TAG レンデックス

レンデックスは、10%近い高い利回りと1年以内の短期案件中心という点が魅力のソーシャルレンディングサービスです。1口2万円から小口で投資を始めることができ、大部分の案件に不動産担保が設定されています。担保の査定については自社だけでなく、東急リバブルの査定も利用することで、金額の信頼性を高める取り組みをしています。担保が設定されている案件では、査定結果の80%までを上限にファンドが組成されているので、担保不動産の価値の下落幅が20%までであれば元本割れが起こらない仕組みとなっています。

会員登録手数料・口座開設手数料・口座維持管理手数料・案件申込手数料・払い戻し手数料などはすべて無料(0円)となっており、実際に投資を行う際の投資家口座への振込手数料だけを負担すればよいため気軽に利用を開始することができるサービスです。

【関連記事】レンデックス(LENDEX)の評判・口コミ・口座開設

レンデックス(LENDEX)の評判・口コミ・口座開設

レンデックスは、10%近い高い利回りと1年以内の短期案件中心という点が魅力のソーシャルレンディングサービスです。1口2万円から小口で投資を始めることができ、大部分の案件に不動産担保が設定されているので、いざという時の貸し倒れリスクにも対処をしています。

投資・マネーコラム

過去に行政処分を受けていないソーシャルレンディングは?5社を紹介

ソーシャルレンディングの中には過去には官公庁から行政処分を受けたことがあるサービスがあります。ソーシャルレンディング投資を検討する際は、これらソーシャルレンディング特有のリスクについて確認しておくことが大切です。そこで本記事では、過去に行政処分を受けたことのあるソーシャルレンディングとその処分内容について解説します。

投資・マネーコラム

LENDEX、2020年12月期の決算の結果は?2021年の予測も

ソーシャルレンディングサイト「LENDEX(レンデックス)」を運営する株式会社LENDEXが2020年12月期の決算を発表しました。2019年12月期は5,200万円の赤字でしたが、2020年12月期の数字はどのように変化したのか、決算結果からLENDEXの状況を確認していきましょう。

投資ニュース

LENDEX、融資額130億円・投資家登録完了数1.4万件突破。2021年6月運用状況

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サイト「LENDEX」を運営する株式会社LENDEXは、6月28日時点での運用状況を公開した。融資額13,242,320,000円、投資家登録完了数14,287件、2021年6月の新規21件ファンドは全て成立、17件の案件が無事に終了して投資家へ返還したと発表。

投資ニュース

投資初心者がソーシャルレンディングに感じる魅力やデメリットは?LENDEXが満足度調査

株式会社LENDEXは5月11日、全国のソーシャルレンディング経験者を対象に実施した「ソーシャルレンディングの満足度」に関する調査の結果を発表した。お金を借りたい企業とお金を貸したい個人投資家とをターネット上でマッチングするソーシャルレンディングについて、始めたきっかけやメリットを訊ねている。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング、募集案件数の多いサービスは?4社比較して紹介

日本には多くのソーシャルレンディングサービスがあり、それぞれ特徴がありますが、募集案件数についても、多い・少ないなど特徴が分かれていますそこで本記事では、比較的に募集件数の多いソーシャルレンディングにはどのようなサービスがあるのか、募集頻度などを見ていきます。

投資ニュース

ソーシャルレンディングのLENDEX、投資家口座開設にeKYC導入。新規口座開設Wキャンペーンも実施

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サイト「LENDEX」を運営する株式会社LENDEXは、3月15日からTISインテックグループの株式会社ネクスウェイが提供するeKYC/本人確認BPOサービス「ネクスウェイ本人確認サービス」を導入した。これまで口座開設に要していた時間を大幅に短縮、最短1日での口座開設が可能となった。

投資ニュース

コロナ禍の今は「ローリスク・ローリターン」を選ぶべき?LENDEXが「コロナ禍でおすすめの投資」を調査

新型コロナウイルス感染問題は、緊急事態宣言の解除を3月7日に控えているが、投資初心者にとって「この時期に投資を始めて大丈夫なのか」という不安はなかなか払拭できない。株式会社LENDEXは2月18日、投資経験者を対象にした「コロナ禍でおすすめの投資」に関する調査結果を発表した。投資経験者経験者の意見を参考にしてもらう狙い。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの担保や保証の仕組みは?注意すべきポイントも

ソーシャルレンディング投資は、貸金によって金利収入を得る投資手法です。金利収入のため一定額を定期的に受け取れるメリットがありますが、貸付先の企業の業績が悪化してしまうなどの理由で返済が行われない貸し倒れのリスクがあります。そこで、本記事では主なソーシャルレンディング案件における担保と保証の種類をご紹介します。

投資・マネーコラム

高利回りのソーシャルレンディングは?各社のメリットやリスクを比較

2021年1月現在、数多くのソーシャルレンディングサービスが提供されています。各社ともその特徴は異なるため、自身の投資目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。そこで今回は、利回りが高い案件を提供するソーシャルレンディング会社に絞って、そのメリット・デメリット、リスクについて詳しくお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

レンデックス、不動産担保付きローンファンドのメリット・デメリットは?

レンデックス(LENDEX)は不動産案件を中心に取り扱うソーシャルレンディングです。そのLENDEXの特徴的なファンドの一つに、不動産担保付きローンファンドがあります。そこで本記事では、不動産担保付きローンファンドの概要、メリット・デメリット、注意点について解説します。

投資ニュース

ソーシャルレンディングに向いている人とは?レンデックスが投資家に利用度調査

ソーシャルレンディング投資サービスサイト「LENDEX(レンデックス)」を運営する株式会社LENDEXは10月6日、5年以上投資をしている1060人を対象にしたソーシャルレンディングの利用状況に関する調査の結果を発表した。

投資・マネーコラム

5万円で運用できるソーシャルレンディング会社は?おすすめの投資方法も

ソーシャルレンディング投資のメリットとして、5万円などの比較的少額から投資を始められる点が挙げられます。まだ貯金や収入が少ない方でも5万円から投資を始めることで、将来に備える資産形成にもなります。そこで今回は、5万円から始められるソーシャルレンディング投資サイトとおすすめの投資方法をお伝えします。

投資・マネーコラム

LENDEXの高利回り無担保案件のメリット・デメリットは?リスク対策も

LENDEXは不動産案件を専門に取り扱うソーシャルレンディングです。募集金額も70億円に迫る勢いであり、ソーシャルレンディングの中でも注目度の高いサービスのひとつと言えます。この高利回り無担保案件に投資する時のメリットやデメリットを見ていきましょう。

投資・マネーコラム

LENDEXの2019年12月決算、赤字の理由は?決算内容を解説

不動産案件を中心に扱うソーシャルレンディング会社「LENDEX(レンデックス)」が、2019年12月期の決算を発表しました。そこで本記事では、LENDEXの2019年12月期の決算を見ながら現在のLENDEXの状況について確認し、その内容について解説していきます。

投資・マネーコラム

クラウドファンディング投資、不動産担保の重要性は?ポイント3つを解説

ソーシャルレンディング投資を行っていくためには、万が一にも貸し倒れが発生した時のためのリスク対策を取っておく必要があります。そこで今回はこれからソーシャルレンディング投資を始める方にも分かりやすく、不動産の担保価値を判断する3つのポイントをお伝えします。

投資ニュース

LENDEX、4月17日から紹介キャンペーンを実施。Amazonギフト券1500円分プレゼント

ソーシャルレンディングサービス「LENDEX(レンデックス)」の開発・運営を手がける株式会社LENDEXが、2020年4月17日、紹介をした投資家と紹介を受けた投資家それぞれにAmazonギフト券をプレゼントする「紹介キャンペーン」を開始した。

投資・マネーコラム

2020年、おすすめのソーシャルレンディング会社は?注目の会社を紹介

現在の日本で運営が行われているソーシャルレンディング会社の中でも、2020年に入って特に勢いを伸ばしているソーシャルレンディング会社があります。そこで今回は、2020年に入って好調な実績を残しているソーシャルレンディング会社を5社ご紹介します。