TAG スマートコントラクト

Web3

DAOで働く時代 仮想通貨業界で改めてDAOが注目されている訳

2021年の強気相場とともにDAOという言葉が流行したが、DAOの歴史は長い。DAOという言葉が初めて使われたのは、2013年にイーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏が書いた論文と言われている。紆余曲折を経て、ここ2、3年で再び息を吹き返したDAOだが、一体何が変わったのだろうか?そして、なぜ「冬の時代」である今年に入ってからも注目度は衰えていないのだろうか?

暗号資産・ブロックチェーン

電通ベンチャーズ含むVCから430億円の資金調達に成功した注目プロジェクトSuiとは?

電通ベンチャーズがレイヤー1ブロックチェーン「Sui blockchain」に出資を行いました。ラウンドを主導したのはFTX Venturesで、大手VCであるa16zや、Binance Labs、Coinbase Ventures等から430億円(3億ドル)を集めた大型プロジェクトです。

今回はSuiの概要から特徴、またなぜ電通ベンチャーズがSuiに出資をしたかについて解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

コインチェック上場のポルカドット(DOT)のアップデートについて解説

22年8月23日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheck(コインチェック)が「ポルカドット(DOT)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、Coincheckに新たに上場した「ポルカドット(DOT)」について、そのアップデート状況などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitbank(ビットバンク)に上場する仮想通貨スパーク(FLR)とは?

22年8月12日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所である「bitbank(ビットバンク)」が、新たに「スパーク(FLR)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、bitbankに新たに上場される予定であるFLRトークンについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)の概要と目指す未来とは?

世界中でブロックチェーン関連の事業を展開する企業が年々増加していますが、日本発のパブリックブロックチェーンである「Astar Network(アスターネットワーク)」の開発を行っている「Stake Technologies Pte Ltd」をご存知でしょうか。今回はStake Technologiesの会社概要や、今後目指す未来について解説していきます。

DeFi

暗号資産デリバティブ分散型取引所dYdX、「完全分散化」でイーサリアムからコスモスに移行

分散型取引所dYdXが、2022年の年末に予定している完全分散化(V4)実現のためコスモスを採用し、独自ブロックチェーン「dYdXチェーン」を構築する計画を発表しました。dYdXは、これまでイーサリアムのレイヤー2であるStarkEXを使っていましたが、「ベストなプロダクトをトレーダーに届ける」という観点からイーサリアム圏を飛び出てコスモスに移行することが良いと判断しました。コスモスに移行することでどのような利点があるのでしょうか?

NFT

日本初のNFTコレクション「NEO TOKYO PUNKS」の特徴について解説

現在、毎日のように世界中でさまざまなNFT(非代替性トークン)プロジェクトがリリースされていますが、日本もその例外ではありません。中でも今大きな注目を集めているのが「NEO TOKYO PUNKS(ネオトーキョーパンクス)」です。今回は、今話題のNEO TOKYO PUNKSについて、その概要や特徴、今後の展開について解説していきます。

NFT

続々と拡充されるコインチェック×ジェネラティブアートNFTについて解説

暗号資産(仮想通貨)市場が成長する中で、ジェネラティブアートNFTが比較的新しいNFT(非代替性トークン)の形として注目を集めています。この記事では仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」で取り扱っている、ジェネラティブアートNFT関連のプロジェクトを紹介します。

Web3

OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ

オーケーコイン・ジャパン株式会社は6月10日、同社が提供する暗号資産取引所にて、「アバランチ(AVAX)」を6月16日に取り扱い開始する。これにより、OKCoinJapanは、15種類の暗号資産を取り扱うこととなる。記事執筆時点で、アバランチ(AVAX)の取扱いは国内初となるという。