TAG DMM Bitcoin

仮想通貨コラム

第一種金融商品取引業者とは?登録済みの暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所をチェックしておこう

2020年5月1日、改正金融商品取引法が施行されました。この改正に伴って、暗号資産のデリバティブ取引は「金融商品取引法」の規制対象となりました。暗号資産のレバレッジ取引や先物取引を提供する事業者は「第一種金融商品取引業者」として登録をする必要があります。

仮想通貨コラム

【改正資金決済法対応】 顧客資産の95%以上をコールドウォレットで管理している仮想通貨取引所を紹介

2020年5月に施行された改正資金決済法により、仮想通貨交換業者は「業務の円滑な遂行等のために必要なものを除き、顧客の仮想通貨を信頼性の高い方法で管理すること」が義務づけられました。金融庁の事前通達を受けて、既に多くの取引所が新たな規定に対応し、声明を出しています。

仮想通貨コラム

投資初心者が簡単にビットコインを売買できる、おすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

ビットコインは2020年5月に4年に1度の半減期を迎えました。国内の仮想通貨マーケットは盛り上がりに欠けていますが、海外では再び関心が高まっています。ここでは、今改めて注目されているビットコイン投資についてご説明します。またHEDGE GUIDE編集部が厳選する、投資初心者が簡単にビットコインを売買できる仮想通貨取引所・販売所を3社ピックアップします。ビットコインへの投資判断の一助になれば幸いです。是非チェックしてみてください。

仮想通貨コラム

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

半減期を迎えたビットコインの価格動向はますます注目されています。特に価格が乱高下する時期においては、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えるレバレッジ取引の取引機会も増えるでしょう。ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選する、仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所を3つピックアップします。

ヘッジ0仮想通貨コラム

暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用!リスクヘッジ方法について解説

仮想通貨建ての取引を行うときの注意点とリスク管理方法について解説していきます。また、証券会社を経て、仮想通貨取引所でトレーディング業務に従事した筆者が仮想通貨同士のペアで取引をすることをおすすめする理由についてご説明します。

仮想通貨コラム

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

bitFlyerとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、取扱通貨を徹底比較!

bitFlyerとDMM Bitcoinはどちらも知名度の高い日本国内の大手仮想通貨取引所です。bitFlyerは国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている信頼度の高い取引所です。DMM Bitcoinもまた、国内大手のインターネット企業のグループであり、FXサービスを提供してきた実績があります。

仮想通貨コラム

CoincheckとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

CoincheckとDMM Bitcoinはどちらも国内で人気の高い仮想通貨取引所です。2012年に設立されたCoincheckはユニークなサービスを次々とリリースして仮想通貨業界をリードしてきたため、多くのユーザーに支持されています。一方でDMM Bitcoinは2018年1月に取引サービスをスタートしましたが、後発ながら金融ノウハウを活かした高機能な取引機能で着実に利用者を獲得しています。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありがら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。グループでは電子書籍から、FX事業まで幅広いジャンルで事業展開しており、その中に仮想通貨事業を展開するDMM Bitcoinがあります。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引(仮想通貨FX)って本当に危険?知っておきたいリスク管理方法について解説

仮想通貨の取引方法には現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は「仮想通貨FX」とも呼ばれ、取引所に証拠金を預け入れ、その数倍の資金を使って仮想通貨を売買できます。取引できる金額が大きいため大きなリターンを狙うことが可能ですが、反対に元手資金以上の損失が発生するリスクもあります。これが「レバレッジ取引は危ない」と感じさせる理由です。

レバレッジ取引でリスクを少しでも軽減するためにも、適切な建玉(ポジション)管理や、ストップ注文の設定、証拠金維持率など各取引所のルールを把握しておくことが大切です。そこで今回は、仮想通貨のレバレッジ取引の基本的な仕組み、証拠金維持率について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引をするならbitFlyer Lightningがおすすめ?注目の仮想通貨取引所3社と徹底比較!

仮想通貨の投資手段には、実際に仮想通貨を売買して資産の値上がり幅からキャピタルゲインを得る「現物取引」と、証拠金を預け入れて投資資金の数倍の金額で売買できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX)」があります。仮想通貨取引所の中にはレバレッジ取引を取り入れる企業も増えてきています。ここではbitFlyer のレバレッジ取引について、Hedge Guideが厳選する3つの仮想通貨取引所と比較しながら解説致します。これから仮想通貨のレバレッジ取引に挑戦したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨のレバレッジ取引の手数料は何種類あるの?スワップ手数料について解説

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジションがあり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。さまざまな取引所でレバレッジ取引が提供されていますが、ポジションを保有するのにかかるスワップ手数料や、bitFlyerのSFDなど、レバレッジ取引に特有の手数料について難解に感じる方もいらっしゃると思います。ここではレバレッジ取引にかかる手数料について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

販売所ならおススメはどこ?仮想通貨交換業者5社の機能やサービスなど徹底比較!

ビットコインなどの仮想通貨を購入したいと考えた一般投資家の中には、専門用語が難解だったり、取引所の注文方法に煩わしさを感じたり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨交換業者は、そうしたユーザーが簡単に売買できるように「販売所」を用意しています。

ここでは仮想通貨投資を始める時に便利な「販売所」についてご説明します。また代表的な仮想通貨交換業者5社が提供している販売所について、機能やサービス、条件の違いなどを徹底比較していきます。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選!比較表で徹底解説

仮想通貨取引には、実際に仮想通貨を売買してキャピタルゲインを得る「現物取引」と、一定額の証拠金(保証金)を取引所に預け入れることで投資資金の数倍の金額で取引できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX:証拠金取引)」があります。仮想通貨のレバレッジ取引では、ロング(買い)ポジションだけでなくショート(売り)ポジションも取れるので、値上がり・値下がりの双方で利益を狙う戦略的な投資が可能です。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引におすすめする3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資を始めるなら「取引所方式」より「販売所方式」の方が利用のハードルが低い?その理由とは

仮想通貨取引所の多くが「取引所方式」と「販売所方式」の2種類の取引サービスを提供しています。仮想通貨投資を始める方の多くは、「とりあえずビットコインを購入したい」、「とにかく簡単に売買できる取引所を探したい」と考えるのではないでしょうか。そういったニーズに適した取引方法が「販売所方式」です。ここでは、仮想通貨取引所が提供する販売所方式について、取引所方式との違い、メリットやデメリット、手数料設計などを詳しく解説します。