楽天ウォレットとCoincheckはどっちが良い?機能や手数料・評判を徹底比較!

ビットコインを始めとする暗号資産の価値が増加する中で仮想通貨交換業者間の競争が激化しており、ユーザーにとってますます便利なサービスが整ってきています。そうした中、楽天ウォレットとCoincheckはどちらもユニークなサービスを提供している仮想通貨取引所です。

2019年8月に仮想通貨取引ビジネスに参入した楽天ウォレットは、楽天スーパーポイントを利用できるなどグループ企業との連携を強みとしています。一方で2014年8月に運営をスタートしたCoincheckは、先駆的なサービスを次々と導入して多くの投資家から支持を集めてきました。

楽天ウォレットとCoincheckでは取引サービスの内容やオプション機能も異なります。アプリの使用感についても投資家の好みがあるため、自分にあった取引所を探して登録すると良いでしょう。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、楽天ウォレットとCoincheckでそれぞれどのようなことができるのか、分析していきましょう。

目次

  1. 楽天ウォレットの特徴・機能まとめ
    1-1. 現物取引と専用のスマホアプリ
    1-2. 最大レバレッジ2倍の証拠金取引
    1-3. 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる
  2. Coincheckの特徴・機能まとめ
    2-1. 国内最多!取扱仮想通貨は12種類
    2-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」
    2-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ
  3. bitFlyerと楽天ウォレットの取扱通貨・手数料を徹底比較!
    3-1. 取り扱い仮想通貨
    3-2. 各種手数料
  4. まとめ

①楽天ウォレットの特徴・機能まとめ

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
楽天ウォレットは、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。楽天グループの各種サービスと連携しており、楽天銀行口座を利用して最短即日で口座開設が可能です。ユーザーから預託した資産(顧客資産)は楽天グループの楽天信託が提供する信託口座で管理するなど、セキュリティや内部管理態勢も厳重に整備されています。楽天ウォレットでは、AI技術を活用した自動応答チャットサービスを提供しているので、操作に不慣れなユーザーも安心して利用できます。

1-1. 現物取引と専用のスマホアプリ

楽天ウォレットの取引サービスは基本的にスマートフォンアプリからアクセスします。現物取引は、販売所方式で3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を取り扱っています。最小購入数量は100円で少額から投資を始めることができます。24時間365日いつでも取引口座への法定通貨の入出金が可能なので、相場の急変時にも対応することができます。

1-2. 最大レバレッジ2倍の証拠金取引

レバレッジ取引は証拠金を預入れて自分の投資金額以上の仮想通貨を売買できる仮想通貨の売買が行えるサービスであり、差金決済によって経済効果分だけを円で受け渡す方法です。楽天ウォレットは2020年春からレバレッジ取引サービスを提供します。前述の3種類にライトコインとXRPを加えて、合計5つの取引ペア(BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPY)で証拠金の2倍までの取引が可能になります。証拠金取引では、条件注文(成行き、指値、逆指値、OCO、IFD、IFO)が利用できます。

1-3. 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる

楽天ウォレットでは、楽天市場や楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントを、仮想通貨に交換する「ポイント交換」サービスを提供しています。スマホアプリからポイントを交換することが可能で、楽天ウォレットが扱っている仮想通貨3種類、全てに対応しています。最低100ポイントから、1ポイント=1円相当として、仮想通貨への交換が可能です。毎月気軽にポイントを交換しながら、仮想通貨投資に取り組めます。

Rakuten wallet

②Coincheckの特徴・機能まとめ

Coincheck
Coincheckはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。Coincheckは直感的に使いやすいインターフェイスが特徴で、初心者でも取引サービスにスムーズにアクセスして仮想通貨を購入できるよう設計されています。特に、初心者でも理解しやすい同社アプリは、国内で多くの仮想通貨投資家を惹きつけた要因の一つと言われています。

2-1. 国内最多!取扱仮想通貨は12種類

Coincheckは「販売所」と「取引所」で仮想通貨の売買サービスを提供しています。取引所ではビットコインを、販売所では国内の仮想通貨取引所の中で最も多い12種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ネム、ファクトム、ステラルーメン、クアンタム)の銘柄を取り扱っています。また、それぞれの通貨を日本円だけでなく、ビットコインで購入することも可能です。

2-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」

Coincheckには自分が所有している仮想通貨を貸し出して最大年利5%を仮想通貨で獲得できる「貸仮想通貨サービス」があります。トレードをしなくても仮想通貨の保有量を確実に増やすことができるので、投資の初心者にとっておすすめのサービスです。

また、Coincheckは1万円から毎月定期的に仮想通貨投資が可能な「Coincheckつみたて」を提供しています。銀行口座からの日本円入金と仮想通貨の購入が自動かつ手数料無料で行われるため、相場に左右されずに投資できます。Coincheckつみたてはビットコインのみの対応ですが、対応通貨は順次拡大されていく予定となっています(2020年3月時点)。

2-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ

Coincheckのアプリでは仮想通貨の取引だけでなく、レンディングサービス、仮想通貨の自動積立てなどの各種サービスを利用できます。Coincheckでも人気のあるチャットサービスは、取扱通貨を含め23通貨毎のチャットスペースが用意されています。こうした取り組みもあって、Coincheckのアプリは2019年7月にアプリダウンロード数250万件を突破しています。2020年1月29日に、スマホアプリ上で本人確認が完結する「かんたん本人確認」が開始された点も便利な特徴です。

CC Chat
【引用元】:Coincheck 「【iOSアプリ】通貨別チャット機能をリリースしました

③楽天ウォレットとCoincheckの取扱通貨・手数料を徹底比較!

3-1. 取り扱い仮想通貨

楽天ウォレット Coincheck
販売所 ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ビットコイン
イーサリアム
XRP
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
リスク
イーサリアムクラシック
ファクトム
ネム
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
取引所 ビットコイン
レバレッジ取引 BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
XRP/JPY(リップル/円)
BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)
LTC/JPY(ライトコイン/円

3-2. 各種手数料

楽天ウォレット Coincheck
取引手数料 販売所:無料(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている) 取引所:無料
販売所:無料(実質的に数% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
最小注文数量(BTC) 100円相当 500円相当
日本円入金手数料 無料 無料(振込手数料はユーザー負担)
日本円出金手数料 一律300円 一律407円
仮想通貨出金手数料 0.001BTC
0.01ETH
0.01BCH
BTC:0.001BTC
ETH:0.01ETH
XRP:0.15XRP
ETC:0.001ETC
LSK:0.1LSK
FCT:0.1FCT
XEM:0.5XEM
LTC:0.001LTC
BCH:0.001BCH
MONA:0.001MONA
XLM:0.01XLM

※2020年3月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

④まとめ

楽天ウォレットは楽天グループの強みを生かしたサービスが特徴的です。楽天銀行の口座からスムーズに入金して、わずか100円から仮想通貨を購入できます。楽天スーパーポイントを使ってビットコインを含む仮想通貨を獲得できるので、これから仮想通貨投資を始めてみたい方にとって便利です。今後楽天ウォレットはレバレッジ取引にも対応するので、楽天スーパーポイントをレバレッジ取引の運用資金と決めて挑戦してみてはいかがでしょう。

Coincheckはアルトコインの取り扱いが多く、XRPやモナコインなど人気の通貨を500円から購入することができます。また便利な資産運用サービスを提供しており、特に12銘柄対応の「貸仮想通貨」は初心者に限らず仮想通貨の長期保有を決めている方にとって魅力的です。

楽天ウォレットもCoincheckも、スマホアプリはシンプルで初心者にとって分かりやすく設計されています。どちらのアプリも販売所で仮想通貨を売買でき、日本円入出金管理や、仮想通貨の送受金を一括管理できる点で共通しています。

どちらも口座開設はスマホアプリから無料で簡単にできるので、これを機に2つの取引所で口座を開設しておくこともおすすめです。アプリの使用感を確認しながら、ご自身の好みに合ったツールを選択して、仮想通貨投資に気楽に向き合っていくことも重要です。慣れてきたときにそれぞれ独自のサービスを使い分けても良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。