山下耕太郎 「山下耕太郎」の記事

株式投資コラム

米中関係悪化が日本市場に与える影響は?株価上昇・下落予想の銘柄も

米中関係は、株式市場にとって重要なテーマです。世界経済に大きな影響を与えるからです。特に両国に挟まれ、双方と関係の深い日本においては特に注視が必要な要素です。

この記事では、米中関係悪化の経緯と、日本の株式市場に与える影響について解説します。

株式投資コラム

ウッドショックが与える株価への影響は?現状と今後を分析

2020年、建築用木材の供給が需要に追いつかないことによって、木材価格の高騰「ウッドショック」が起こりました。これは、1970年代に起こった「オイルショック」になぞらえて、このように呼ばれています。この記事では、ウッドショックが起きた原因と、株価に与える影響について解説します。

株式投資コラム

世界の自動車メーカー、時価総額上位10銘柄の株価・動向・将来性は?

新型コロナウイルスの感染拡大により、自動車市場は落ち込んでいます。そして、ワクチン接種は進んでいるものの、コロナ前の2019年の水準(新車販売9,130万台)に戻るには、まだ時間がかかると見られています。

また、今後はEV(電気自動車)の普及によって、自動車業界の勢力図も大きく変わる可能性があります。この記事では、世界の自動車メーカーの時価総額上位10銘柄と、将来性について解説します。

株式投資コラム

テクノロジー銘柄の値動きの特徴は?日本株と米国株の有名銘柄も

テクノロジー銘柄は、株価が大きく上昇する可能性があることから、個人投資家にも人気があります。ただ、投資するときはリスクについても理解しておくことが大切です。この記事では、テクノロジー銘柄のメリット・デメリットと、日米の有名な銘柄を紹介します。

株式投資コラム

株式投資の主な分析指標、PER・PBR・ROEなどの意味と目安、計算方法

株式投資をするときは、株価指標を見ることが大切です。企業の収益や資産に対して株価は割高なのか割安なのか、経営効率はいいのかなどを判断できるからです。この記事では、ファンダメンタル分析における代表的な株価指標であるPER・PBR・ROEなどの意味と使い方について解説します。

株式投資コラム

ワクチン接種率と株価の連動性は?米日中欧の各市場を分析【2021年8月】

欧米などに比べ、日本の新型コロナワクチンの接種は遅れています。そして、過去最高値を更新している米国株などに比べ、株式の上昇も鈍くなっています。この記事では、ワクチン接種率が株価にどのような影響を与えているのか、欧米や日本、中国の株式市場の状況について解説します。

株式投資コラム

日本のXR(VR・AR・MR)関連銘柄、時価総額上位9本を徹底分析

XR(VR・AR・MR)の市場は年々拡大してきています。日本においても、ARを活用したゲームアプリが世界的な人気を博したり、VRを活用して旅行気分を楽しめるサービスが登場したりするなど、様々な取り組みが精力的に行われています。

この記事では、日本国内の主なXR関連銘柄を時価総額が大きい順に紹介していきます。

投資信託コラム

分散投資と集中投資どちらが良い?それぞれのメリットとデメリット

株式投資には、複数の銘柄に分けて投資する「分散投資」と、特定の少数の銘柄に集中して投資する「集中投資」の2種類があります。2つの手法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、この記事では取引手法や資金量に応じ、分散投資と集中投資どちらを選択したら良いのかについて解説します。

株式投資コラム

半導体銘柄、世界の時価総額上位10本を徹底分析。外国株に強い証券会社も【2021年7月】

半導体関連企業の企業価値が高まっています。コロナ禍によるテレワークや、高速通信規格「5G」対応で、需要が拡大しているからです。また、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもりや在宅勤務で、ゲーム機やパソコンの売れ行きが好調だったり、5Gの普及でスマートフォンや基地局向けの需要も増えていたりすることも要因です。

米国の主要半導体株で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)も、2021年になって史上最高値を更新しています。この記事では、半導体の世界の時価総額上位10銘柄について解説していきます。