人気NFTコレクションBAYC運営のYuga Labs、4.5億ドルの資金調達

人気NFTコレクションBored Ape Yacht Club(BAYC)を運営するYuga Labsは3月23日、シードラウンドで4.5億ドルの資金調達を発表した。本ラウンドにはAndreessen Horowitz(a16z)などが参加しており、40億ドルの評価額を得たとしている。

今回の資金調達はa16z以外にAnimoca Brands、LionTree、Sound Ventures、Thrive Capital、FTX、MoonPayなども参加しており、以前からNFTに関する企業への支援を進めるVCより注目を集めていた。

同社は、人気NFTコレクションBAYCの運営であるとともに、同様に人気NFTコレクションであるCryptoPunksのIPを取得したことでも知られている。他にもブロックチェーン事業を展開しており、近日中には大規模なメタバースプロジェクトである、Othersideの発表を予定している。

Yuga Labsは、3月17日にBAYCの独自トークン「ApeCoin(APE)」を発行していた。ApeCoinは、取引開始初日に数十億ドルの時価総額を記録している。

今回の資金調達で得た資金は、同社の成長を加速させるため、クリエイター、エンジニア、トレーダーという幅広い業種の人材採用、合弁事業への取り組み、パートナーシップの締結などへ利用するとのことだ。

Yuga Labsが手掛けるNFTコレクションは、BAYC以外にもMutant Ape Yacht Club(MAYC)などすでに市場で評価されているものが複数存在し、今後より注目を集めるだろうといわれている。

Quantum EconomicsのブロックチェーンリサーチディレクターであるAlexandre Lores氏は、「BAYCとMAYCのコミュニティは強固なものに成長した。ロレックスやランボルギーニのようなステータスシンボルとなっている。」とコメントしている。

【参照記事】Yuga Labs Closes $450 Million Seed Round of Funding, Valuing the Company at $4 Billion; Confirms Plans for Metaverse Project | Business Wire

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec