TAG REIT

投資信託コラム

NISA・つみたてNISAで上限を超えたらどうする?対策・予防策は

NISA・つみたてNISAで非課税投資をするなら、非課税限度額を使い切ってメリットを最大限に生かしたいところです。

しかし、もし非課税枠を超えたときにどのように扱われるかは、証券会社によって異なります。この記事では、一般NISA・つみたてNISAの上限額がオーバーした場合の証券会社ごとの対応や、非課税限度額の上限まで上手に投資する方法について解説します。

投資信託コラム

日興フロッギーの手数料はいくら?単元未満株でも配当金や優待は貰える?

記事を読みながら手軽に株取引ができる「日興フロッギー」が注目されています。投資を学びながら100円から株を購入できるのが特徴ですが、ネット証券等と比較して手数料が安いのかどうかなどが気になる方もいるでしょう。そこでこの記事では、日興フロッギーの特徴や手数料、配当金・株主優待はもらえるのかなどについて詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

物件を買わずに少額から始められる、新しい不動産投資サービスまとめ

不動産投資にはまとまったお金が必要になる上、購入後の賃貸経営が難しいなど、多くの方にとってはハードルの高いものと考えられていました。しかし、最近は不動産投資の種類も豊富になり、物件を買わずに少額から手軽に参加できるサービスが続々登場しています。そこでこの記事では、新しい不動産投資の特徴や人気のサービスをご紹介します。

マンション投資

不動産投資を小さく始める方法は?初心者向けの手順や注意点を解説

不動産投資の中には、1万円から数10万円の少額資金から始めることができるものもあります。少額の現金から始めることができる不動産投資は、ハードルが低いだけでなく、その分失敗したときのリスクも低いため、初心者が取り組みやすい投資方法です。この記事では、不動産投資を小さく始める方法について、初心者向けの手順や注意点を解説します。

投資信託コラム

NISAはやらないほうがいい?デメリットと注意点、利用メリットがある人も

NISAは運用益に対して税金がかからないため、資産形成を目指す人なら積極的に利用したい制度です。しかし、デメリットや注意点を理解しないで始めると損をする可能性もあり、注意が必要です。

この記事では一般NISAのデメリットや注意点とその対策、一般NISAでの投資に向く人を解説します。

投資信託コラム

J-REITの人気ファンドは?販売金額上位10本の成績を比較【2022年5月】

J-REITとは、国内不動産投資法人のことを指します。J-REITは投資家から募った資金をもとに不動産投資を行うため、ファンドに投資することで間接的に不動産のオーナーになることができます。

REITは分散投資先としても有効に機能するため、ポートフォリオの一つとして運用を考えている人も多いのではないでしょうか。当記事では、直近の販売金額が多いJ-REITを紹介し、魅力や直近の概況についてもレポートしています。新たな投資先としてJ-REITをテーマとしたファンドを探している方はご確認ください。

投資・マネーコラム

18歳から利用できる少額不動産投資の方法は?初心者向けサービスや投資前の注意点も

2022年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられ、18歳からでも自分の意思で金融商品の契約が行えるようになり、これまで出来なかった不動産投資を始めることも可能となりました。そこで今回は18歳から利用できる少額不動産投資の方法を紹介します。初心者向けのサービスや投資前の注意点も解説するので、参考にしてください。

投資信託コラム

ヘルスケア関連の投資信託、成績や信託報酬など徹底比較【2022年4月】

人々が健康に生きていく上で重要な、ヘルスケア関連事業の投資環境を知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ヘルスケア関連事業は、電子カルテのような医療情報や、健康診断など健康データを扱う2つの分野に分けられます。ファンドカテゴリーでは、製薬事業もヘルスケア分野に分けられています。成熟した社会のあらたなテーマは「いかに健康に生きるか」。健康への関心は年々高まる一方です。

当記事では、ヘルスケア関連事業へ投資するファンドを紹介しています。また、投資環境や今後の見通しについても解説します。新しい投資先を探している方や、ヘルスケア関連事業が気になる方は、内容をご確認ください。

投資信託コラム

バリューファンドとグロースファンド、人気3本の成績を比較【2022年4月】

割安な株式を選んで投資をするバリューファンドに対し、成長が期待される株式に投資をするのがグロースファンドです。それぞれどのようなパフォーマンスを出しているのか、気になる方もいるでしょう。

今回はSBI証券で取り扱いのある、国内のバリューファンドとグロースファンドについて、純資産総額の上位3銘柄ずつをピックアップしました。それぞれの基本情報やパフォーマンスについて解説します。

投資信託コラム

ジュニアNISAはまだ間に合う?メリット・デメリットや活用方法も

ジュニアNISAは廃止決定以後、口座数が増加しています。不人気の原因だった引き出し制限が2024年以後はなくなるなど、廃止によるメリットが生じたためと考えられます。まだジュニアNISAを利用していない人が今から始めてもメリットがあるのでしょうか。

この記事ではジュニアNISAの制度廃止の概要、これから始めるメリットなどについて解説します。

投資信託コラム

NISA・つみたてNISAを始めるタイミングは?暴落時の考え方も

NISAとつみたてNISAの利用者は年々増加し、投資への関心が高まっていることがうかがえます。しかし、大きな経済変動で市場が暴落すると、始めるのをためらう人も少なくないでしょう。また、一般NISAは2024年に新しい制度に改正されることも気がかりかもしれません。

この記事では、NISAやつみたてNISAを始めるタイミングや、市場の下落局面についての考え方について解説します。これからNISAまたはつみたてNISAで非課税投資を始めたい人は参考にしてください。

暗号資産・ブロックチェーン

デジタル証券(ST)のメリット・デメリットとは?不動産STとREIT、クラウドファンディングを比較

ブロックチェーンの活用によって紙の証書から解放された有価証券、「デジタル証券」。ブロックチェーンならではのメリットとして、サーバーダウンによる取引停止がなく、コストも安く、データの改ざんが困難などシステム技術的な面が多数ありました。今回は、商品性に着目したメリットとその裏に潜むデメリットも把握していきます。

投資信託コラム

マンション投資と投資信託の利回り・リスクを比較、資産運用の注意点も

資産運用に興味はあるものの、どの種類のものが自分に合っているのかわからないと悩む人は多いのではないでしょうか。この記事では、比較されることも多いマンション投資と投資信託について、その利回りやリスクなどを解説します。

投資信託コラム

欧州株へ投資する方法は?各国の特徴やポイントをファンドマネージャーが解説

日本の投資家にとって主な投資対象国となるのは日本とアメリカでしょう。それ以外の先進国を挙げるとすれば、欧州の国が選択肢になるものの、欧州株は米国株のように話題に上がることは滅多にありません。米国のGAFAに代表される巨大IT企業のような、相場を牽引する欧州企業をすぐには思いつく人は少ないでしょう。しかし、フォルクスワーゲンやBMW・ベンツなどの自動車会社や、ネスレなどの食品メーカーが欧州株にはあります。欧州では昔から「ヒト、モノ、カネ、サービス」の自由化によって他国との貿易が発達するなかで国際競争力の高い企業や、伝統に培われた信頼性の高いブランド企業、独自性の高い製品・サービスを提供する企業が多数あります。今回は、欧州株へ投資する方法と各国の特徴やポイントについて解説していきます。

マンション投資

不動産投資は結局どれがいい?現物・リート・クラウドファンディングの3つを比較

不動産投資というと、マンションやアパートなどの賃貸経営や、オフィスなどの事業用不動産の運用をイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし現代では、金融機関の融資を得て不動産を所有する方法以外にも、不動産投資型クラウドファンディングやREITを活用した小口出資も可能となっています。そこで今回のコラムでは、「現物不動産投資」「小口化不動産投資」「J-REIT(日本版不動産投資信託)」という3つの不動産投資の手法にスポットを当て、メリットとデメリット、さらに注意点についても解説していきます。

投資信託コラム

リート(REIT)と不動産投資の違いは?メリットとデメリットを比較

REIT(不動産投資信託)とは、不動産を証券化して証券市場で売買する投資手法です。一方、実物不動産投資とは、実際に不動産を購入して自分で管理および運営を行う投資手法です。それぞれの投資手法には、メリットとデメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットを見て、どちらの投資に向いているか確認してみましょう。

投資信託コラム

低コストのバランス型ファンド10本の手数料や成績を徹底比較

バランスファンドは、株式、債権、REITなど異なる資産をバランス良く配分し、極端な値動きを抑えて、信託財産を積み上げていくタイプのファンドです。バランスのとり方しだいでは、異なる資産どうしで収益が相殺されてしまい、思うように運用成績が上がらないこともあります。

記事内では、低コストなバランスファンド10本を紹介し、バランスファンドの運用について解説します。バランスファンドについて知りたい方や、投資信託のポートフォリオにバランスファンドを組み入れたい方は、ご確認ください。

投資信託

2022年の不動産市場は価格決定力が鍵か。シュローダーの市場見通し

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は12月15日、2022年の世界市場について、REIT(不動産投資信託)および不動産関連株式の見通しを発表した。レポートの冒頭に「原材料価格の上昇と労働力不足が物価を押し上げているため、22年は価格決定力が鍵となる」と指摘。

投資信託コラム

低コストのインデックスファンド10本の手数料や成績は?徹底比較【2021年12月】

とにかく低コストで運用できるインデックスファンドが知りたい、とお考えの方も多いのではないでしょうか。投資信託のランニングコストとして投資家が負担する信託報酬は、長期運用を考えると少しでも安く抑えておきたいところです。

全体的に運用コストが低いファンドが多いのはインデックスファンドですが、その中でも特に運用コストが低いファンドをピックアップし、この記事で紹介します。その他インデックスファンドの運用コストの内訳や、取り扱うテーマについても解説します。

インデックスファンドについて、深く知りたい方はご確認ください。

投資信託コラム

投資信託と定期預金、資産形成はどっちがいい?特徴やリスク、リターンなど比較

投資信託の平均的なリターンは、現状、定期預金の金利を上回っていますが、元本保証はありません。いっぽう円預金は、銀行が破綻しても元本1,000万円までとその利息は資産が保証されます。

低金利な円預金で資産を守るか、抑え気味にリスクをとりつつ、長期運用で緩やかに資産を積み上げていく投資信託を選ぶかは悩みどころです。この記事では、様々な角度から投資信託と定期預金の違いを検証します。資産形成のための運用スタイルを検討している方は、ご確認ください。