IG証券でノックアウトオプショントレード、使い勝手は?投資家の実体験を紹介

投資家の方のなかには、IG証券のノックアウトオプションに関心を持っている方もいるのではないでしょうか。ノックアウトオプションを目的にIG証券での口座開設をする方も多くいます。

実際にどのような特徴や注意点があり、どんな人に向いているのでしょうか。そこで今回は投資家でもある筆者がノックアウトオプションを実際にトレードしてみた実体験をお伝えしたいと思います。

ノックアウトオプションに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. IG証券のノックアウトオプションとは
  2. ノックアウトオプションの4つの特徴
  3. IG証券のノックアウトオプションをトレードする際に必要な取引コスト
  4. 実際にIG証券でノックアウトオプショントレードしてみた
    4-1.注文画面へ遷移
    4-2.注文内容を確認する
    4-3.ノックアウトオプショントレードで利益を出すことに成功
  5. トレードを体験して感じたメリット・デメリット
  6. ノックアウトオプションに向いている投資家の特徴
  7. IG証券のノックアウトオプションに関する評判
  8. IG証券のノックアウトオプションに関するよくある質問
    8-1.ノックアウトオプションの最低金額
    8-2.ノックアウト価格は注文後に変更できない
    8-3.ノックアウトオプションでトレードできる銘柄
  9. まとめ

1.IG証券のノックアウトオプションとは

最初に今回IG証券でトレードする「ノックアウトオプション」について簡単に説明していきます。ノックアウトオプションとは、「設定したノックアウト価格で自動決済されるオプション取引」のことを指します。本当に簡単にいうと「損切りラインを設定して発注するトレード」です。

IG証券ノックアウトオプションでトレードできる銘柄例は以下の通りです。(2022年12月時点)

通貨ペア ドル/円、ユーロ/ドル、豪ドル/円など約100種類
株価指数 日経平均、NYダウ、S&P500など
コモディティ 原油、金など

ノックアウトオプションでは注文時にノックアウト価格(損切りラインのこと)を設定し、価格・為替レートがそのノックアウト価格に達したら自動で強制決済されます。

例えば、米ドル/円を1ドル=100円で買い、ノックアウト価格を99円に設定した場合、為替レートが99円に達したら自動で損切りが執行されます。ノックアウト価格(損切りライン)を事前に設定し、その損切りラインで必ず決済される点がノックアウトオプションの特徴の一つです。

2.ノックアウトオプションの4つの特徴

IG証券のノックアウトオプションの特徴は以下の4点です。

特徴 詳細
最大損失額が発注時にわかる 最大損失額はノックアウト価格とロット数(注文数量)により決まり、発注時に「オプション料」として注文画面に表示される
上昇相場だけでなく、下落相場でも利益を狙える ブル(上昇)だけでなくベア(下落)の買いポジションも持てるため、下落相場でも利益を出せる
FXよりも実質的に高レバレッジでトレードできる ノックアウト価格の設定によっては、実質的に何百倍ものレバレッジもかけることができる
少額でトレードできる 例えば米ドル/円・ユーロ/円※であれば1,500円程度あればトレードできる

ノックアウトオプションの最大の特徴は「最大損失額が発注時にわかる」という点です。最大損失額は発注時に「オプション料」として注文画面に表示されますので、必ずチェックしましょう(「オプション料=維持証拠金」です)。

また国内FX会社のレバレッジは規制により「最大25倍」までと決まっています。一方、ノックアウトオプションでは、(オプション取引のためレバレッジという概念はありませんが)少額のオプション料で大きな取引額をトレードすることができ、実質的にFXよりも高いレバレッジ倍率で取引することができます。

<ノックアウトオプションの注意点>
ノックアウトオプションでは発注時に指値・逆指値注文が使えず、成行注文しか利用できません。そのため、取引チャンスを常にうかがう必要があります(ただし、決済時には指値・逆指値注文も利用できます)。

また、ノックアウトオプションはオプション取引のため、決済期限(清算期限)が定められています。決済期限になると、ノックアウト価格の到達や指値・逆指値注文の有無に関わらず自動的に決済されますので、長期投資をしたい方は注意しましょう。

※1ドル=115円程度、1ユーロ=130円程度の場合

3.IG証券のノックアウトオプションをトレードする際に必要な取引コスト

IG証券でノックアウトオプションをトレードする際には、オプション料(維持証拠金)という取引コストが必要です。
IG証券ノックアウトオプションの取引コスト
オプション料は注文画面に表示されます。このオプション料が最大損失額であり、トレードに必要な金額になります。

4. IG証券でノックアウトオプションのトレードを実際にしてみた

ここからは実際にIG証券でノックアウトオプションをトレードした実体験をレポートしていきます。取引ツールの使い方も含めて説明していきます。

4-1.注文画面へ遷移

IG証券 注文画面へ遷移
ノックアウトオプションの注文画面は取引画面左側にある①「ノックアウト(KO)」をクリックし、該当の商品を右クリックしたあと、②「注文画面を開く」を選択すれば、注文画面に遷移することができます。ここでは米ドル/円の注文画面を開いてみます。
IG証券 注文画面へ遷移
米ドル/円の注文画面に移りました。注文方法はいたって簡単です。

  • 「ベア(下落)orブル(上昇)」
  • 「ノックアウト価格」
  • 「ロット数(1ロット=10,000通貨 最小0.5ロット)」

上記の3つを入力して④「注文確定」をクリックすれば発注することができます。必要に応じて逆指値(決済)や指値(決済)も入力しましょう。なお、エントリー時には成行注文しかできません。

4-2.注文内容を確認する

さて、筆者も米ドル/円をノックアウトオプションでトレードしました。注文内容は以下のとおりです。

<筆者の注文内容>

取引選択 筆者の注文
ベア(下落)orブル(上昇) ベア(下落)
ノックアウト価格 11460
ロット数 0.5ロット
約定レート 69.6
オプション料 3,480円

注文内容を確認する
注文直後の為替レート。切り下がっていると判断して、ベア(下落)で発注しました。オレンジ色の線がノックアウト価格のラインになります。

ベア(下落)なので、買値より為替レートが下落すれば利益が出ることになります。またオプション料は「3,480円」なので、最大でも3,480円の損失です。果たして結果はどうでしょうか。

4-3.ノックアウトオプショントレードで利益を出すことに成功

ノックアウトオプショントレードの結果は無事、利益を出すことができました。
ノックアウトオプショントレードで利益を出すことに成功
決済直前のチャート画面です。赤線が保有しているポジションのレート、オレンジ線がノックアウト価格、少し小さくて見えにくいですが、他より太い白線が現在のレートです。為替レートはずるっと下落しました。

トレードは+575円で利益確定をしました(コンビニでちょっと高めのアイスが2つ買えますね)。レートが急に下落し始めたため、決済をしました。

5.トレードを体験して感じたメリット・デメリット

実際にノックアウトオプションのトレードをして感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 最大損失額が事前に把握できる
  • 発注時にノックアウト価格(損切りライン)を設定するため分かりやすい
  • 成行注文しかできない

今回ノックアウトオプショントレードをしてみて、「最大損失額が事前に把握できる」というメリットを強く感じました。

ノックアウトオプションでは、「最大損失額=オプション料=維持証拠金」です。

そのため、画面上部の維持証拠金(オプション料)を見れば最大で損失したとしてもいくらなのかを一目で把握することができます。
IG証券 維持証拠金(オプション料)
筆者は「最悪でもこの金額損するだけだ」と心の準備ができ、冷静にトレードをすることができました。

また、「発注時にノックアウト価格(損切りライン)を設定する」点も分かりやすいと感じました。損切りが苦手な方でも“事前に決めたノックアウト価格で強制的に損切りされる”のはメリットに感じるのではないでしょうか。

取引ツールについても、直感的に使用することができ、個人的には使いやすいと感じました。テクニカル指標も30種類以上搭載しており、米雇用統計など各種イベントもチャート上にて表示することができます。

ただし、発注時には「成行注文しかできない」点はトレードの時間を確保しづらい方にとっては大きなデメリットに感じるかと思いました。筆者も取引チャンスを見計らってパソコン画面とにらめっこする時間があり「指値注文ができたら良いのに」と思いました。

また、FXの場合は取引単位が最低でも5,000通貨です。1,000通貨単位(なかには1通貨単位)で取引できるFX会社が多いなかで、少額トレードをしたい方にとってはデメリットに感じるだろうと思います。筆者も「もう少し取引単位を落として、少額でトレードしたい」と思いました。

6.ノックアウトオプションに向いている投資家の特徴

こうした筆者のトレードの実体験より、個人的には下記のポイントに当てはまる方はノックアウトオプションが向いていると考えます。

  • 最大損失額を確定して、冷静にトレードしたい方
  • 損切りが苦手な方
  • トレード時間をある程度確保できる方
  • (FXの場合)5,000通貨単位でも問題ない方

あくまで筆者の考えではありますが、ご参考にして頂ければ幸いです。

7.IG証券のノックアウトオプションに関する評判

筆者以外の感想も参考にすべく、IG証券のノックアウトオプションに関する評判を、口コミを通して見てきましょう。

  • ノックアウトオプションは約定や利益確定がスムーズで良い
  • 高レバレッジで追い証もない点がポイント。ポジションを長めに保有したいときなどに活用できる
  • ノックアウトオプションの画面は使いづらい
  • 資金の少ない人や損切りが苦手な人と相性が良い
  • 小さな資金で利益を狙えるため、資金効率がいい
  • ノックアウトオプション利用前に、基本的な金融知識を身につけてから取り組むのが良いと思う
  • エントリー時に成行注文だけでなく、指値注文もできるようになってほしい

※上記はすべて個人の感想です。ご自身でもよくお調べの上、利用の検討をして下さい。

上記の中で、「損切りが苦手な人と相性が良い」と「高レバレッジでトレードできる」という趣旨の口コミについて少し解説していきます。

7-1.損切りが苦手な人と相性が良いという評価がある

5.トレードを体験して感じたメリット・デメリットで私が感じたように、口コミでも「注文時にノックアウト価格という損切りラインを設定する必要のあるノックアウトオプションは、損切りが苦手な人と相性が良い」といった趣旨の声がありました。

ノックアウトオプションでは為替レートがノックアウト価格に達すると強制的に決済がなされます。そのため、そもそも損切りをするかどうか迷うことはありません。

トレードしていて、「損切りラインを事前に決めたは良いものの、いざ価格・レートが損切りラインに到達しても決済できない」という事態はよくあることです。ついつい「もう少し待ったら戻るかも」と思ってしまいます。しかし、損切りを引き延ばしてしまうと、どんどん含み損を増やしかねません。

その点、ノックアウトオプションは損切りラインであるノックアウト価格を設定しないと注文が出せないため、損切りに自信がない方でも自動的に損切りをすることができる仕組みになっています。

7-2.レバレッジかけたトレードを評価する声がある

2.ノックアウトオプションの4つの特徴でも触れたとおり、IG証券のノックアウトオプションは実質的にFXよりも高いレバレッジでトレードすることができます。そのため、投資に回せる資金が少ない方でも、一定の取引金額でトレードすることが可能です。

またノックアウト価格を設定した上で注文を出すため、オプション料以上の損失を出すことはありません。

ただそうはいっても高レバレッジでのトレードは入金額に対して損失額が積み重なって大きくなる恐れがあります。また人によっては「高レバレッジでしかトレードできない」というデメリットにもなり得ます。「気付いたら損失が重なっていた」という事態にならないように損益額や入金額の管理をしっかりしましょう。

8.IG証券のノックアウトオプションに関するよくある質問

最後にIG証券のノックアウトオプションに関するよくある質問をまとめてみました。疑問をなくした上で、ノックアウトオプションを利用するか検討しましょう。

8-1.ノックアウトオプションの最低金額

Q.ノックアウトオプションはいくらからトレードできますか?
A.米ドル/円やユーロ/円※であれば1,500円前後

ノックアウトオプションの必要資金(=オプション料)は通貨ペアやノックアウト価格の設定により異なります。

筆者が実際に調べたところ、主要な通貨ペアである米ドル/円やユーロ/円※であれば、最低でも1,500円前後用意できればトレードできました。トレードにあたり必要なオプション料は注文画面にて確認できます。

※1ドル=115円程度、1ユーロ=130円程度の場合

8-2.ノックアウト価格は注文後に変更できない

Q.ノックアウト価格は注文後に変更できますか?
A.変更できません

ノックアウト価格は注文後に変更できません。注文時にどのラインまで価格・レートが到達したら決済されても良いのかをよく考えておきましょう。

8-3.ノックアウトオプションでトレードできる銘柄

Q.ノックアウトオプションでトレードできる銘柄は何がありますか?
A.各種通貨ペアのほか、株価指数やコモディティ(商品)をトレードできます。

IG証券のノックアウトオプションでは以下の商品をトレードできます。(2022年12月時点)

種類 具体的な銘柄
通貨ペア 米ドル/円やユーロ/円といったメジャーな通貨ペアのほか、ユーロ/スウェーデン・クローナ、カナダドル/ノルウェー・クローネなど比較的マイナーな通貨ペアなど
株価指数 日本225(日経平均株価)や東京一部(TOPIX)、S&P500など
コモディティ(商品) 原油や金、銀、天然ガスなど

9.まとめ

今回はIG証券で実際にノックアウトオプションをトレードしてみた実体験を紹介してきました。ノックアウトオプションには「事前に最大損失額が把握できる」という大きなメリットがある一方で、「エントリー時には成行注文しかできない」などのデメリットもあります。

今回紹介した筆者の実体験を踏まえてノックアウトオプションを利用するかどうか、検討を進めてみてください。

興味のある方は、IG証券ノックアウトオプションの活用方法は?も参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
庄子 鮎

庄子 鮎

証券会社および求人広告会社を経て、2019年よりフリーライターに。証券会社時代では営業職に従事し、主に株式や投資信託、債券の販売を経験。また現在、投資家でもあり、FX・日本株・米国株などへ投資をしている。"どういう表現でどこまで説明すれば、より分かりやすくなるか"を意識し、解説していきます。