TAG 証拠金取引

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引、国内3社のスプレッド、アプリ、手数料など徹底比較【FXトレーダー向け】

さまざまな仮想通貨取引所がレバレッジ取引を提供されていますが、それぞれ取扱銘柄や、証拠金維持率、ポジション管理手数料などの設計や、注文機能、チャート、スプレッドなどの環境が異なります。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする3つの仮想通貨取引所のレバレッジ取引をご紹介します。

仮想通貨コラム

【トレーダーが実践中】テクニカル指標に“頼らない“仮想通貨の取引方法とは?

FXや株、仮想通貨のトレードにおいて、必勝法を探している人が多いのではないでしょうか。取引手法の学習自体は有意義かもしれませんが、もっと大事なことがあります。それが「リスクコントロール」です。今回は、筆者が現在、実際に仮想通貨取引で行っている方法について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨を売買する際に便利な注文方法まとめ。各社独自の注文方法も網羅!

近年、仮想通貨(暗号資産)市場の盛り上がりを受けて、投資をスタートした方も多いと思います。仮想通貨取引所で利用できる注文方法には、従来のFX(外国為替証拠金取引)や株式で利用されていたものだけでなく、仮想通貨独自のものもあるため、投資初心者にとっては複雑に感じる方も多いでしょう。ここでは仮想通貨取引所で利用できる注文方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【仮想通貨のテクニカル分析を学ぼう!】トレーダーがボリンジャーバンドを利用する時に注意することとは?

仮想通貨市場は独特なので、テクニカル指標も使い方を調整する必要があると私は思っています。テクニカル指標の中でもメジャーなボリンジャーバンドを題材に、基礎的な使い方と仮想通貨市場に合わせた使い方に分けて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

楽天ウォレットとコインチェックはどっちが良い?機能や手数料・評判を徹底比較!

楽天ウォレットとコインチェックはどちらもユニークなサービスを提供している仮想通貨取引所です。2019年8月に仮想通貨取引ビジネスに参入した楽天ウォレットは、楽天スーパーポイントを利用できるなどグループ企業との連携を強みとしています。一方で2014年8月に運営をスタートしたコインチェックは、先駆的なサービスを次々と導入して多くの投資家から支持を集めてきました。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、楽天ウォレットとコインチェックでそれぞれどのようなことができるのか、分析していきましょう。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選!比較表で徹底解説

仮想通貨取引には、実際に仮想通貨を売買してキャピタルゲインを得る「現物取引」と、一定額の証拠金(保証金)を取引所に預け入れることで投資資金の数倍の金額で取引できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX:証拠金取引)」があります。仮想通貨のレバレッジ取引では、ロング(買い)ポジションだけでなくショート(売り)ポジションも取れるので、値上がり・値下がりの双方で利益を狙う戦略的な投資が可能です。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引におすすめする3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちらがおすすめ?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

株式投資コラム

CFD取引のメリット・デメリットは?投資の仕組みや手数料の安い証券会社も

株式投資やFXを行っている方なら、「CFD取引」という言葉を聞いたことがあると思いますが、どんな投資なのか理解している方は少ないかもしれません。そこで今回は、CFD投資の仕組みやメリット・デメリットを解説します。また、CFD取引を行うための手数料が安い証券会社も紹介しますので、参考にしてください。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】テクニカル指標:ボリンジャーバンド

今回ご紹介するテクニカル指標は「ボリンジャーバンド」です。ボリンジャーバンドは移動平均線と上下の線で表し、トレンドの勢いや変化の目安、そして相場の状態を見るための指標とされています。暗号資産FXでもこのボリンジャーバンドは重宝できるタイミングがあります。この記事では、ボリンジャーバンドの使い方を解説します。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説!】CME先物市場を利用する機関投資家とは?

アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でイーサリアムの先物商品が上場しており、話題を呼んでいます。暗号資産市場に機関投資家が参入する中で、CMEのビットコイン先物の取引高も増加する傾向が続いています。それでは、CMEとは一体どのような取引所なのか、そして機関投資家はどのような用途でCMEを利用しているのかを解説したいと思います。

高機能取引ツールが利用できるおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨取引所の中には、テクニカル分析に必要な機能を備えた高機能取引ツールを提供している企業があります。高機能取引ツールを利用することで、ユーザーは注文機能を駆使して売買のタイミングを管理したり、インジケーターを活用して…

仮想通貨コラム

コインチェックとビットフライヤーはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

ビットフライヤーとコインチェックはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

株式投資コラム

株式の先物取引とは?信用取引との違いやメリット・デメリットも

先物取引に対して、何となく危険というマイナスイメージだけが先行している方もいるでしょう。キャピタルゲイン狙いでも先物取引は行われますが、導入当時は現物の値下がりリスク回避が主な目的だったため、適切な知識を持って効果的に活用できればメリットは大きい手法です。今回は、先物取引の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

仮想通貨コラム

最短即日で始める暗号資産投資!コインチェックやbitFlyerなど取引所のスマホアプリ4つを紹介

暗号資産取引所のスマートフォン用取引アプリはどんどん進化しています。そうなってくると「結局、どこの取引所のアプリを使えば良いの?」と迷う方も多くいらっしゃいます。ここでは各暗号資産取引所のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

ビットコイン価格が下落しても利益を出せる「ショート(空売り)」とは?

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジション(空売り)があり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。ここでは暗号資産取引所bitFlyerでビットコインの空売りを行う方法について解説します。

仮想通貨コラム

販売所サービスでおすすめ取引所はどこ?仮想通貨交換業者4社の機能やサービスなど徹底比較!

そこで、ここでは仮想通貨投資を始める時に便利な「販売所」についてご説明しながら、代表的な仮想通貨交換業者4社が提供している販売所について、機能やサービス、条件の違いなどを徹底比較していきます。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

ビットコイン価格が下落していても利益を得ることができる暗号資産FXとは?

レバレッジ取引は、ビットコイン価格が下落していても利益を得ることができます。レバレッジ取引は1万円からでも利用できるので、少額から資産運用をしようとチャレンジする人も少なくありません。そこで、今回はレバレッジ取引についての解説をしながら、レバレッジ取引サービスを取り扱う暗号資産取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】DMM Bitcoinで暗号資産投資を始める方法:スマホで口座開設編

数ある暗号資産取引サービスの中でも、FX取引高7年連続世界No.1を誇るDMM Bitcoin証券を提供してきた実績のある企業グループが運営するのがDMM Bitcoinです。ここでは、スマホを使ったDMM Bitcoinの口座開設方法についてご説明します。なお、DMM Bitcoinを利用できるのは「日本国内に居住する20歳以上の方」のみとなっています。

仮想通貨コラム

スマホでできる暗号資産投資!Coincheck、GMOコイン、bitFlyerのサービスや機能を徹底解説

日常生活の中でパソコンを開いて取引所にアクセスすることが難しく、スマホアプリから簡単に暗号資産(仮想通貨)取引をしたいと考える方は多いのではないでしょうか。ここではスマホアプリのみで暗号資産投資ができる3社のサービスについて、特徴や取扱銘柄、機能などを解説します。