FTX Japanで取り扱う「FTT(FTXトークン)」とは

今回は、FTXトークン(FTT)について、大手暗号資産取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では暗号資産コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. FTXとは
    1-1. FTXの概要
    1-2. FTXの日本法人「FTX Japan」
    1-3. FTXトークンの特徴
  2. FTXトークンとは
    2-1. FTXトークンの概要
    2-2. FTTの時価総額・ランキング
    2-3. FTXトークンの特徴
  3. FTXトークンの将来性
    3-1. FTX Japanのローンチ
    3-2. 旅行会社「Travala」とのパートナーシップ締結
  4. まとめ

世界には数々の仮想通貨取引所が存在しますが、FTXはその中でも取引高やユーザー数でトップクラスの企業です。FTXは主に仮想通貨の現物・デリバティブ取引を扱っており、22年6月には日本ユーザー向けにサービスをスタートしています。

FTXは取引所のネイティブトークンとして「FTXトークン(FTT)」を発行しています。FTTは22年7月1日時点に時価総額ランキング21位にランクインするなど、多くの投資家から注目を集める人気の通貨となっています。

今回は、FTXトークン(FTT)についての概要や特徴、将来性などを解説していきます。

①FTXとは

1-1.FTXの概要

FTX COM
FTXは2019年5月にマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生であるサム・バンクマン=フリード氏とゲイリー・ワン氏によって設立されました。米国においては、FTX.US、それ以外の国を対象にFTX.comを運営しています。FTX.comは現時点で仮想通貨の現物取引量でBinanceとCoinbaseに次いで世界3番目の規模に拡大しています。パーペチュアルスワップが利用できるデリバティブ取引の分野でもトップ3に入る存在感を示しています。

FTXの創業者のサム・バンクマン・フリード氏は14年に世界最高峰の名門大学の一つMITで物理学の学士号を取得した後、ウォール街の大手トレーディング会社Jane Street GroupでETFトレーダーとして経験を積みました。

17年9月に独立してAlameda Research(アラメダ・リサーチ)と言うトレーディング会社を設立。日米市場の価格差を利用したアービトラージ(裁定取引)を駆使して6,000万ドル(約66億円)を超える累積利益を積み上げました。19年にはFTXを設立し、現在では、業界で最も著名な人物の一人となっています。

1-2.FTXの日本法人「FTX Japan」

FTX JP
22年6月2日、FTXが日本法人である「FTX Japan」のローンチを発表し、日本のユーザーを対象とした本格的なサービス提供を開始することを明らかにしました。FTX Japanはすでに金融庁へ「暗号資産交換業者」としての登録が完了しており、日本の顧客に向けた利便性の高いサービスを提供していくと語っています。

FTXは日本国内で、BTC、ETH、SOL、FTTなど幅広いデジタル資産のスポット取引やパーペチュアルなど、業界をリードするプロダクトとサービスを提供します。また、日本円の入出金手続きを迅速に行えるなど、優れたユーザビリティを特徴とします。

②FTXトークンとは

2-1.FTXトークンの概要

FTXトークンとは、仮想通貨取引所のFTXが発行した独自トークンで、取引所が設立された19年に発売されました。22年6月28日、FTXトークンを軸として構成される分散型組織「FTT DAO」が、FTXのサム・バンクマン・フリードCEOの支持者より約10億円(700万ドル)もの資金調達を行なったことが明らかになっています。

2-2. FTTの時価総額・ランキング

FTTの仮想通貨としての基本スペックは以下の通りです。

ティッカーシンボル FTT
現在の価格(22年7月1日現在) 約3,284.23円
時価総額 約4444.6億円
時価総額ランキング 21位
循環サプライ 約1.3億FTT
発行上限 約3.5億FTT

2-3. FTXトークンの特徴

①(FTX.comで)ステーキングができる

仮想通貨のステーキングとは、その仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、報酬が対象の仮想通貨で支払われる仕組みのことです。FTXトークンはFTX.comでステーキングが可能です。FTTの保有量に応じて報酬を得られるため、値上がり益であるキャピタルゲインだけでなくインカムゲインを狙うことも可能となっています。

②バーンにより供給がタイトになる仕組み

仮想通貨のバーンとは発行量の一部を消滅させることをいいます。流通市場から買い取ったり、運営元が保有している部分を一定期間ごとにバーンする仕組みが一般的です。バーンが行われると供給量が減少するため、需給が引き締められます。FTTは、FTX.comで発生した取引手数料の3分の1をFTTの実質的な買い戻しに使用し、それをバーンすることで流通量を減らしています。

③(FTX.comで)様々な保有特典を受けられる

FTXトークンはFTX.comの取引所トークンです。FTXトークンの保有者には特典が多く用意されています。

その一つとして、FTXトークンを保有しているとFTXでの売買手数料が割引されるという点があります。FTXトークンの保有数が多いほど手数料の割引率が大きく、最大で60%の割引を受けられます。FTXを利用する投資家にとって、大きなメリットとなっています。

その他にも、FTXトークンを保有するだけで、毎週「SRM」が無料で配布されるという特典もあります。SRMとは「Serum(セラム)」という分散型取引所のネイティブトークンです。Serumは、Solana(ソラナ)ブロックチェーン上で構築されたDEX(分散型取引所)で、集中型の仮想通貨取引所と同様の取引体験を実現します。Solana、及びSerumはFTX.com及びバンクマン氏が支援していることが知られており、SRMのエアドロップにつながっていると考えられています。

③FTXトークンの将来性

3-1.FTX Japanのローンチ

前述の通り、22年6月2日にFTXの日本法人であるFTX Japanがローンチされたことにより、日本での本格的なサービス提供がスタートしました。これを受けて、国内ユーザーのFTXトークンを購入できるようになっています。より多くの投資家がFTXトークンを保有するようになれば供給量が絞られてくるため、より価格が下落し難い状況になると期待されます。

3-2.Travalaとのパートナーシップ締結

FTXは22年4月8日、仮想通貨決済に対応している宿泊予約サービス「Travala.com」とパートナーシップを締結したことを明らかにしました。

今回の提携によって、Travala.comは新たにFTXトークンに対応することを発表しており、ユーザーは300万件を超える旅行プランにおいて、FTXトークンによる予約や決済ができるようになったということです。これを受けて、FTXトークンのユースケースが拡大したため、さらなる需要の増加が期待できるでしょう。

④4.まとめ

FTXトークンは世界規模でサービス展開を行なっている大手仮想通貨取引所FTXのネイティブトークンで、その信頼性および利便性の高さから、多くの投資家の人気を集めています。22年7月1日時点で、時価総額ランキングは21位に食い込んでいますが、FTX JapanのローンチやTravalaとのパートナーシップ締結によって、今後価格にさらにいい影響を与えることが予想されます。

保有するだけでさまざまなメリットがあるほか、将来性も十分にある仮想通貨となっているため、興味のある方はこの機会にFTX Japanで口座を開設して取引を行なってみるといいと思います。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12