TAG 入居率

投資・マネーコラム

福岡のアパート経営に強い不動産投資会社は?始め方や流れも解説

全国的に人口減少が続く中、人口160万人超を数える福岡市は人口が増加している数少ない都市です。人口増加によって豊富な賃貸需要が見込めることもあり、福岡では多くの不動産会社があります。アパート経営を始める際、どのようなポイントで不動産会社を選べば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、福岡のアパート経営に強い不動産投資会社2社の紹介に加えて、福岡市でのアパート経営における注意点や始め方についても解説します。

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の実績・口コミ

シノケンは創業約30年の不動産投資会社で、販売実績5,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

マンション投資

プロパティエージェントの評判は?良い口コミ・悪い口コミや注意点も

プロパティエージェントは東京エリアを中心に成長を続けている東証プライム上場企業の不動産投資会社です。この記事では、プロパティエージェントの評判やメリット・デメリットについて詳しく解説します。不動産会社選びの参考にお役立てください。

投資・マネーコラム

仙台のアパート経営に強い不動産投資会社は?始め方や流れも解説

札仙広福の一つに数えられる仙台は学生が多いことでも知られており、アパート経営の候補として挙げられる都市の一つです。しかし、どのような手順で始めたら良いのか、何に注意すればいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、仙台のアパート経営に強い不動産会社を2社紹介し、始め方や注意点についても解説していきます。

投資・マネーコラム

名古屋のアパート経営に強い不動産投資会社は?始め方や流れも解説

230万人が暮らす名古屋市は生産労働人口の比率が高く、アパート経営も検討しやすいエリアの一つです。一方、多くの不動産会社やハウスメーカーが参入しているエリアでもあり、どのように不動産会社を選んでいけば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、名古屋のアパート経営に強い不動産会社を2社紹介し、始め方や注意点についても解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートの価格査定を自分でする方法は?収益還元法・原価法・取引事例比較法を解説

アパートを保有・運用している人の中には今自分の持っているアパートはいくらくらいで売れるのか気になるという人もいるのではないでしょうか。 アパートの売却価格を算出するためには大まかに分けて、収益還元法・原価法・取引事例比較…

マンション投資

トーシンパートナーズの評判・口コミは?実績や入居率、注意点も

トーシンパートナーズは、東京都心・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産を手掛ける不動産投資会社です。グッドデザイン賞を9年連続受賞するなど知名度も高く、投資先として検討されている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、トーシンパートナーズのマンション投資における特徴や実績、さらに評判や口コミなども紹介していきます。

マンション投資

不動産投資で好立地の物件を見極めるコツは?エリア選び5つのポイントも

実物資産を運用する不動産投資において、立地条件は重要視しておきたい項目の一つです。利便性の高さが入居率に大きく影響することに加え、物件を購入してしまったあとは売却以外の方法で立地条件を変えることはできないからです。そこで今回のコラムでは、好立地の物件を見極めるコツ、さらにはエリア選びの5つのポイントも解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートがなかなか売却できない原因は?売れない時の5つの対策も

アパート経営における出口戦略の一つは売却ですが、アパートの状態によってはなかなか売れないこともあります。不動産売却は3カ月〜6カ月が目安で、それ以上時間がかかっていると何らかの原因があると推測できます。そこで今回のコラムでは、アパートがなかなか売却できない原因に焦点を当てて解説していきます。また売れないときの対策や戦略についても紹介します。

マンション投資

不動産投資の空室リスクを避ける方法は?入居率98%以上の不動産投資会社7社の特徴も

不動産投資の空室リスクについて不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、空室リスクを避けるための5つの方法を解説していきます。また98%以上という高い入居率を維持する不動産投資会社7社の特徴についても紹介します。

マンション投資

中古マンション投資が検討できる築年数の目安は何年?築古物件のリスクも

投資用中古マンションの購入を検討している場合、築何年の物件まで投資用物件として活用できるのか、判断は難しいものです。そこで今回のコラムでは、中古マンション投資ができる築年数の目安を紹介するほか、購入する際の検討項目についても取り上げます。また中古マンション投資における築古物件のリスクについても解説していきます。

マンション投資

マンション投資の管理会社が倒産するとどうなる?委託先を見極めるポイントも

頻雑な管理業務を委託することができる管理会社は、マンション投資を行うオーナーにとって重要なパートナーとなります。そこで今回のコラムでは、マンション投資の管理会社が倒産するとどのような影響があるのか紹介していきます。また管理会社を見極める際のポイントについても解説します。

マンション投資

マンション投資会社7社を徹底比較!管理体制や提携金融機関、入居率なども

マンション投資を始める際、数多くあるマンション投資会社の中から自分の投資目的や資金状況に合わせた会社を探すのは手間がかかります。また、各社ともに自社の強みを押し出しているため、どのような基準で選べば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、各社の管理体制や提携金融機関、入居率、売上高などの重要な項目でマンション投資会社を比較して解説していきます。マンション投資会社選びの参考としてみてください。

マンション投資

新築マンション投資の利回りは?東京・大阪・名古屋など主要エリアを徹底比較

新築マンション投資は入居者が確保しやすく、中古マンションと比較して設備不良などのリスクが低いというメリットがあります。そこで今回のコラムでは、新築マンション投資の利回りにスポットを当てます。東京、大阪、名古屋といった3大都市のほか、候補に挙がりやすい中枢都市の新築マンションの利回りを比較して紹介します。

マンション投資

不動産投資で管理会社を変更する方法は?管理会社の選び方や手順、注意点も

不動産投資における管理会社は、入居者の確保など重要な管理業務を担当する大切なパートナーです。しかしオーナーの意向通りに管理業務が行われないケースもあり、物件運営に支障が出ることもあります。そこで今回のコラムでは、管理会社を変更する方法について解説し、管理会社の選び方やその手順、変更する際の注意点なども紹介します。

マンション投資

不動産投資の入居率を高くする管理会社の選び方は?ポイント6つ解説

不動産投資の入居率を高めるために、管理に強い不動産投資会社をパートナーに選んだり、所有後は定期的に管理体制を見直したりするのも戦略の一つです。このような場合、どのような管理会社に管理を委託すると入居率を高められるのか、ポイントを押さえておくことが大切です。そこで今回のコラムでは、入居率を高くすることを目的に管理会社を選ぶ際の7つのポイントについて解説します。

マンション投資

不動産投資で2件目を購入するためのポイントは?物件の選び方や注意点も

不動産投資では、所有物件を増やしていくことでより収入が増え、経営規模を拡大させていくことができます。しかし、2件目は1件目よりも不動産投資ローンの借入額が大きくなるため、金融機関の審査もより厳しくなってしまうことに注意が必要です。そこで今回の記事では、2件目の賃貸用物件が購入できるかできないかの分岐点について、5つのポイントを解説していきます。また2件目を選ぶ際の注意点にもついても紹介します。

投資・マネーコラム

中古アパート経営で重要な「レントロール」の見るべきポイントは?物件選びのコツを解説

アパート経営をはじめとする不動産投資で重要な資料の一つが「レントロール(家賃表)」です。不動産会社に提出してもらい、アパートの収益力や将来性も判断していきます。そこで今回のコラムでは、レントロールを見る際に何を注意してみるべきか、その6つのポイントを解説していきます。アパート選びにぜひ役立ててください。