売却するときは、色々な不動産会社に査定依頼できる上記5つのサイトを活用し、それぞれの査定結果を比較してみましょう。

不動産会社によって、売却時の価格や売却スピードは異なります。売却査定では、査定価格だけでなく、営業マンの対応内容や査定結果の根拠など、様々な面を比較することが大切です。

The following two tabs change content below.
中村 昌弘

中村 昌弘

都内の大学を卒業後にマンションディベローパーに就職。マンションディベロッパーでは、新築マンションの販売や中古不動産の仲介業務に従事する。 2016年に独立して、不動産関係の記事を中心としたライター業務としても活動。自身のマンションを売却した経験もあるため、プロの視点・一般消費者の視点と、両方の視点を持った記事が執筆できる点が強み。