TAG 資産価値

ESG投資コラム

不動産投資におけるトレーサビリティはなぜ重要?不動産会社の取り組み事例も

不動産業界におけるトレーサビリティとしては、建造物に使用されている原材料と、投資物件の取引実績という二つの領域に対して注目されます。近年では取引の効率化などの目的でブロックチェーン技術を活用しようとする動きも見られますが、この技術が普及すればトレーサビリティの向上にもつながると期待されています。今回の記事では、不動産投資におけるトレーサビリティの重要性や推進事例についてみていきましょう。

投資・マネーコラム

アパートオーナーができる防犯対策は?費用対効果の高い6つの方法を解説

アパートの防犯対策は、住民がトラブルや犯罪に巻き込まれないために重要なポイントです。防犯対策をしっかりと行うことで入居率の改善や、資産価値の向上などの収益面でのメリットがあります。この記事では費用対効果の高い6つの防犯対策について紹介します。物件の防犯性を改善させたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

マンション投資

中古マンション投資に失敗してしまった原因は?リスク回避のポイントも

中古マンション投資はミドルリスクの投資方法ですが、中にはハイリスクな物件を購入してしまったり、トラブルが発生して所有していた投資用マンションを手放すといった事態に陥る人もいます。そこで今回のコラムでは、中古マンション投資に失敗した原因にスポットを当て、6つの失敗原因について解説します。また失敗リスクを回避するためのポイントについても紹介します。

マンション投資

岐阜で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?人口や家賃推移を検証

日本のほぼ中央に位置する岐阜県は、東海圏の中心都市である名古屋市に近く、関東にも関西にも行きやすいという特徴があります。こうした地理的条件のある岐阜県で不動産投資を始めるには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。今回のコラムでは、人口や地価、家賃の推移を検証しながらメリットとデメリットを解説していきます。

マンション投資

宮城県で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?人口や家賃推移を検証

東北地方の中心地である宮城県は、札仙広福の一つである仙台市が県庁所在地です。この仙台市を含めた宮城県で、不動産投資を始めるにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。そこで今回のコラムでは、宮城県で不動産投資を始めるメリットとデメリットを、人口や地価、家賃の推移、そのほかのデータを検証しながら紹介します。

投資・マネーコラム

空き家の売却で利用できる不動産一括査定サイトは?厳選3社を比較して紹介

日本国内では空き家が社会問題になっており、2015年5月には「空家等対策の推進に関する特別対策措置法」(空き家対策法)が全面施行されました。親から相続した住宅がそのまま老朽化していることもあり景観を乱すなどの問題があるため、「特定空き家」等に指定された場合、行政から改善、解体の指導、勧告がなされることになります。空き家を売却するには、専門的な知識を持った不動産会社の協力が重要なポイントになってきます。そこで今回のコラムでは、空き家の売却で利用したい3つの不動産一括査定サイトを比較して紹介します。

投資・マネーコラム

アパート経営で注意したい8つのリスクとは?失敗を回避する基本知識や対策も

アパート経営はアパートローンを活用することで、手元の現金資産が少ない方でも大きな運用を行うことができるメリットがあります。そこで今回のコラムでは、アパート経営で注意したい代表的な8つのリスクを紹介し、対策についても解説していきます。

マンション投資

マンション投資に失敗したらどうなる?5つの失敗事例からリスク対策を解説

マンション投資には空室や家賃下落、金利上昇などのリスクがいくつかあります。マンション投資に失敗した事例を見てみると、リスク対策を適切に取らなかったことが原因になっていることがあります。そこで今回のコラムでは、マンション投資の失敗事例を紹介し、失敗の原因やその対策法についても解説します。

マンション投資

投資用マンションの売却期間が長引いてしまう原因と対策は?売り時や価格設定のコツも

不動産投資を行ううえで出口戦略は重要なポイントです。しかし、投資用マンションをいざ売却しようとしても、計画通りの価格やスケジュールではなかなか売れないことがあります。この場合、原因を探り、適切な対策を取らないと、売却期間がさらに長引いてしまうことにもつながります。そこで今回のコラムでは、投資用マンションの売却期間が長引いてしまう3つの原因と、長引いてしまったときの対策法について解説していきます。

投資・マネーコラム

アパート経営で資産形成、メリット・デメリットは?初心者向けの注意点も

少子高齢化が進む現代の日本において、リタイア後を豊かに暮らすためにも資産形成は必要不可欠です。不動産を取得することもその資産形成術のひとつですが、アパート経営による資産形成には他の不動産にはないメリットがあります。そこで今回のコラムでは、アパート経営で資産形成をするメリットとデメリット、さらに注意点についても紹介します。

投資・マネーコラム

マンション売却のタイミングはいつ?7つの判断ポイントを解説

実物資産であるマンションは、景気の動向や不動産の需要と供給バランスなどによって価格が変動します。また、経年劣化によって時間経過とともに緩やかに資産性が失われているため、売却を検討しているのであれば適切なタイミングを推し測るのは重要なポイントとなります。そこで今回の記事では、マンション売却のタイミングを知る上で重要な判断のポイントについて解説していきます。

マンション投資

不動産投資ローン、地方銀行で組むメリット・デメリットは?融資基準も

賃貸用物件を購入する際に頼りになる不動産投資ローンは、各金融機関によって条件が大きく異なるためどの銀行のを利用するといいのか迷うものです。そこで今回のコラムでは、地方銀行にスポットを当て、不動産投資ローンを利用する際のメリットとデメリットを解説します。また融資に関する基準も紹介します。

国内不動産投資

東京都内で資産価値が「落ちやすい駅」「落ちにくい駅」は?リーウェイズがランキング公開

新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク、都心からの転出などで、自分の家の資産価値はどうなるのか、気になる人は多いだろう。不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」を開発・提供するリーウェイズ株式会社は5月25日、東京都内資産価値が「落ちやすい駅」「落ちにくい駅」のランキング比較を公開した。

マンション投資

リノベーションで蘇る?新しい形の築古マンション投資スタイル

マンションが築古になると、賃貸が付きにくくなったり、希望価格で売却できなかったりする可能性が出てきます。そのような時に物件の価値を上げ、賃貸ニーズを高めたり、売却価格を上げたりできる方法の一つにリノベーションがあります。この記事では投資用マンションをリノベーションをするメリットとデメリットを紹介します。

マンション投資

不動産投資での資産形成、初心者がまず見るべきポイントは?

不動産投資において、投資用不動産の取得にかかる費用の地域差は大きく、それは利回りにも影響を及ぼします。そのため、不動産の取得費用が高く利回りが低い都心よりも、費用が安い郊外の物件の方が良いと考える方も多いと思いますが、本当にそれで良いのでしょうか?今回は不動産投資で資産を形成するために必要な考え方について解説します。

マンション投資

マンション投資をする際に知っておきたい資産価値を見極める8つのポイント

マンションは資産価値で売却の際の価格が違ってきます。マンション投資では売却まであらかじめ考えておく必要があるため、資産価値はとても重要です。立地やマンションのグレード、造りによって資産価値が変わります。この記事ではマンション投資をする際に、物件の資産価値を見極めるポイントについてご紹介します。

マンション投資

ワンルーム投資物件を選ぶ際に知っておいた方が良い6つのポイント

ワンルーム投資を始める際は、頭金やローンをいくらにするか、出口戦略をどうするかなど、事前にシミュレーションを行い細かく検討する必要があります。また投資する物件が建つエリアや築年数、間取りなども慎重に検討した上で購入することが大切です。今回はワンルーム投資物件を選ぶ際に知っておいた方が良いポイントを6つご紹介します。

マンション投資

自宅なのに不動産投資にもなる?今話題のコンパクトマンションの3つの魅力

コンパクトマンションはここ数年で注目されてきているタイプのマンションで、広さは30㎡~50㎡程度とワンルームマンションよりも空間にゆとりがあり、立地も都心部を中心にアクセスの良い場所に建てられることが多いため、「職場から近いところに住みたい」「自宅で快適に過ごしたい」といったニーズを持った30代・40代の1人暮らしの方や子どもを持たない夫婦などに人気があります。

投資・マネーコラム

投資用マンションの鉄則「駅徒歩10分以内」の落とし穴とは?

マンション投資を行う場合は、需要の高い方が安定した家賃収入を得られるため、最低でも「駅徒歩10分以内」の物件を選ぶのが一般的です。しかし、「駅徒歩10分以内」が収益が出る物件であるということは保証されていません。そこで今回は、投資用マンションの鉄板とされている「駅徒歩10分以内」を選んだ場合の落とし穴について詳しく解説していきます。

マンション投資

現役FPが教える、将来の資産になる投資用マンションの3つのポイントは?

「こんなに安い価格でしか売れないのか・・・」売却時にそんなお悩みを抱えるマンションオーナーの方も少なくありません。
そこで今回は、将来の資産になる投資用マンションのポイントについて、資産運用の専門家である現役FP(ファイナンシャルプランナー)の視点から解説をしていきたいと思います。