TAG テクニカル分析

株式投資コラム

株のトレードは副業でできる?会社員・公務員でも取り組める方法は

近年は国を挙げて副業の推奨がなされていますが、株のトレードも多くの方が取り組んでいるものの一つとなっています。

株のトレードは、投資家のニーズや状況によってさまざまなトレード方法が存在します。そこで今回は、株のトレードは副業としても可能かどうか、会社員や公務員の方でも取り組める株のトレード方法について、具体的に解説していきます。

株式投資コラム

株式投資の分析にはどんな手法がある?それぞれの特徴と使う状況は

株のトレード手法には主に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の手法があります。両者はそれぞれ独自の特徴を有しているため、効率よく株を運用し利益を最大化するためには、これらの特徴をしっかりと理解し、状況によって使い分けることが鍵となってきます。

そこで今回は、株のトレードの主な手法であるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について、それぞれの特徴と使う状況などを具体的に解説していきます。

FXコラム

FXのテクニカル、マルチタイムフレーム分析のやり方は?使い方をプロトレーダーが解説

相場の世界では色々な分析手法があります。テクニカル分析だけでも千差万別あるため、これから投資を行おうと考えている方の中には、どのような手法を使ってトレードするか迷われる方もいるでしょう。当然一人一人の個人的な性格や生活等からトレードスタイルも異なります。一方で相場で大切と思われる共通項はいくつも存在します。ここでは筆者が大切にしている「マルチタイムフレーム分析」を解説します。

株式投資コラム

株式投資、ダウ理論の使い方は?チャートから具体例で解説

その信頼性の高さから、株式投資のみならず、FXや仮想通貨トレードにおいても活用できる投資理論の一つに「ダウ理論」と呼ばれるものがあります。

ダウ理論はトレーダーにとって、基礎とも呼べる知識です。そこで今回は株式投資におけるダウ理論の使い方について、チャートから具体例を用いて解説します。

FXコラム

円安相場の持続性は?注目通貨ペアや日銀の緩和政策の見通しも解説

円安相場で儲けたいと考えている方の中には、相場の持続性が気になっている人も多いでしょう。今後の経済動向を予想する上で、知っておきたいのがファンダメンタルズ分析です。チャートを使い、視覚的に理解できるテクニカル分析に比べて、各国の経済動向を分析するファンダメンタルズ分析をとっつきにくく感じるFX初心者は多いでしょう。しかし理解できるとより勝率や精度の高いトレードを行うことが可能となります。今回は2022年6月現在、円安で動きが注目されている日銀をファンダメンタルズ分析を使って解説し、注目通貨ペアも紹介します。

FXコラム

FX、エントリーポイントの見極めは?回数や儲けるためのリスク管理も

FXトレードしていると損失を出してしまい、損切りしたら結局思った方向に推移して取り逃がすという経験は誰もが通る道でしょう。プロトレーダーである筆者も、いまだに経験します。予想が当たっていたにもかかわらず損失が出るのは、リスクの取り方が誤っていることが原因です。そこで今回は、トレードのエントリーに焦点を当て、エントリーの方法を解説します。

投資信託コラム

投信チャートを見るポイントは?分配金やテクニカル分析についても

株式などの金融商品は、過去の株価をグラフで表記した「チャート(Chart)」が作成されています。チャートを使用して株式投資の分析することを「テクニカル分析」と言います。投資信託に投資を行なう際にも、基準価額のチャートを活用することは有用です。一方で、株価のチャートの見方と異なる点もあり、注意が必要です。今回のコラムでは、投信チャートの見るポイントについて解説していきます。

株式投資コラム

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】

2022年は世界的にインフレが進行する中、世界的な利上げムードとなっています。

各国がインフレ抑制のため政策金利を急ピッチで引き上げていくことが影響し、世界的に株安が進行する中、今後の動向に不安を覚える個人投資家の方も多いでしょう。ここでは現在の株安のトレンドがどこまで継続し、また今後どのような展開となり得るのか、テクニカル的な側面からチャートを見つつ解説していきたいと思います。

FXコラム

LIGHT FXの使い方は?初心者目線でメリット・デメリットも解説

FX会社の比較サイトや口コミなどから「LIGHT FX」に興味を持ち始めた方も少なくないでしょう。LIGHT FXは高金利通貨のスワップポイントの高さや取引コストの低さが魅力のFXサービスです。今回はそんなLIGHT FXのメリット・デメリットを初心者目線で解説します。LIGHT FXの取引ツールの具体的な使い方も紹介するため、この記事を読めば取引時のイメージも持てるようになるでしょう。

FXコラム

相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介

ネット上ではFXに関する情報が豊富にあり、無料で読むことができるものも多くあります。参考にしているFX初心者は多いでしょう。一方で知識を自分のものにする前に実践し、損失を出してしまった苦い経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。今日はFXで損失を出してしまう人の特徴を解説します。

FXコラム

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

楽天証券FXはネームバリューもさることながら、充実のサービス内容から取引を検討している方も少なくないでしょう。取引を検討している方が気になるのが楽天証券FXの使い勝手ではないでしょうか。今回はFX投資家である筆者が楽天証券FXの使い勝手について、実体験をもとに紹介していきます。筆者以外の利用者の声も参考にすべく、口コミ・評判もまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

FXコラム

テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説

テクニカル指標は100以上存在しており、どのテクニカル指標を組み合わせるのかは投資家次第です。投資初心者の場合は、まずは基礎的なテクニカル指標の利用方法を覚えることが最初の第一歩となります。基本的な使い方を覚えずに応用するのは難しいでしょう。ここでは様々にあるテクニカル指標の中でもフィボナッチリトレースメントについての基本的な使い方と、注意点について解説します。

FXコラム

初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説

2022年6月現在、世界でインフレ懸念の高まりから物価上昇が止まらず、世界の中央銀行はこぞって政策金利を引き上げようとしています。リーマンショック以降なかなか政策金利が上昇せず、通貨金利も低かった状況が継続していたものの、少しずつ政策金利が高くなる雰囲気が出てきています。一方で、政策金利を引き上げる気配のない日本は円安となっています。円安相場で儲けたい考えている投資家も増えてきているのではないでしょうか。ここでは円安となっている理由と、円安で儲かるためのトレード方法を初心者でもできるように解説します。

株式投資コラム

株式トレードの始め方は?初心者向けの証券会社と注意点も

株式投資には、企業の成長に投資する方法と、株価の値動きに着目し売買を繰り返す方法(トレード)があります。企業成長に投資する場合には財務分析、株式トレードの場合にはチャート分析が中心です。

初心者の方が株式トレードを始めるには、準備や心構えが必要です。そこで今回は、株式トレードの始め方や注意点について解説します。

FXコラム

売買比率の見方と活用方法は?IG証券での使い方を解説

X投資において、市場の中でロングポジションに傾いているのかショートポジションに傾いているのか把握することは重要です。現在のトレンドがどちらに傾いているのか、そして今後どのような圧力がかかりやすいのか把握できるからです。今回は、ポジション動向を把握する方法をIG証券を利用して説明していきます。

FXコラム

フィボナッチエクスパンションで利幅を伸ばす方法は?プロトレーダーが解説 FX会社紹介も

FXの世界では利益を出すのが難しい世界と言われています。理由の一つとして「利益を伸ばして大きくリターンを得ることが難しい」という点が挙げられるでしょう。エントリーのポイントではなく、評価益が出ている局面でどこまで利益を伸ばし続けるべきか、そしてどこで利益確定を行うか考えるための一つの材料として、フィボナッチエクスパンションというテクニカル指標を紹介します。

FXコラム

松井証券FXのツール、FXトレーダー・プラスの使い方は?プロトレーダーが解説

高頻度で売買を繰り返すアクティブトレーダーにとって、FX会社のツールや機能などは重要です。松井証券では豊富なインジケーターや、通貨ペアを事前に登録すると、設定した条件に達した際にメールで知らせてくれるトリガーメール機能など、トレーディングにメリットがある機能を提供しています。ここでは松井証券FXのFXトレーダー・プラスの使い方について解説します。

FXコラム

FXで利益を狙えるテクニカル指標の組み合わせは?ボリンジャーバンドとRSIをトレーダーが解説

RSIはインジケーターの一つで、主に「買われすぎ」や「売られすぎ」を見極めるための指標として利用されています。ボリンジャーバンドは主に、相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」のほか、相場の強弱(勢い)の変化や、反転のタイミング、トレンドを予測できます。今回はボリンジャーバンドとRSIを使用した、実際に利益が出るテクニカル指標の組み合わせ方法とトレード手法について、解説します。