TAG

FXコラム

IG証券でノックアウトオプショントレード、使い勝手は?投資家の実体験を紹介

投資家の方のなかには、IG証券のノックアウトオプションに関心を持っている方もいるのではないでしょうか。ノックアウトオプションを目的にIG証券での口座開設をする方も多くいます。実際にどのような特徴や注意点があり、どんな人に向いているのでしょうか。そこで今回は投資家でもある筆者がノックアウトオプションを実際にトレードしてみた実体験をお伝えしたいと思います。ノックアウトオプションに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

FXコラム

2023年の投資戦略は?FXや米国株、ゴールドをプロトレーダーが解説

2022年は円安ドル高となり、FXで利益を出したFX投資家は多いのではないでしょうか。2022年もあと1ヶ月弱となりました。2023年に向けて、FXだけでなく、投資戦略全般を見直す時期です。そこで今回はプロトレーダーである筆者が、FXと他の商品の関係性に触れながら、2023年のポートフォリオをどのように考えていくべきなのかを解説していきます。

FXコラム

ドルのトレンド変化で組み入れるべき資産は?ゴールド投資ができるFX会社も解説

2022年10月現在、ドル高が続いています。アメリカの利上げは、来年には止まるとの予想が多くなっています。ドル高が終了に備えて、ポートフォリオの調整を検討している方は、多いのではないでしょうか。そこで今回はプロトレーダーである筆者が、ゴールドを中心に、ドル高のトレンド変化に備えて、保有を検討したい資産について解説します。

SDGs

シンガポールのグリーンテックNature’s Vault、Polygonとの提携で金鉱床のトークン化へ

ESGファイナンスプラットフォームの構築を推進するグリーンテック企業Nature’s Vaultは、Polygonネットワークと提携し、未採掘の金鉱床をトークン化することで、地質科学的に定量とされる自然資源を保護するプロジェクトを発足した。

マンション投資

不動産投資がインフレ・円安の対策にならない事例とは?原因や対策も

不動産投資は実物資産への投資の一種であるため、インフレや円安への対策の一つとして投資をおこなう方も少なくありません。しかし、不動産投資を適切におこなわなければ、インフレ対策として期待通りの効果が出ないケースも考えられます。また、為替相場は日本国内のインフレのみの影響で動くわけではないため、不動産投資では円安対策の効果が発揮されない局面もあることに留意しておいたほうがよいでしょう。今回はインフレ・円安対策にならない不動産投資として考えられる事例と、それぞれの対策を紹介していきます。

投資信託コラム

利上げ局面で投資信託を選ぶポイントは?景気減速で投資するコツを解説

2022年のこれまでの株式市場は非常に苦戦を強いられています。年初来よりか世界株式が下落している主な理由は、ロシア・ウクライナ間の紛争により加速したインフレーション及びそれに伴う各国中央銀行の利上げの加速です。今後も中央銀行の利上げにより金利が上昇していく環境下では、景気減速が懸念され株式市場に対して逆風が続くことが想定されます。今回は、逆風の中での投資信託を選び方やポイントについて解説します。

投資信託コラム

2022年注目の業界は?関連セクターに投資できる人気ファンド5本も紹介

2022年はロシアによるウクライナ侵攻による世界情勢の変調、インフレの加速や原油など資源価格の高騰や米国の利上げなど2021年とは異なる様々な市場環境の変化が起こっています。不透明感を増す中で、新型コロナウイルスによる経済悪化からの回復局面により堅調であった株価も、足元はパフォーマンスが伸び悩んでいます。このような状況を踏まえて、今後投資をおこなううえでヒントとなる注目のセクターや、そのセクターに投資できる人気ファンドを紹介していきます。

株式投資コラム

コモディティ投資に強い証券会社は?取扱商品・手数料・ツール・評判で比較

コモディティ投資とは、貴金属、資源、農産物などの商品を対象として投資を行うことです。株式投資や投資信託などと並行して行えば、リスク分散やインフレ対策になるため、注目している方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、コモディティ投資を始めるのに適した証券会社をご紹介します。また、コモディティ投資の特徴についても詳しく解説するので、未経験者の方や新たに証券口座の解説を検討している方は参考にしてみてください。

投資信託コラム

金(ゴールド)に投資できる投資信託・ETFのおすすめは?特徴やファンド比較

実物資産で需要の高い金は、相場急変時のリスク対策や分散投資先としてよく利用されていますが、現物保有は盗難や紛失のリスクを伴います。一方、金価格に連動する投資信託やETFは少額から購入できる上、金投資のメリットをそのまま享受できるため、初心者の方でも始めやすいのが特徴です。

この記事では、金投資のメリット、金に投資できる投資信託・ETFの種類、金投資の可能な証券会社について詳しくご紹介します。少額から可能な金投資に関心のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

金・貴金属のETF、メリット・デメリットは?銘柄の価格や純資産額も

金や銀など貴金属現物への投資は、保管コストの発生や取引手数料が高いなどの理由で敬遠している方もいるでしょう。しかし、貴金属ETFならより手軽かつ少額から貴金属に投資することができます。

今回は金、銀、プラチナ、パラジウムといった貴金属の価格に連動するETFに投資するメリット・デメリットや、主な対象銘柄を紹介します。

投資信託

SBI証券、金・銀・プラチナ取引手数料引き下げ。キャッシュバックキャンペーンも

株式会社SBI証券は金・銀・プラチナの取引手数料を、7月1日から約定代金の1.65%(税込)に引き下げる。現行の手数料は約定代金の2.2%(同)で、約定代金1.65%の取引手数料は業界最低水準。引き下げ後の取引手数料は、スポット取引については7月1日午前8時半以降の約定分から、積立取引については午前8時以降の約定分(6月25日以降の積立設定分)から適用される。

FXコラム

コモディティの変動要因は?通貨との関係性や取引のリスク、注意点も

世の中にある代表的な資産は株、債券、不動産、商品(コモディティ)、通貨の5つです。この中で通貨だけは特徴が異なり、自国通貨や外国通貨を資産として保有するという目的以外に、他の4つの資産を取得する際に為替という形で関係してくることがあります。例えば、日本人が外国にある株・債券・不動産や、米ドル建てで取引される商品(コモディティ)を購入する場合、円からその国の通貨に交換(為替)をしなければなりません。今回は、コモディティと通貨の関連性に絞って、詳しく解説していきます。

投資信託コラム

金(ゴールド)投資信託のメリット・デメリットは?購入可能な証券会社も

昔から資産価値が高いものとして扱われてきた金は、投資対象として有名です。ですが、どのように金に投資すればいいかわからない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、比較的手軽に金に投資できる投資信託と購入できる証券会社を紹介したいと思います。

投資信託コラム

NISAでおすすめの投資信託は?運用実績・分配金利回りなどから検証

NISAは幅広い銘柄に投資でき、値上がりが期待できる投資信託への投資も可能です。NISA対象の投資信託は多く、証券会社により異なるものの2,500本以上存在するため、どの銘柄に投資して良いか迷ってしまいます。そこで今回は、運用実績、分配金、市況の3面から、NISAでの運用に向いた投資信託をご紹介します。

仮想通貨コラム

安全資産として存在感増すビットコイン、その特徴と投資する際の注意点について解説

2020年2月以降の新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界的な株価暴落の影響を受けてビットコインは85万円から45万円付近まで急落しました。しかし、コインチェックの調査によると、大幅下落をチャンスと見て暗号資産を購入するユーザーが多かったことがわかっています。さらに、コロナショック以降に購入された暗号資産のうち、コインチェックで最も多く購入されたのはビットコインであることが分かっており、ビットコインが安全資産としてみられている可能性が示されています。そこでここでは、ビットコインの特徴について、また投資の際の注意点について詳しく解説します。