TAG 融資

投資・マネーコラム

築古物件の売却で利用できる不動産一括査定サイトは?厳選3社を比較

築年数が経っている築古物件は買主が現れにくいケースがあるため、売却するにはパートナーとなる不動産会社からのアドバイスも活用したいものです。そこで今回のコラムでは、築古物件を売却する際に利用できる3社の不動産一括査定サイトを厳選して紹介します。サイトの使い方や流れのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

債券投資コラム

社債とソーシャルレンディングの違いは?投資のメリットとリスクも

ソーシャルレンディングは、少ない金額で気軽に投資可能で、かつ利回りが高いため、個人投資家を中心に人気です。日本の10年国債の利回りは、2022年4月26日時点で0.24%程度ですが、ソーシャルレンディングは運用期間が1年未満で、利回りが1.0~5.0%(年率換算)程度と高い水準です。

そのぶん、国債や社債と比較してリスクが高いため、投資する上では注意が必要です。そこで、今回は類似する仕組みである社債とソーシャルレンディングの違いや、投資のメリット、デメリットなどについて解説します。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの金利を低く借りるには?覚えておきたい融資の5つのポイント

直近数年で投資用マンションを始めとした不動産価格は高値圏を維持していますが、家賃収入は不動産価格ほど大きくは上昇しないため、不動産投資の利回りは低い水準にあります。利回りが低いにも関わらず、なぜ不動産投資のニーズがなくな…

マンション投資

サラリーマン大家になるメリット・デメリットは?リスクや損益通算の仕組みも

サラリーマン大家になるのは、投資額も大きくなり手間もかかるため、ハードルが高いと躊躇している方もいらっしゃると思います。この記事では、サラリーマン大家になるメリットとデメリット、リスクや損益通算の仕組みについても解説していきます。

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の実績・口コミ

シノケンは創業約30年の不動産投資会社で、販売実績5,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

マンション投資

個人事業主が不動産投資を始める方法は?融資(ローン)を活用するコツも

不動産投資を行うには届けを出したり、承認を得る必要がないため、所有不動産があれば個人事業主の方でも始めることができます。ただしビジネスマンとは異なり、融資を受けるには注意点があります。そこで今回のコラムでは、個人事業主の方が不動産投資を始める方法、さらに融資を受ける際に注意するポイントについても解説していきます。

国内不動産投資

オンライン住宅ローン比較サービスのモゲチェック、「住宅ローン提案サービス」をAIで自動化

オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSは2月9日から「住宅ローン提案サービス」を、AI(人工知能)で自動化した。モゲチェックの提案サービスは、住宅ローン検討中の顧客に対して、年収や雇用形態などの属性やニーズに応じて住宅ローンコンサルタントが最適なローンを提案している。

マンション投資

50代向け不動産投資セミナーのおすすめは?選び方や注意点も

資金力とともに信用力のある50代の方の中には、老後資金確保を第一の目的に不動産投資を始める方も多いようです。しかし融資期間が短くなりやすいため、堅実な運営を目指したいものです。そこで今回は、50代の方が不動産投資セミナーを選ぶためのポイントや注意点を解説していきます。また厳選した3つのセミナーの特徴や評判も紹介します。

マンション投資

不動産投資会社の選び方は?見極める5つのポイントを詳しく解説

不動産投資を行ううえで、不動産投資会社は重要なパートナーとなります。不動産投資会社は、投資用物件の購入時だけでなく、運用開始前後のアドバイスやサポートも行ってくれます。そこで今回のコラムでは、不動産投資会社を選ぶ際の見極めるポイントを5つ取り上げて解説していきます。不動産投資会社選びを失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

投資・マネーコラム

不動産投資、サラリーマンはいくらまで融資可能?属性を改善するコツも

キャッシュフローを増やし空室リスクを軽減させる目的で、複数の部屋を購入したり一棟丸ごと購入したりするのは有効な手段です。そのため30代の会社員の方でも複数の投資用不動産を資産運用しているケースも少なくありません。 ではサ…

その他企業

Fintertech、日本初のイーサリアム(ETH)担保ローンを提供開始

最先端テクノロジーを活用し次世代金融サービスを創出するFintertech株式会社は2月2日、同社が提供する「デジタルアセット担保ローン」において、担保対象にイーサリアム(ETH)を追加した。ETH担保での日本円ローン提供は日本初となる。

マンション投資

公務員は不動産投資に向いている?副業の注意点も併せて解説

公務員の方には、副業が禁止されているために「不動産投資はできない」と誤解する方も多いのではないでしょうか。しかし実際には公務員こそ融資を受けやすいなどのメリットもあります。この記事では、不動産投資が公務員の方に適している理由や、副業に関するルール、不動産投資をできる条件、不動産投資を行う際の注意点などをご紹介します。

マンション投資

大阪で不動産投資ローンの融資を受けられる銀行・金融機関は?9行の金利や条件を比較

賃貸マンションや賃貸アパートなどを取得する際は多額の資金を必要とするため、銀行や金融機関の提供する不動産投資ローンやアパートローンなどを利用します。不動産投資ローンは住宅ローンとは異なり、融資を受ける方の住所と物件の住所が一致しません。そのため、利用できる金融機関によってローン商品の提供がなかったり、提供可能なエリアについても限定されることになります。そこでこの記事では、大阪エリアで不動産投資を開始する際に融資を受けられる銀行・金融機関の金利や条件などを解説します。

ESG投資

【米国株情報】ウォルマート、GHG排出削減に向けた新たな融資プログラムを創設

米小売り大手のウォルマート(ティッカーシンボル:WMT)は2021年12月8日、1.5℃目標に整合した科学的根拠に基づく中長期の排出削減目標(SBT)の設定を求める融資プログラムを創設したことを発表した。同社によると業界初の取り組みになるという。

ESG投資

【欧州株情報】HSBC 石炭関連融資の廃止に向けた詳細な方針を発表

英金融大手のHSBCホールディングス(ティッカーシンボル:HSBC)は12月14日、2040年までに石炭火力発電と石炭採掘への融資を段階的に廃止する詳細な方針を発表した。具体的には、欧州連合(EU)と経済協力開発機構(OECD)の加盟国は30年まで、その他の全世界では2040年までに石炭関連の融資を廃止する計画だ。温暖化対策の国際ルールである「パリ協定」で掲げられた、産業革命前からの気温上昇を1.5℃に抑える目標を実現するためには、石炭火力発電の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する必要があると認識されている。そのような中、2050年までにネット・ゼロ(CO2排出量を実質ゼロにする)を目指すHSBCの方針に適合しないエネルギー移行計画をもつ顧客への融資を段階的に廃止する。

投資・マネーコラム

アパートローンを借り換えるメリット・デメリットは?借り換え手数料も解説

アパート投資の収支を向上させるためには、新たな物件を購入するほかに、これまで利用していたアパートローンを借り換えるという方法もあります。アパートローンを借り換えると金利等の貸付条件を改善することで、収益の向上が可能です。しかし、アパートローンの借り換えにはメリットばかりではなく、手間の問題などデメリットもあります。アパートローン借り換えのメリット・デメリットに加えて、借り換えにかかる手数料についても解説します。

マンション投資

不動産投資ローンの頭金あり・なしはどっちがお得?メリット・デメリットを比較

不動産投資は金融機関のローンを利用することで、自己資金を抑えて利益を上げられる資産運用方法です。しかし、「ローン=借金」というイメージから、不動産投資ローンの利用にはどこまでメリットがあるのか、リスクを高めるのではないかなど不安を感じる人も多いのではないでしょうか。不動産投資ローンの利用には、頭金を入れて借入額を抑制する方法と、物件購入額の全額をローンで賄うフルローンという方法とがあります。自分にはどちらが合っているのか知りたいという人もいるでしょう。この記事では、不動産投資ローンの利用にあたって頭金の有無がもたらすメリット・デメリットについて比較します。

マンション投資

不動産投資の融資が厳しい時の対策は?フルローンを受けるコツも

不動産投資はアパートやマンションなどの不動産を用いて投資を行います。しかし融資元となる金融機関では、融資に関する審査を行っており、現在はその基準が厳しくなっているとも言われています。そこで今回のコラムでは、不動産投資の融資が厳しいときに行うべき対策を6つ紹介します。またフルローンを受けるためのコツも解説していきます。