TAG 不動産価格

国内不動産投資

コロナで東京一極集中の流れは変わったか?グローバル・リンク・マネジメントが分析結果を発表

投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメントは10月21日、新型コロナウイルスの感染拡大の東京の人口への影響をまとめた独自の分析を発表した。同社のシンクタンク「グローバル都市不動産研究所」の調査・研究の第6弾。

投資・マネーコラム

東南アジアの海外不動産投資はどの国がおすすめ?人口やGDPを徹底比較

アジアの海外不動産は手頃な値段で買えるものも多いため、海外不動産投資の投資先として検討しやすい地域です。この記事では、人口やGDPなどの要素にスポットを当てて、アジアの中からタイ・マレーシア・ベトナム・フィリピン・カンボジアの5ヶ国を比較します。

投資・マネーコラム

不動産売却のタイミングは?2020年の不動産市況と今後の人口推移

東京オリンピックが予定される2020年になり、不動産の売却を検討している方も多いのではないでしょうか。不動産売却では、人口推移などから不動産市場の動きを検証し、不動産を売り出すタイミングを見計らうことが重要になります。この記事では不動産市況や人口の移動状況などを確認した上で、失敗しない売却のタイミングを解説いたします。

マンション投資

不動産投資はやっぱり東京?東京の物件を購入する際に注意したいこと

東京は人口が集中しているぶん、賃貸ニーズが高く不動産投資をしやすいエリアと言えます。しかし、他のエリアと比較して物件の価格帯が高かったり、利回りが悪かったりするなどのデメリットもあります。 この記事では東京の収益物件の価格や利回りを確認した上で、東京の物件を購入する際にはどのような点に注意すれば良いかを解説します。

投資・マネーコラム

東京都心の投資用マンションを売却する際に知っておきたいポイント5つ

東京のマンションは2012年以後価格が上昇傾向にあることから、今売却をすれば相対的に高い価格で取引されることが考えられます。しかし、売却の時期は焦らず十分検討する必要があるでしょう。この記事では、東京都心のマンションの価格推移や今後の不動産価格に関する問題など、知っておくと役にたつ5つのポイントについて解説します。

国内不動産投資

1年後の投資用物件の価格は「下降」が54.9%、不動産投資に関する意識調査

健美家株式会社がサイト会員に実施した「第12回不動産投資に関する意識調査」(11月12日発表)で、上昇した物件の価格について、1年後の価格は「下降している」という投資家が54.9%の過半数となった。理由の多くが「融資の引き締めが続く」「景気悪化している」で、投資家の慎重な姿勢がうかがえる。

国内不動産投資

「売り時」が大幅減、融資情勢悪化で。不動産価格はピークアウトか

健美家株式会社は不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」の会員を対象とした「第11回不動産投資に関する意識調査」の結果を5月23日発表した。毎年アンケートを行っている「今は『売り時』か『買い時』か」の質問は、過去5年に渡って優勢だった「売り時」が大幅に減少、「どちらとも言えない」が49.8%で最多となった。

投資・マネーコラム

これで悩まない!不動産売却価格の値下げの極意5つと注意点2つ

不動産を売却しようとしてもなかなか売れず、値下げに踏み切ろうかと悩んだ方は多いでしょう。適切な値下げタイミングや効果的な値下げ幅を間違えると、買い手が現れなくなります。今回は、不動産を売却する際に正しく値下げするポイントや、値下げの適切なタイミングや値下げ幅の設定方法、注意点などを説明しますので、ぜひご参考ください。

投資・マネーコラム

初心者が知っておきたい不動産売却の流れと査定の相場、注意点

不動産を相場より低い査定価格で売却してしまった後に後悔しないよう、売却の流れを把握した上でポイントとなる部分をしっかり抑えて売りに出すことが大切です。今回は、はじめて不動産の売却をしようと考えている方や、不動産投資全体の流れを学びたい初心者の方に向けて、不動産売却の流れや査定の方法、注意点などを中心に解説します。

投資・マネーコラム

査定額300万円アップも!マンション査定・売却で知っておくべき5つの極意

「不動産会社に聞いたら思っていた以上にマンションの査定額が安かった」という経験を持つ方も少なくないのではないでしょうか?不動産は店頭に並んでいる商品などとは異なり、定価が決まっているものではありません。今回はマンションの査定について基本的なことを4点確認した上で、査定額をアップするための5つのポイントを解説いたします。

マンション投資

投資用マンションの動向を徹底調査!価格・立地・間取り・設備のトレンドは?【2018年版】

「どのような物件にすれば良いのか決められない」という方や「提案された物件が良いのか悪いのか分からない」という方もいらっしゃると思います。今回は投資用マンション選びで悩まれている方や投資用マンションの購入を検討している方向けに、入居需要が最も多い関東エリアに絞って最近の不動産需要の傾向を整理したうえで、2018年の投資用マンションの動向を入居者の視点から考えてみたいと思います。

投資・マネーコラム

なぜ不動産投資市場はバブルになりやすいのか?不動産が持つ2つの特性とは

歴史を見ると不動産バブルは数回到来していることがわかります。このように不動産市場がバブルを起こしやすい原因は何なのでしょうか。今回は価格が上昇する要因とバブルが起きる仕組みを整理し、そこから見えてくる不動産投資の2つの特性について解説をしていきたいと思います。

マンション投資

収益を数百万円アップも!投資用不動産を安く購入する7つのコツ

不動産投資は、「安く買って、高く売る」が基本的な戦略ですので、物件をいかに安く購入できるかが成否の分かれ目となります。この記事では、ディベロッパーや不動産仲介会社からどうすれば物件を安く購入できるか、という視点から不動産購入の商談のコツをご紹介していきます。

国内不動産投資

投資用不動産、約6割が「買い時」も、融資は「審査が厳しくなった」

野村不動産アーバンネットは6月18日、「不動産投資に関する意識調査(第10回)」の調査結果を公表した。投資用不動産は「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせて、58.8%が「買い時」と回答。一方、融資状況については52.8%が「変化を感じる」と回答し、その内87.7%が「審査が厳しくなった」と回答した。