TAG 融資

ESG投資

りそな、国内初の無料SDGsコンサル付き融資、CSR調達先の中小企業支援

りそな銀行と埼玉りそな銀行が20日、中小企業に対してCSRの観点から無料アドバイス付きの融資を始めると日本経済新聞が報じた。現在、外国人投資家と機関投資家の日本株所有比率は半数を超えるが、その多くがPRI(責任投資原則)やESG(環境・社会・ガバナンス)評価に基づき投資判断を行っている。

投資コラム

7つの質問でよく分かるソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、日本でも徐々に知名度を上げつつある投資手法です。その一方で、ソーシャルレンディングがどのような投資手法なのか知らないという方も少なくありません。今回は質問に回答する形で、ソーシャルレンディングの仕組みや収益性、リスクなどを解説します。

Fintech

GAテクノロジーズ、SBJ銀行とオンライン不動産ローンに関する業務提携

AI(人工知能)を活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies(東京都渋谷区、以下ジーエーテクノロジーズ)は28日、株式会社SBJ銀行(本店東京都港区)とオンライン不動産ローンに関する業務提携を締結したと発表した。

投資コラム

「自分が住みたい物件に投資しろ」はウソ?本当に負けない投資用不動産を選ぶ7つのポイント

不動産投資は大きな金額かつ長期の投資となりますので、「自分が住みたい物件」のメリットだけではなくデメリットについても慎重に考える必要があります。果たして「自分が住みたい」という基準で投資を決めてしまっても良いものなのでしょうか。ここでは、「自分が住みたい」物件に投資をする際に懸念される問題を考察し、投資物件の負けない選び方を7つご紹介します。

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとは?融資金利や返済、税制などを徹底比較

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとは?金利や審査内容、借入年齢など8項目を徹底比較

不動産投資を検討し始める際に、ほとんどのケースでセットになるのがローンの話です。この記事では、不動産投資を検討し始めた初心者の方向けに、不動産投資ローンと住宅ローンの違いを融資額や金利、融資期間などの点からまとめていきたいと思います。

国内不動産投資

スルガ銀決算、不良債権4.6倍、個人向けローンは85%減に

スルガ銀行(静岡県沼津市)が9日に発表した2019年第一四半期(4~6月)の連結決算で、今年6月末現在の不良債権額が前年同期比4.6倍の1356億円となったことが分かった。融資先のシェアハウス業者が事業破綻した影響で、投資用不動産向け融資の焦げ付きへの懸念から不良債権処理費用が急増した。

マンション投資

あなたは大丈夫?不動産投資で失敗してしまう人の7つの特徴

不動産投資は、他の投資に比べるとミドルリスク・ミドルリターンと言われていますので、大きく失敗することは少ない投資ではありますが、投資のやり方を誤って破産に至ってしまうケースがないわけではありません。不動産投資で失敗してしまう人には共通した特徴がありますので、以下でひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

投資コラム

アパートローン、借りる前に必ずチェックしておきたい5つのポイント

アパートローンは住宅ローンと違い事業性や物件の担保力をもとに融資を行いますので、融資金額も毎月の返済額もかなり大きなものになります。そのため金利や収支の試算などのシミュレーションは慎重に作成しておきたいものです。では、どのような点に注意してアパートローンを借りればいいのでしょうか?

投資コラム

1万円から投資可能なソーシャルレンディング、気をつけるべきポイントは?

今回は、ソーシャルレンディング投資において、あなたの大切な資金を減らさないために、気をつけたいポイントをご紹介しましょう。この記事を読むことで、ソーシャルレンディングで想定されるリスクを理解して、事前に対処をすることができます。それではひとつずつ見ていきましょう。

投資コラム

「1棟1法人スキーム」民事訴訟のリスクも?今後のアパートローンのポイントは?

いまだに収束の目処が立たないシェアハウス投資問題。その裏には、銀行側の融資書類の改ざんなどの問題もあったと日々報じられています。この流れを受けて現在は貸す側の問題がクローズアップされる形になっていますが、一方で借りる側に問題があるケースも少なくありません。それが「1棟1法人スキーム」「1物件1法人スキーム」などと呼ばれる融資を受けるための手法です。

投資コラム

カンボジアで不動産投資を始めるための10ステップ

経済成長が続くカンボジアは、ドル建てによる不動産購入が可能ということもあり不動産投資先として人気があります。日本企業や海外企業の進出も活発化し、首都ブノンペンでは高層ビルの建設が進むなど、不動産投資市場は盛り上がりを見せています。今回はますます注目が集まるカンボジアで不動産投資を始めるための手順・方法を10のステップに分けてご紹介します。東南アジアの不動産投資を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

投資コラム

土地なしでもアパート経営できるってホント?リスクや注意点は?

土地なしから始めるアパート経営には、現在販売中の新築アパートを購入する、中古アパートを購入する、土地を購入してからアパートを建てるなど様々な取り組み方があるため、いざ始めようと思っても「どの手法を選べばよいか分からない」「それぞれのメリット・デメリットが知りたい」とお悩みの方も少なくないかと思います。

投資コラム

なぜアパート経営は1棟目にこだわるべきなのか?物件選びのポイントも紹介

アパート経営は安定した家賃収入が得られるうえ、老後の生活資金も形成でき、相続税対策にもなるというメリットがあります。しかし、1棟目の物件選びに失敗すると、長期的にアパート経営を成功させる上で、大きな足かせになることがあります。そこで今回はアパート経営で1棟目が重要になる理由を解説するとともに、アパート経営で失敗しないためのポイントなどをご紹介します。

国内不動産投資

投資用不動産、約6割が「買い時」も、融資は「審査が厳しくなった」約9割

野村不動産アーバンネットは6月18日、「不動産投資に関する意識調査(第10回)」の調査結果を公表した。投資用不動産は「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせて、58.8%が「買い時」と回答。一方、融資状況については52.8%が「変化を感じる」と回答し、その内87.7%が「審査が厳しくなった」と回答した。