大阪の不動産売却、おすすめの不動産一括査定サイトは?5社を比較

不動産を売却するときは、まず売却を予定している不動産の査定価格を算出します。その際、複数の不動産会社へ同時に査定依頼できる「不動産一括査定サイト」の利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、不動産一括査定サイトによって提携先の不動産会社が異なるため、不動産査定の結果に大きな違いが出るケースも少なくありません。所有している不動産の特徴やエリアに合った不動産一括査定サイトを利用することが重要になります。

そこでこの記事では「大阪の不動産を売却するとき」に絞って、不動産一括査定サイトの特徴を解説していきます。

筆者は元々不動産会社で不動産の仲介を担当しており、自身のマンションも不動産一括査定サイトを利用して売却した経緯があります。その経験に基づいた記事になっているため、大阪で不動産売却を検討している方は、不動産一括査定サイトを選ぶ参考にしてください。

目次

  1. 大阪の不動産売却で活用できる不動産一括査定サイトとは?
    1-1.RE-Guide(リガイド)
    1-2.LIFULL HOME’S
    1-3.すまいValue
    1-4.HOME4U
    1-5.イエウール
  2. まとめ

1.大阪の不動産売却で活用できる不動産一括査定サイトとは?

大阪の不動産売却に向いている不動産一括査定サイトは以下5つのサイトです。

  • RE-Guide(リガイド)
  • LIFULL HOME’S
  • すまいValue
  • HOME4U
  • イエウール

上記の不動産一括査定サイトは、「強みが異なる複数の不動産会社へ簡単に査定依頼できる」という共通点があります。その共通点は、大阪で不動産を売却するときに適しています。

大阪は、東京・名古屋と共に「日本の三大都市」に数えられている大都市です。大都市だからこそ、大阪・梅田エリアや阿倍野エリアの様な都市部のエリアと、都市部から離れた郊外のエリアでは、不動産価格に大きな差があります。

交通利便性・商業施設の数・住環境など様々な要素に違いがあり、エリアごとに特徴が分かれます。特徴が違うと売り方やセールスポイントも違い、大都市圏の大阪は、その「特徴の違い」が他のエリアと比べて大きいと言えるでしょう。

不動産一括査定サイトを活用する際は、自分が売却しようとしている不動産と相性が良い不動産会社を探すことが重要です。

今回ご紹介する不動産一括査定サイトでは、強みが異なる不動産会社へ簡単に査定依頼できるため、相性の良い不動産会社を見つけやすいと言えます。次章より、上記サイトの特徴を詳しく解説していきます。

1-1.RE-Guide

リガイド(RE-Guide)
まずはRE-Guide(リガイド)を紹介します。RE-Guideの特徴は以下の点です。

  • 同時に最大10社へ査定依頼できる
  • Yahoo!やFacebookのデータが引き継げ、入力作業が簡単
  • 独自審査に通過した不動産会社を厳選

RE-Guideは同時に最大10社へ査定依頼できます。今回紹介する他の不動産一括査定サイトでは、同時に査定依頼できる会社数は5~6社ほどであり、10社に査定依頼できる点はRE-Guideの大きな特徴となります。

またRE-Guide は会員登録時にYahoo!やFacebookのデータが引き継げ、査定依頼に時間はかからない点もメリットと言えるでしょう。

一方、RE-Guideの不動産査定を利用する場合は同時に査定依頼をする社数に注意しましょう。査定依頼した不動産会社から同時に連絡が来るため、必要以上に査定依頼すると対応が困難になる可能性があります。査定依頼した不動産会社から同時に連絡が来るため、必要以上に査定依頼すると対応が困難になる可能性があります。それを考慮した上で査定依頼数を決めるようにしましょう。

1-2.LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定サービス2つ目はLIFULL HOME’Sを紹介します。LIFULL HOME’Sの特徴は以下の点です。

  • プライスマップと機能で価格を調査できる
  • 全国1,800社以上が参画
  • 地元密着型の企業が多い

LIFULL HOME’Sには「プライスマップ」という機能があります。プライスマップを利用すれば、マンション名や住所を入力するだけで、おおよその売却価格が表示されます。この点は、不動産ポータルサイトHOME’Sを長年運用していたノウハウがあるからこその機能と言えるでしょう。

またLIFULL HOME’Sを利用すると、査定依頼できる不動産会社が自動でピックアップされます。そのピックアップされた画面には、「不動産会社の強み」や「店舗の雰囲気」などの詳細情報が記載されています。その情報を見られるため、不動産会社を選定しやすくなるでしょう。

LIFULL HOME’Sは参画企業が2,199社と社数も多く、その中でも「地元密着型の不動産会社が多い」点も特徴です。もし大手の不動産会社も一緒に査定したいなら、次章の「すまいVlaue」と併用してみることを検討してみましょう。

1-3.すまいValue

不動産一括査定サイト「すまいValue」3つ目に「すまいValue」を紹介します。すまいValueは他の不動産一括査定サイトとは違い、査定できる不動産会社は以下のように大手不動産会社6社です。

  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産アーバンネット
  • 小田急不動産
  • 東急リバブル

すまいValueは大手ならではの売却力や、相談のしやすさがメリットと言えます。売却力は、「2019年度の成約件数11万件以上(6社合計)」という実績があるため期待できるでしょう。

また「全国に890店舗以上(6社合計 2020年11月時点)」という店舗数を誇るため、すぐに相談に行ける点が相談のしやすさにつながっています。店舗数の多さは「集客力」にもつながるため、店舗数が多いことで売却力にもつながります。

ただし、査定依頼できる不動産会社が大手に限定される点をデメリットに感じるのであれば、今回紹介する他のサイトを併用すると良いでしょう。

たとえば、LIFULL HOME’SやHOME4Uは地元密着型の不動産会社が多いため、すまいValueと併用すればバランス良く不動産会社へ査定依頼できます。

1-4.HOME4U

4つ目に紹介する査定サイトはHOME4Uです。HOME4Uには以下の特徴があります。

  • 大手企業のNTTデータグループが運営
  • 日本初の不動産一括査定サイト
  • 様々な不動産に対応している

HOME4Uの運営元はNTTデータグループであり、日本初の不動産一括査定サイトです。日本初ということもあり、過去の累積査定件数は40万件以上を誇ります。

査定件数の多さから不動産売買におけるノウハウが蓄積されている背景が伺え、そのノウハウが詰まった不動産売却に関するコンテンツも閲覧可能です。

またHOME4Uは不動産関連の様々なサービスを提供している点も特徴です。たとえば、不動産を売るときは「不動産売却査定サイト」、土地活用は「土地活用・不動産投資のプラン請求サービス」など、不動産オーナーの様々な状況に合わせたサイトが用意されています。

個々の状況に合ってサイトを選べるため、その点もHOME4Uの特徴と言えるでしょう。

1-5.イエウール


5つ目はイエウールです。イエウールには以下の特徴があります。

  • 全国1,600社以上に対応
  • 利用者数No1になったことがある実績
  • 悪徳企業は排除している

イエウールは全国1,600社以上の不動産会社が参画しているため、様々な不動産会社へ査定依頼できます。また、東京商工リサーチの「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査(2018年7月)」によると、イエウールは月間利用者数No1になった実績がある点も特徴的です。

提携会社は大手から地元密着型の優良不動産会社と幅広いものの、独自の厳正な審査によって悪徳企業を排除しています。幅広い選択肢から物件にマッチした不動産会社と出会いたい方は利用検討しやすい一括査定サイトと言えるでしょう。

まとめ

このように不動産一括査定サイトは複数あるものの、サイトによって特徴が異なります。また、不動産会社へ査定依頼した後は査定価格だけなく「査定価格を算出した根拠」「最近の売却実績」「営業担当者の対応」などの点も比較しましょう。

これらを総合して、自分の相性の良い不動産会社を見つけられれば、不動産を高く・早く売却しやすくなります。大阪で不動産の売却を検討されている方は、今回の記事を参考に自分に合った不動産一括査定サイトを選んでみてください。

The following two tabs change content below.
中村 昌弘

中村 昌弘

都内の大学を卒業後にマンションディベローパーに就職。マンションディベロッパーでは、新築マンションの販売や中古不動産の仲介業務に従事する。 2016年に独立して、不動産関係の記事を中心としたライター業務としても活動。自身のマンションを売却した経験もあるため、プロの視点・一般消費者の視点と、両方の視点を持った記事が執筆できる点が強み。