DMM Bitcoin、コモディティトークン「ジパングコイン(ZPG)」を取り扱い開始

DMM Bitcoinは7月13日、現物取引及びレバレッジ取引において新たに「ジパングコイン(ZPG)」の取扱いを開始している。

ジパングコイン(ZPG)は、三井物産デジタルコモディティーズが発行する暗号資産。ジパングコイン(ZPG)は、インフレヘッジ機能など金(ゴールド)の特性を備え、デジタル化による利便性と小口化を実現した国内初のデジタルゴールドといえる暗号資産であり、概ね金(ゴールド)価格に連動することを目指すとしている。

対象サービス:暗号資産現物取引

追加銘柄 ZPG/JPY
最小発注数量 0.1 ZPG
最大発注数量 100 ZPG

対象サービス:暗号資産レバレッジ取引

追加銘柄 ZPG/JPY
最小発注数量 1 ZPG
最大発注数量 500 ZPG
保有制限数量(最大保有ポジション) 3,000 ZPG

【参照記事】DMM Bitcoin初のコモディティトークン!ジパングコイン(ZPG)取扱い開始日決定のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。