TAG FTX

暗号資産トレード

ビットコインのプットコールレシオとは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

2017年にCME(シカゴマーカンタイル取引所)でビットコインの先物市場が登場した他、2021年には先物ビットコイン市場ベースのETF(上場投資商品)もリリースされました。こうした流れを受けて、ビットコインのオプション市場も取引高が増加しています。ここでは、現物ビットコインの価格予想に参考となるオプション市場における「プットコールレシオ」について解説したいと思います。

暗号資産取引所の使い方

人類の発展へ貢献することを目指す慈善基金「FTX Future Fund」とは?

FTXは22年2月28日、「FTX Future Fund」と呼ばれる慈善基金の設立を発表しました。この基金は最大で1,150億円規模となります。今回は、今後日本でプレゼンスを高めてくるであろうFTXの最新動向の一つ、「フューチャーファンド」についての概要や目的について解説します。

NFT

【重要ニュースまとめ(3/19~3/25)】MetaMaskのトークン発行とDAO化計画が明らかに、イーサリアムのセカンドレイヤーOptimismが大型調達

今週は、ConsenSysやOptimismの資金調達、Yuga Labsのトークン発行などが話題になりました。特に、Optimismの資金調達は、昨今のセカンドレイヤーの盛り上がりを象徴する出来事であり、まだまだ他のプロジェクトも調達が続きそうです。BAYCを運営するYuga Labsは、先週CryptoPunksとMeebitsのIPを取得するなど積極的な取り組みを行っています。NFT市場も競争が激化する中で、どの企業が市場をリードするのか注目していきましょう。

NFT

【重要ニュースまとめ(2/19~2/25)】OpenSeaユーザーのNFTが大量流出、業界全体としてフィッシング詐欺に注意喚起。無担保型ステーブルコインUSTが準備金を資金調達

今週は、OpenSeaユーザーのNFT流出事件やステーブルコインUSTの運営組織による資金調達が話題となりました。OpenSeaの事件では、これまでに多く見られたフィッシング詐欺による被害であることが濃厚であり、業界全体として注意喚起を行うことが重要です。

暗号資産・ブロックチェーン

遂にFTXが日本上陸!!Liquid by Quoine買収の影響を考察【仮想通貨取引所】

2022年2月、仮想通貨の現物・デリバティブ取引所であるFTXは、日本の取引所Liquid by Quoineの親会社リキッドグループを買収しました。今後はLiquid by FTXを通じて、2022年2月に日本ユーザーへの商品・サービス提供を行う目論みです。そこで今回は、FTXの概要や仮想通貨取引所としての特徴について解説します。今後、Liquid by FTXを通じてどのようなサービスを展開していくのかを予想してみましょう。

暗号資産・ブロックチェーン

【重要ニュースまとめ(2/5~2/11)】国内財閥グループ2社が暗号資産業界に本格参入、ロシア政府は暗号資産を通貨と認定へ

今週は、日本の財閥グループによる暗号資産やステーブルコインの発行計画が報じられました。また、ロシア政府が暗号資産を通貨と認める法案を提出する見込みであるなど、暗号資産がデジタル資産としての幅を超えて知名度を高めています。米国でのステーキング報酬に関する課税の取り扱いも方向性が見えるなど、ブロックチェーンネットワークにも影響を与えるトピックが出てきました。イーサリアムに関しては、Solidity開発者の数も増加し成熟の一途を辿っています。

DeFi

【重要ニュースまとめ(1/15~1/21)】イーサリアムの2022年ロードマップを説明、「The Merge」が業界最注目イベントに。コインハイブ事件が逆転無罪に

今週は、イーサリアムの2022年を含む今後の開発計画に関するトピックが話題となりました。The Mergeはそれだけ注目のマイルストーンであり、イーサリアムを持続可能なものにする重要なアップデートです。その他には、シンガポール規制当局の動きも話題となりました。同じタイミングで、スペインでも広告規制が発表されており、米国や日本で数年前に行われた規制と類似する動きが見られています。

その他企業

2021年の暗号資産関連企業、資金調達総額が250億ドル超

米大手暗号資産メディアThe Blockは12月22日、2021年の暗号資産関連ベンチャーの資金調達総額が250億ドルを超えていることを明らかにした。2021年に暗号資産業界では1,700件以上の投資案件が成約され、これらのプロジェクトやプロトコルに約251億ドルの資金がもたらされた。