TAG 融資

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の実績・口コミ

シノケンは創業約30年の不動産投資会社で、販売実績5,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

マンション投資

公務員は不動産投資に向いている?副業の注意点も併せて解説

公務員の方には、副業が禁止されているために「不動産投資はできない」と誤解する方も多いのではないでしょうか。しかし実際には公務員こそ融資を受けやすいなどのメリットもあります。この記事では、不動産投資が公務員の方に適している理由や、副業に関するルール、不動産投資をできる条件、不動産投資を行う際の注意点などをご紹介します。

ESG投資

ロイズ・バンキング・グループ 英五大銀初となる新規石油・ガス田プロジェクト向け融資停止

英銀大手ロイズ・バンキング・グループは10月21日、新規の石油・ガス田開発へのプロジェクトファイナンスおよびリザーブ・ベース・レンディング(石油・ガスの埋蔵量を担保とした融資)を行わない方針を明らかにした。英国の五大銀行で初となる。

投資・マネーコラム

不動産投資の融資を日本政策金融公庫で受ける方法は?メリット・デメリットも

不動産投資に対してはさまざまな金融機関が融資をおこなっていますが、融資条件や審査の厳しさは金融機関によって大きく異なります。今回は日本政策金融公庫の融資の特徴や、メリット及びデメリット、そして融資を受けるうえでのポイントを紹介します。

株式投資コラム

不動産投資と株式投資の両方を始めるのに必要な資金は?リスク回避の注意点も

資産運用の方法は様々ですが、中でも不動産投資と株式投資はポピュラーな投資方法です。いくらあれば投資できるのか、現在の自分の貯金は投資するのに十分なのかと考える方も多いのではないでしょうか。 本記事では、不動産投資と株式投…

マンション投資

不動産投資ローンを組んだ後に転職しても大丈夫?融資審査で必要な勤続年数の目安も

会社員が不動産投資ローンを組む時には、年収水準のほか、今の企業の勤続年数が審査に加味される傾向があります。そのため、転職直後にはローンを組みづらくなってしまう可能性があります。今回の記事では不動産ローンの審査を踏まえた転職可能なタイミングや、融資審査で求められる勤続年数の目安などを紹介していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資、サラリーマンはいくらまで融資可能?属性を改善するコツも

キャッシュフローを増やし空室リスクを軽減させる目的で、複数の部屋を購入したり一棟丸ごと購入したりするのは有効な手段です。そのため30代・40代の会社員の方でも複数の投資用不動産を資産運用しているケースも少なくありません。…

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの金利を低く借りるには?融資の5つのポイント

投資用マンションを始めとした不動産価格は高値圏を維持していますが、家賃収入は不動産価格ほど大きくは上昇しないため、不動産投資の利回りは低い水準にあります。利回りが低いにも関わらず、なぜ不動産投資のニーズがなくならないかと…

投資・マネーコラム

不動産投資ローンを借り換えるメリット・デメリットは?借り換え手数料も解説

不動産投資を効率化する方法として「ローン借り換え」があります。要は、不動産投資ローンを借り換えることで収益の改善を行い、不動産投資を効率化するということです。そこでこの記事では、ローン借り換えに関するメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの審査が通らない原因は?4つの理由と対策を解説

不動産投資を始める際に、自己資金だけで不動産投資用の物件を購入できる人は少数です。購入する金額が高額となるため、多くの方は融資を受けて不動産物件を購入することになります。そこで、不動産の融資が受けられない場合の4つの特徴と融資の対策をここでお伝えしていきます。不動産投資の融資に悩む方はご参考下さい。

マンション投資

不動産投資ローンの提携金融機関が多い不動産会社は?7社を比較

不動産投資会社を選ぶ際は、提携している金融機関や提携金融機関数について確認することについても重要なポイントになってきます。そこで今回のコラムでは、7社の不動産投資会社について、提携ローンを取り扱っている金融機関の数を比較しながら紹介していきます。

ESG投資

英中銀、気候変動リスクは今後30年で英大手金融機関に最大55兆円の損失を生むと推計

英中央銀行のイングランド銀行、気候変動が同国の大手金融機関に与えるリスクを測るストレステスト(健全性審査)の結果を初めて公表した(*1)。イングランド銀行は気候変動を「最優先」の戦略課題に位置づけており、追加的な政策を実施しない場合には2050年までの30年間で3,340億ポンド(約55兆円)の損失が生じる可能性があると試算する。

マンション投資

不動産投資を遠隔地で行うコツや注意点は?メリット・デメリットも

不動産投資の物件選びをしている際に、居住地周辺エリアで条件のいい物件が見つけられないこともあります。このときに考えるのは、「居住地から遠い物件でも不動産投資はできるのか」ではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、不動産投資を遠隔地で行うコツや注意点を紹介し、さらにメリットやデメリットについても解説していきます。

投資・マネーコラム

築古物件の売却で利用できる不動産一括査定サイトは?厳選3社を比較

築年数が経っている築古物件は買主が現れにくいケースがあるため、売却するにはパートナーとなる不動産会社からのアドバイスも活用したいものです。そこで今回のコラムでは、築古物件を売却する際に利用できる3社の不動産一括査定サイトを厳選して紹介します。サイトの使い方や流れのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

マンション投資

中古マンション投資で現金買いするメリット・デメリットは?不動産投資ローンの仕組みも

中古マンションは新築と比較して少額であることから、不動産投資ローンを活用せず現金買いを検討される方もいます。本記事では、中古マンションを現金購入するメリット・デメリットと、不動産投資ローンの仕組み・審査基準について解説します。

マンション投資

不動産投資会社との面談前に準備しておくことは?5つのポイントや注意点も

不動産投資の情報収集の方法として、不動産投資会社のセミナーや個別面談に参加してみることは有効な手段です。しかし、不動産投資会社によって投資方針が異なっていたり、紹介される物件の特徴も違います。そのため、不動産投資についてある程度の事前知識をつけたり、必要なものを準備しておくことも大切です。そこで今回のコラムでは、面談前に準備しておきたいことや面談の注意点などについて詳しく解説していきます。

自己資金300万円以下の金額から始めたい方におすすめの不動産投資会社3選

頭金(自己資金)300万円以下で始められる不動産投資会社の比較・ランキング

頭金100万円~300万円で投資できる主な物件は区分マンションとなります。一定の頭金を入れることで、フルローンよりも融資金利を引き下げることができる可能性があり、投資効率を高めることも可能です。この記事では、自己資金300万円以下で始める場合に最も効率よく投資できる不動産投資会社の比較・ランキングをご紹介します。

頭金(自己資金)500万円以上で始められる不動産投資会社の比較・ランキング

不動産投資で500万円以上の自己資金を使うことができる場合、投資対象はワンルームマンションからアパート一棟や海外不動産まで選択肢が広がります。この記事では、自己資金500万円以上で不動産投資を始めてみたいという方向けに、アパート投資や海外不動産投資の会社の比較・ランキングをご紹介して行きたいと思います。