TAG マイナス金利

FXコラム

日銀金融政策決定会合でドル円はどうなる?急伸の理由や今後の相場展開も解説【2024年4月】

2024年4月現在、日銀金融政策決定会合を受け、ドル円は一時158円まで急伸しました。政策変更は予想通り据え置きとなったものの、円安を牽制する発言や政策はなく、市場にとってサプライズとなりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、日銀金融政策決定会合や、ドル円の動きを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカ雇用統計でドル円はどうなる?マイナス金利解除やアメリカの利下げも解説【2024年3月】

2024年3月現在、アメリカの雇用統計が発表されました。先月の数字が強かったことや、アメリカの利下げ期待が強まる中での発表だったため、市場の注目を集めました。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計の内容を詳細に解説し、今後のドル円のポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

株式投資コラム

日経平均はまだ上昇余地があるのか?バブル時との比較やドル円についても解説【2024年3月】

2024年3月現在、日経平均株価が一時4万円を突破し、さらなる上昇が期待されています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、日経平均株価の水準をバブル時と比較しながら、今後の上昇余地について検討します。また150円を突破したドル円についても解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

FOMCでドル円はどうなる?パウエル議長発言や利下げ織り込みについても解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカのFOMCでは政策金利の据え置きが発表されました。アメリカの中央銀行の動向は、FXだけでなく株式市場や債券市場などに影響を及ぼすため、注目が集まっています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、FOMCの内容やパウエル議長の発言や市場の動向を整理し、今後ドル円相場について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円の見通しは?雇用統計のポイントや日銀の動向も解説【2024年1月】

2024年1月現在、アメリカで雇用統計が発表され、市場の注目が集まりました。ドル円の値幅も大きくなり、今後のトレード戦略を練り直している方は多いのではないでしょうか。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計やドル円の動きを解説し、今後の展開を予想します。参考にしてみてください。

投資信託コラム

2024年の相場のポイントは?日銀のマイナス金利解除や日本株・米国大統領選を解説

2024年は米国やロシア、インドなど世界各地で重要な選挙が行われます。選挙結果によっては、マーケットが大きく動く可能性があるので注意が必要です。また、日本では日銀のマイナス金利解除がいつになるのかとう点に注目が集まっています。この記事では2024年の注目ポイントについて解説します。

投資信託コラム

2024年のリスクシナリオは?米国株、日本株が下落する可能性やオルカンのリスクを解説

2023年は米国株、日本株ともに堅調でした。そして、2024年の日本株は、バブル時の過去最高値38,915.87円を更新できるかどうかが注目されています。ただ、米国のインフレ率高止まりや米大統領選、日銀のマイナス金利解除など、株式にとってマイナスになる材料もあります。本記事では2024年のリスクシナリオと対処法について、投資のプロである筆者が解説します。

FXコラム

米国の雇用統計とCPIを受けたドル円の今後は?日銀やトレード戦略も解説【2023年10月】

2023年10月現在、アメリカではFOMCを月末に控えて、重要指標である雇用統計とCPIが発表されました。雇用統計とCPIはアメリカの利上げ見通しに関係し、ドル円に影響を与える指標です。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカの雇用統計とCPIや、ドル円のトレード戦略とポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

マンション投資

低金利はいつまで続く?マンション投資で金利上昇に備える4つのポイント

日本は金融緩和政策などの影響で長らく低金利の状態が続いています。不動産投資では基本的にローンを組んで投資をしますので、低金利なほど返済額が低くなり、投資を始めやすくなるというメリットがあります。しかし、慢性的な低金利状態からコロナショックを経て、円安・インフレを背景に金利上昇のリスクは徐々に高まってきています。マンション投資において、金利上昇に備えておくことは重要なポイントとなってくるのです。この記事では金利が動く要因を確認した上で、金利が上昇した場合のリスクや金利上昇に備えるマンション投資のポイントについて解説いたします。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの金利を低く借りるには?融資の5つのポイント

投資用マンションを始めとした不動産価格は高値圏を維持していますが、家賃収入は不動産価格ほど大きくは上昇しないため、不動産投資の利回りは低い水準にあります。利回りが低いにも関わらず、なぜ不動産投資のニーズがなくならないかと…

FXコラム

2022年6月RBA・ECB・5月米国CPIは?要人発言や利上げ見通しを解説

2022年6月現在、引き続き世界各国の主要中銀の引き締めの動向が相場変動のメインテーマです。ウォラー理事のタカ派発言から再び急速な利上げを織り込みつつある米国債は、5月CPIに注目が集まっています。今回の数字は6月のFOMCのベースとなるため、投資家は今回のCPIをきっかけに動き出そうと待ち構えています。この記事ではRBA/ECBの金融政策決定会合及び米5月CPIについて解説していきます。

FXコラム

2022年6月の利上げ動向は?リスクオフの兆しが見えるなか、米雇用統計やインフレについても

2022年5月16日からの相場は、ドル高の流れに調整が入りました。高インフレに対応する各国中銀の金融引き締め姿勢があるなか、米小売企業の決算が崩れたことがきっかけとなりリスク回避ムードが広がり、米国債をはじめとした主要国の債券利回りの低下に繋がりました。USD/JPY相場にとっては、利上げ一巡後の景気後退の回避が焦点となりつつあります。この記事では、5月下旬の振り返りと、6月に向けての動向を解説します。

投資信託コラム

債券投資信託のメリット・デメリットは?投信の種類や特徴も

債券投資信託は運用方針や対象地域などでそれぞれの特徴が変わるため、初めて触れる方にとっては分かりにくい部分もあります。また、債券投資信託は必ずしも低リスクではありませんし、ファンドによって運用実績も異なります。そこで今回は、債券投資信託の特徴や種類をはじめ、メリット・デメリットについても解説します。

「今の金利は高い!」ローン借り換えのポイント~不動産投資ローン、住宅ローン返済の負担を減らしたい方へ投資・マネーコラム

不動産投資ローン・住宅ローンの借り換えのポイントは?返済負担を減らしたい方へ

2016年のマイナス金利政策の実施により、金融機関の融資姿勢が積極的になり、ローンの金利も全体的に低水準となっています。2016年以前に不動産投資ローンを借りた方や、現在の金利の相場を知らずに高い金利でローンを借りてしま…