TAG 賃貸需要

投資・マネーコラム

長野で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?人口や家賃推移を検証

国内で最も多い8つの県に隣接している長野県は、「海なし県」の1つでもあります。「日本のやね」とも呼ばれ、3000m級の山々が連なる山脈や盆地の形状などにより、地域ごとに気候が異なることも特徴です。今回のコラムでは、この長野県で不動産投資を始めるメリットとデメリットを、人口や家賃推移などのデータを用いて検証していきます。

マンション投資

北海道の不動産投資の特徴は?エリアごとの違いや積雪の対策、ランニングコストの目安も

北海道には都道府県別で8番目に多い約510万人が住んでおり、「不動産投資が成功するのか興味がある」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、この北海道で行う不動産投資の特徴について取り上げていきます。エリアごとの特徴のほか、注意するべき点として雪対策や習慣の違いなどにも焦点を当てていきます。

マンション投資

不動産投資は不景気に強い?人口推移や有効求人倍率から賃貸需要への影響を検証

不動産投資は、「不景気に強い」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。本記事では、「不動産投資は不景気に強い」と言えるのかどうかについて、不動産投資の運用収益の源である賃貸需要を分析し、有効求人倍率や人口移動との関係性から、その賃貸需要に与える影響を検証します。

マンション投資

沖縄で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?エリアの特徴や物件タイプも

沖縄県はマリンリゾートとして国内外からの観光客に人気のエリアです。また、暖かい気候や風土などに憧れて、移住する人もいます。そこで今回のコラムでは、沖縄県で不動産投資を始めるにはどのようなメリットとデメリットがあるのか、解説していきます。沖縄本島のエリアごとの特徴や、適している物件タイプも合わせて紹介します。

マンション投資

投資用マンションの賃貸需要を見極めるポイントは?エリアの家賃相場を調べる方法も

不動産投資を継続的に行うためには、物件の賃貸需要が将来的に維持できるのか見極めることが重要となります。そこで今回のコラムでは、賃貸需要を見極めるポイントについて解説していきます。またエリアの家賃相場を調べる方法も紹介します。

エイマックス天田浩平氏マンション投資

【社長インタビュー】個人で89戸を運用する不動産会社エイマックス天田浩平氏に聞く、中古マンション投資のポイントは?

長期で堅実に家賃収入を見込めるとして、東京23区に特化した中古区分マンションを専門に取り扱っている株式会社エイマックス(以下エイマックス)。会社設立2期目にして、年商は43億円、2022年2月末時点で管理物件の入居率は99.2%を実現しています。今回、HEDGE GUIDE編集部は、区分マンションの販売歴16年目になる、エイマックスの代表取締役である天田浩平さんにマンション投資の成功法則について伺いました。

投資・マネーコラム

アパート経営の賃貸需要を見極めるポイントは?エリアの家賃相場を調べる方法も

アパート経営における賃貸需要は、投資エリアでの人口と物件の供給数の比較によって慎重に判断する必要があります。そこで今回のコラムでは、アパート経営における賃貸需要の見極めポイントを解説していきます。また特定地域の家賃相場を調べる方法も紹介します。

マンション投資

中古マンション投資を検討しやすいエリアの特徴は?初心者向け4つのポイント

マンション投資を検討しているものの、新築と中古のどちらが自分に合っているのかわからないという人は多いのではないでしょうか。中古マンション投資が持つメリットやデメリット、投資を成功させやすいエリアの特徴について解説します。

マンション投資

東京23区の中古マンション投資のメリット・デメリットは?初心者向け3つのポイント

2022年1月時点、日本において少子高齢化が社会問題となっています。全国には将来的な人口減少が懸念されていますが、東京23区は他府県からの転入超過によって人口上昇傾向にあり、賃貸需要の増加が見込まれているエリアです。そこで今回のコラムでは、東京23区で中古マンションを用いた不動産投資を行う場合のメリットとデメリットを解説していきます。また投資初心者の方が注意しておきたいポイントを紹介します。

投資・マネーコラム

福岡でアパート経営を始めるメリット・デメリットは?人口・地価推移のデータも検証

全国の政令指定都市で5番目に人口が多い福岡市は、九州圏の中心都市です。人口の増加や地価も上昇も傾向にあり、全国の不動産投資家からも注目されているエリアの一つと言えます。そこで今回のコラムでは、人口や地価の推移も検証し、福岡市でアパート経営を始めるメリットとデメリットを解説していきます。世帯数の割合や年齢別転出入数などのデータも紹介します。

マンション投資

不動産投資に適したエリアは?人口推移のデータから都道府県別に検証

不動産投資を進める上でエリアを絞り込むためには、「なんとなく都心はリスクが低そうだから」などのイメージで選ぶのではなく、人口などの統計に基づいて判断することが必要です。この記事では、都道府県別の人口推移や所得などを検証します。

マンション投資

不動産投資に成功しやすい地域・エリアの見極め方は?東京と大阪の比較も

不動産投資で購入できる物件は日本各地にたくさんあるため、成功するためには何を基準にしてエリアを見極めればよいのか迷う人も多いのではないでしょうか。不動産投資のエリアを絞り込むためには、各自治体が発表している公的統計を参照して、判断の参考としてみましょう。この記事では、不動産投資で成功しやすいエリアの特長について解説するほか、東京都と大阪府とでデータを比較します。

投資・マネーコラム

アパート経営、都心と地方のどちらで始めるべき?メリット・デメリットの比較

アパート経営を始めるに当たって、悩みのひとつとなるのが「都心と地方のどちらで始めるべきか」ではないでしょうか。そこで今回の記事では、都心と地方のアパート経営にはどのようなメリットとデメリットがあるのか、紹介していきます。アパート経営は「立地が成功の鍵を握る」とも言われます。慎重に比較して検討してください。

マンション投資

マンション投資、1人暮らし世帯が多い都道府県は?エリアごとの特徴も

単身者向けのマンション投資は、価格の安さなどから自己資金を抑制した投資にメリットがあります。エリアの特徴と物件の特徴とが合わないと空室リスクが高まるため、エリア選定にあたっては、あらかじめ統計を確認することも重要になります。政府の統計を用いて1人暮らし世帯が多い都道府県の特徴や、要注意のリスクなどについて解説します。

マンション投資

東京の不動産投資、コロナ禍でも人口増加が多かった市区は?データで検証

不動産投資家の間でも、東京都内は最も人気が高いエリアです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大とリモートワークの普及に伴い、都心からの人口流出も報道されています。東京都の統計に基づいて、新型コロナウイルスの感染拡大の前後でエリアごとの人口推移を比較します。

マンション投資

オーナーチェンジ物件の注意点は?メリット・デメリットや購入前のチェックポイントも

オーナーチェンジ物件とは購入する際にすでに入居者がいる物件のことです。オーナーチェンジ物件を購入する際は一般の物件と異なる点に注意しなければならないことがあります。この記事では、オーナーチェンジ物件のメリットとデメリットを確認した上で、区分所有のオーナーチェンジ物件を購入する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

マンション投資

マンション投資と戸建投資の違いは?メリット・デメリットを比較

不動産投資を株やFXなどの投資と比べると、定期的な収入が得られ、現物資産が残るなどのメリットがある一方で、空室リスクや修繕リスク、金利リスクなどのデメリットがあります。本記事では、マンション投資と戸建投資の違いについて、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説していきます。

投資・マネーコラム

入居率の高いアパート経営のエリアは?人口や地価推移から賃貸需要を検証

アパートを長期的に運営して家賃収入を得るアパート経営では、現在の入居率だけでなく将来の入居率についても慎重に検討することが大切です。アパートの入居率を左右する賃貸需要は、立地するエリアに大きな影響を受けるといえます。本記事では、エリア別の賃貸住宅空き室率と人口、地価の統計データから、それらの関係性について検証します。

投資・マネーコラム

事務所やオフィス、テナントを高く売るには?事業用不動産売却の手順を解説

事業用物件はアパートやマンションのような居住用物件と比べて、景気により賃貸需要が増減しやすく、空室期間も長めになりやすいなどの特徴があります。この記事では、空きテナントの増加や事務所・オフィスの売却を検討している向けに、高く売る方法と注意点について詳しく解説するので、参考にしてみてください。