TAG 融資

投資・マネーコラム

今売るべき?不動産売却のタイミングを見極めたい人のための3つの視点

不動産で利益を最大化するには、売却のタイミングの見極めが重要です。ただし、結論から言えば「このタイミングで不動産を売却することがベスト」という鉄則はありません。自分の資金が必要なタイミングによっても、売却タイミングは異なるからです。そこで、資金が必要となるタイミングの判断方法や、見極めのポイントについてお伝えします。

国内不動産投資

不動産投資ローン借り換え代行、変動金利1.575%から。3月末までの融資承認限定

フィンテックを活用したオンライン型の不動産投資サービスを提供する株式会社MFSが、同社が提供するオンライン完結のローン借り換え代行サービス「モゲチェック・プラザ」において、変動金利1.575%からの特別金利の案内を開始した。

国内不動産投資

不動産の「売り時感」は76.9%、住宅購入に関する意識調査

株価の乱高下や消費増税など経済の不透明感が強い中、不動産の売りムードが優勢だ。野村不動産アーバンネット株式会社が同社の不動産情報サイト「ノムコム」の会員を対象とした「第16回住宅購入に関する意識調査」では、「売り時だと思う」(22.1%)という回答と「どちらかと言えば売り時だと思う」(54.8%)を合わせ、不動産の売却意向は76.9%に達した。

投資・マネーコラム

不動産投資戦略から物件選びまで。サラリーマンのための不動産投資ガイド

不動産投資は毎月の家賃収入が給与以外の安定した副収入源となり、老後に向けた大きな資産を形成していくことができるため、関心を寄せている会社員の方が増えています。ただ、日本は人口減少のフェーズに入っていますので、今後の賃貸需要をしっかり見極めてないと長期的に安定した家賃収入を得ることや資産形成をしていくことは難しい状況となってきています。

不動産投資家の大半が「融資厳しくなった」と回答。厳しい投資環境下でも融資を引くための5つのポイントマンション投資

不動産投資家の大半が「融資厳しくなった」。それでも融資を引くための5つのポイント

野村不動産アーバンネット株式会社が、不動産投資サイト「ノムコム・プロ」の会員に対して毎年行っている「不動産投資に関する意識調査(第10回)」の調査結果(実施:2018年5月22日~5月31日)では、52.8%が「変化を感じる」、その内87.7%が融資について「審査が厳しくなった」と回答しており、融資を受けるのが厳しくなったという見方が大幅に増加しています。

投資・マネーコラム

アパートローン、借りる前に必ずチェックしておきたい5つのポイント

アパートローンは住宅ローンと違い事業性や物件の担保力をもとに融資を行いますので、融資金額も毎月の返済額もかなり大きなものになります。そのため金利や収支の試算などのシミュレーションは慎重に作成しておきたいものです。では、どのような点に注意してアパートローンを借りればいいのでしょうか?

自己資金500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社4選

頭金(自己資金)500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社4選

不動産投資で500万円以上の自己資金を使うことができる場合、投資対象はワンルームマンションからアパート一棟や海外不動産まで選択肢が広がります。この記事では、自己資金500万円以上で不動産投資を始めてみたいという方向けに、アパート投資や海外不動産投資の会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

自己資金300万円以下の金額から始めたい方におすすめの不動産投資会社3選

頭金(自己資金)300万円以下で始めたい方におすすめの不動産投資会社5選

頭金100万円~300万円で投資できる主な物件は区分マンションとなります。一定の頭金を入れることで、フルローンよりも融資金利を引き下げることができる可能性があり、投資効率を高めることも可能です。この記事では、自己資金300万円以下で始める場合に最も効率よく投資できる不動産投資会社をピックアップしてご紹介します。

頭金(自己資金)100万円以下の少額から始められる不動産投資会社5選

頭金をおさえて不動産投資をしたいのであれば、融資がつきやすく価格も手頃な新築ワンルームマンションが有力な選択肢となります。この記事では、自己資金100万円以下でも始めることができる新築ワンルームマンションの不動産投資会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

フルローンや低金利など融資に強い不動産投資会社5選

会社員の方にとって融資は不動産投資を始める上で無くてはならないものであり、融資金利や融資条件は不動産投資の成否を大きく左右することにもなります。この記事では、数ある不動産投資会社の中から特に融資に強い不動産投資会社をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

国内不動産投資

MFSとアプラス、元本返済不要の「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を開始

住宅ローンに特化したフィンテック事業を展開する株式会社MFS(東京都千代田区)は、新生銀行グループの株式会社アプラス(東京本部・千代田区)と提携し、MFSが運営する住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」の利用者に、アプラスが開発した「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を9日から開始する。

国内不動産投資

厳しさを増す融資環境下でも投資意欲は衰えず。不動産投資に関する意識調査

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社が同サイトの会員を対象に実施した「不動産投資に関する意識調査」で、不動産投資家のこうした実態が浮かび上がった。意識調査は10回目。今回は10月10日~24日にかけて登録会員約76,000人を対象に行い、有効回答数は386。金融機関は個人の不動産投資家向けの融資を縮小する傾向にある。

投資・マネーコラム

ソシャレンってどんな投資?仕組みや注意点をわかりやすく解説

ソシャレンは、ソーシャルレンディング(Social Lending)の略で、1万円からの少額投資が可能な新しい投資方法です。最近はテレビCMなども放映され始めていますので、気になっている方も多いでしょう。
そこで今回は、ソシャレン投資の仕組みをわかりやすく整理した上で、大切な資産を減らさないために気をつけたいポイントなどを解説していきたいと思います

投資・マネーコラム

実は狙い目?1棟マンション投資の5つの魅力と投資の注意点

区分所有のマンションが1,000万円台から2,000万円くらいで売買されているのに対し、マンション1棟になると価格が1億円を超えることもありますので、慎重な判断が必要です。今回は1棟マンションと区分所有マンションのメリット、デメリットを比較しながら、1棟マンションの5つの魅力と投資する際の注意点について解説します。

投資・マネーコラム

これからの投資用不動産を見極めるための「5つのキーワード」とは?

不動産投資はシミュレーション通りに運用できれば、他の投資と比べて安定した投資となります。しかし、その一方で不動産投資には空室や突発的な修繕費用、金利上昇などのリスクもあります。そのようなリスクと向かい合いながらシミュレーション通りに運用するには、物件の見極めがひとつのカギになってきます。