【国内初】DMM Bitcoinに上場したチリーズ(CHZ)とは?

今回は、チリーズ(CHZ)について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinは9月21日、チリーズ(CHZ)の取扱を開始しました。

チリーズが国内の仮想通貨取引所に上場するのは今回が初ということもあり、チリーズの概要から特徴まで、またチリーズがどのような理由で購入されるのかなどといった点をデータや有識者の声を参考に解説して行きたいと思います。

①チリーズ(CHZ)とは?

CHZ 1

1-1.チリーズの概要

チリーズ(CHZ)は、スポーツに熱狂的なファンが自分のお気に入りのチームで貴重な体験をすることを可能にする仮想通貨です。トークン化を通じて、スポーツ、スポーツクラブ、及び世界中のスポーツファンたちが能動的に交流できる場を設けるという試みがあります。

プロジェクトは、スポーツ・ファンエンゲージメント・プラットフォーム「Socios.com」を通じて、関連アプリやファントークンを提供しています。Socios.comのトップページにはリオネル・メッシが採用されるなど、運営もプロジェクトに力を入れているのが伺えます。

CHZ 2

1-2.プロジェクトの目的

2018年にマルタで設立されたプロジェクト目標は、能動的なファンと受動的なファンの間のギャップを埋め、世界中の何百万人もののスポーツやeスポーツのファンにお気に入りのスポーツチームやeスポーツ クラブのファントークンを提供することでした。

他にもブロックチェーンとスポーツを掛け合わせ、世界中のスポーツファンがお気に入りのスポーツチームと関わる機会を増やし、最終的には収益化へと繋げることを目的としています。

収益化する具体的な方法として、ファントークン、サイトやアプリなどを活用していきます。

1-3.チリーズの特徴、メリット

チリーズの特徴やメリットは主に2つあります。

1つ目は、CHZを購入、増やす手段が複数あることです。現段階だと取引所やアプリのSocios.comで購入することが出来ます。Socios.comではクレジットカードもしくはデビットカードでも支払い可能なため初期ユーザーも参入しやすい設計となっている点も特徴です。CHZはSocios.comアプリ内のサービスであるトークンハントで増やすことも出来ます。これは、自身の位置情報とリンクされた携帯画面を見ながらトークンを拾っていくというゲーム感覚で楽しく増やすことができます。

2つ目は、ファントークンを通じて、自分のお気に入りのチームの新しいユニフォームのデザイン、お祝いの歌、スタジアムの名前、場合によってはスターティング ラインナップの決定など、チームが提示する決定に所有者が影響を与えることもできます。

ファントークンが誕生したことにより、スポーツファンは今まで関与出来なかった部分にまで関与ができるようになることで自分が興味のあるスポーツチームとより近い関係を築くことが出来るため、今まで以上にエキサイティングに楽しむことが出来るようになりました。

チリーズは、2022年8月現在、約150のスポーツチームと連携し、ファントークンを提供しています。提携チームにはFCバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、ASローマ、ガラタサライ、アトレティコ・マドリードなどの有名クラブも存在します。

CHZ 3

②チリーズ(CHZ)トークンについて

2-1.トークンの概要

通貨(トークン名) チリーズ(CHZ)
ブロックチェーン Chiliz
時価総額 ¥178,003,791,521.22(2022年9月2日現在)
総供給量 8,888,888,888 CHZ

CHZは2018年に登場し、ファントークンはSocios.comで2019 年後半に初めて開始され、初めてのファントークンはイタリアのサッカーチーム ユベントス ($JUV) でした。

また、CHZ tokenは既に大手取引所にも上場しており、時価総額ランキングも高い位置にある事から人気のトークンの一つとなっています。

2-2.ユースケース

チリーズにおけるユースケースは具体的にどのようなものがあるのか解説していきます。

CHZ は、何百万人というスポーツのファンにお気に入りのサッカー クラブなどに直接投票権を与えるコインです。ファンークンを購入する方法にはSocios.com プラットフォームにアクセスすることで、CHZ で購入することが出来ます。

Socios.comにて活動するスポーツチームはファントークンを作成する事も可能になります。トークンを取得したファンは、Socios パートナーとなったチームが実施する投票に投票することで、投票権を行使することができます。実際の例を挙げると、サッカークラブのユベントスFCでは、チームがゴールを決めた際に再生されるお祝いの歌をトークン所有者で決定しました。また、ファントークン(PSG)を保持するパリ サンジェルマンのファンは、試合中にキャプテンの腕章に書かれるメッセージをファン同士で決める等色々なところで利用されています。

次にChiliz Exchange(暗号通貨取引所)にてユーザーは主要なファントークンを取引することが出来ます。取引所で注文するたびに取引手数料がかかりますが、世界の主要取引所の場合この値が平均約 0.10% ~ 0.15%でChiliz Exchangeの場合約0.20%となり他の取引所と比較すると少し割高となっています。また、取引所でファントークンを取引し使用することでクラブチームなどから特典グッズやVIP招待を受け取ることもできます。

その他にも、チリーズ Blockchain Campus では、マルタに2,000 平方メートル以上のスペースとなるメンバーへのサービスとサポート専用オフィスを提供しています。CHZ はメンバーシップの支払い方法やキャンパス内の他のサービスにアクセスするためにも使用されています。

CHZ 4

最後にSocios.com プラットフォーム上で行われるすべてのトランザクションに対して少額の手数料をユーザーに請求することで収益を得ています。請求(取引手数料)は全てCHZで支払われます。ただし、ファンが希望するチームまたはイベントなどについての投票および決定を下す際は無料になります。

③日本の取引所に上場した理由

3-1.なぜチリーズは買われるのか

チリーズが注目されている理由としてまず「暗号通貨とスポーツを組み合わせ」という点であり、ファンとチームの繋がりがより近い位置になるという点が挙げられます。

また、チリーズは既に世界で有名なビッククラブと提携を組んでいることもあり、チリーズが世界中のクラブファンに保有されるトークンであるという点も買われている理由の一つでしょう。

3-2.購入者データから見る考察

ここでは実際にCHZ購入者のデータを用いて、個人的な意見と有識者の声を参考にまとめていきたいと思います。
Holder
上記はホルダー数を表しているデータになります。現在のホルダー数は約15万人、大きく減少することは無く少しづつではありますが右肩上がり傾向にあります。

Active
次にアクティブアドレス数を表しているデータです。直近3ヶ月で-21.76%と減少していることから今後長期で保有するという考えの人が多いことが表れている可能性があります。

TX
最後に取引回数を表しているデータを上記で示しています。取引回数も直近3ヶ月だと上昇傾向にあり、下落相場の現在でも需要が高いことが伺えます。現在のような仮想通貨市場の下落相場の中でも、着実に数字を伸ばしておりユーザーの離脱率が低いこと、長期で保有している人が多いということはチリーズにとって好材料と考えられるでしょう。

ただ、上記は一部のデータに過ぎず、上記のみでは判断できないため、今後の公式や市場の情報を追っていく必要もあります。

3-3.将来性

時価総額も40位前後(2022年9月4日現在)とかなり高い銘柄であるため、ここから数十倍〜数百倍取るというのは厳しいと言えます。しかし、ヨーロッパの有名サッカークラブだけに限らず、世界中のスポーツチームがチリーズを活用しチリーズが世界に広まった時には面白くなると予想されます。

ここからチリーズがどのようにユーザーを獲得していくのか、世界中のスポーツチームをどのように巻き込んでいくのか注目していくといいでしょう。

④まとめ

ここまでチリーズの概要からユースケース、なぜチリーズに需要があるかなどの考察をまとめてきました。暗号通貨を通して自分のお気に入りのスポーツチームを応援、投票できる社会へとなってきています。チリーズに興味ある方はDMM Bitcoinで口座開設をして投資を検討されてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12