TAG TECROWD

投資・マネーコラム

不動産投資型クラウドファンディングを選ぶポイントは?注目の8社を紹介

不動産投資型クラウドファンディングは、少ない資金からの不動産投資が可能であり、情報の公開が進んでいることから投資家に人気があります。そこで今回は、これから投資を始めてみたい方に向けに、検討しやすい不動産投資型クラウドファンディングサイトをご紹介します。

TECROWD37号ファンドWhite House in Chaikina phase2海外不動産投資

想定利回り9.5%、不動産CF「TECROWD」37号ファンド11/25募集開始

TECRA株式会社は、1口10万円から海外に投資ができる不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」の37号ファンド「White House in Chaikina phase2」の募集を11月25日午後6時開始する。対象物件は、カザフスタンの旧首都アルマティ市中心地に近い、 高級住宅街に建設予定の高級レジデンス「White House in Chaikina」。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)のカザフスタンファンドの特徴は?利回りやリスク、投資の注意点も

国内と中央アジアの不動産物件に投資できるファンドを提供する不動産投資型クラウドファンディングの「TECROWD」(テクラウド、運営会社TECRA株式会社)では、2022年の春ごろから中央アジア・カザフスタンの不動産にも投資できるようになりました。今回はTECROWDが提供するカザフスタンファンドの特徴や利回り、リスク、投資の注意点を紹介します。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミは?特徴や注意したいリスクも

TECROWD(テクラウド)は、数ある不動産投資型クラウドファンディングの中でも、モンゴル・カザフスタンをメインに中央アジアの不動産物件に投資できる特徴的なクラウドファンディングサービスです。今回はTECROWDの評判や口コミとともに、サービスの概要・特徴、注意したいリスクについて紹介します。TECROWDで海外不動産投資を考えている方はご参考ください。

海外不動産投資

不動産CFの「TECROWD」が累計調達額50億円突破。高利回りな海外不動産に関心

不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRA株式会社は10月25日、累計調達金額が50億円を突破したと発表した。テクラウドではモンゴルやカザフスタンといった中央アジアの不動産に投資が可能なのが特徴で、36号ファンド の「Miras Townhouse」も、カザフスタンのアルマティ市の開発プロジェクトが対象。

海外不動産投資

TECROWD36号案件はカザフスタンのタウンハウス。想定利回り年9.5%、キャンペーンも

TECRA株式会社は10月13日、1口10万円から投資可能な不動産クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で第36号ファンド「Miras Townhouse」の情報を公開した。カザフスタンの旧首都アルマティ市におけるタウンハウスの開発プロジェクトが対象。

投資・マネーコラム

どれがおすすめ?不動産投資型クラウドファンディング7社の利回りや最低投資額を比較

不動産投資型クラウドファンディングは、新しい不動産投資の形として投資家にも認知され、上場企業などの大手企業も参入しています。少額から不動産投資可能であることや、投資家保護の仕組み、情報の透明性の高さなどから、多くの投資家の支持を得ている投資方法です。そこで本記事では、数ある不動産投資型クラウドファンディングの中から7社をピックアップして、各社の違いを比較してご紹介します。

海外不動産投資

海外不動産CF「TECROWD」で想定利回り11%「35号ファンドKHAN VILLA」9/12募集開始。

TECRA株式会社は不動産クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で9月6日、「TECROWD 35号ファンド KHAN VILLA (カーン・ヴィラ)」の情報を公開した。カザフスタンの旧首都アルマティ市の郊外にある高級住宅地で進行中の戸建住宅およびタウンハウスの開発プロジェクトが対象。

海外不動産投資

不動産投資型CF「TECROWD」 34号ファンド「THE SECOND Kujukuri Beach House」8/24募集開始。想定利回り年利8%

TECRA株式会社は不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で8月9日、34号ファンド「THE SECOND Kujukuri Beach House」の情報を公開した。千葉県山武郡九十九里町のバケーションレンタル(貸別荘)を投資対象に、募集金額5350万円、想定利回り年利8%、投資は1口10万円。

海外不動産投資

海外不動産CF「TECROWD」33号ファンドはカザフスタンの物件・想定利回り年11%、7/28募集開始

TECRA株式会社は、不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」33号ファンド「KHAN VILLA(カーン・ヴィラ)」の募集を7月28日午後6時から開始する。カザフスタンの旧首都アルマティ市の郊外にある高級住宅地での戸建住宅およびタウンハウスの開発プロジェクトが対象。

TECROWD32号ファンド障がい者向けグループホーム『AMANEKU平塚徳延』海外不動産投資

不動産投資型CF「TECROWD」32号ファンドは障害者向けグループホーム。想定年利5.5%

TECRA株式会社は7月8日、不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で、「TECROWD32号ファンド障がい者向けグループホーム『AMANEKU平塚徳延』」の情報を公開した。障害者向けグループホームを投資対象とする賃料収入を原資として配当を行うインカムゲイン型のファンド。

海外不動産投資

海外不動産CF「TECROWD」31号ファンド6/30募集開始。想定利回り年利11%

TECRA株式会社は、不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」の31号ファンドの募集を6月30日午後6時から開始する。31号ファンド「KHAN VILLA(カーン・ヴィラ)」は、カザフスタンの旧首都アルマティ市の郊外にある高級住宅地での戸建住宅およびタウンハウスの開発プロジェクトが対象。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディング、優先劣後方式を採用しているサービスは?

不動産クラウドファンディングは、投資家の資産保全のために様々な対策を行っています。投資家の資産を守るための対策の一つが、優先劣後出資方式の採用です。本記事では優先劣後出資方式の持つ意味と、優先劣後出資方式を採用している不動産投資型クラウドファンディングについてご紹介します。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の運営会社TECRA株式会社の実績は?施工実績や決算も

TECROWD(テクラウド)は新興国や日本国内の不動産事業を対象とした投資型クラウドファンディングサービスです。少額から海外ファンドへの投資が可能であり、他のクラウドファンディングサービスと比較して特徴的なサービスとなっています。そこで本記事では、東アジアや中央アジアのファンドを中心に扱う不動産投資型クラウドファンディングTECROWDを運営するTECRA株式会社の概要や実績について取り上げていきます。

寄付

TECRA、「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援PJ」支援額1千万円超に。仮設住宅の詳細も公開

海外不動産クラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRA株式会社は、「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト」で、支援額が5月23日現在、1073万8322円(目標金額1千万円)に到達した。参加人数は402人。