TAG 税金

どんなものがもらえる?ふるさと納税の返礼品

ふるさと納税では魅力的な返礼品が多数取り揃えられていることから、年末の恒例行事として寄付を行っている方も多くいますが、一体どのような商品が返礼品として用意されているのでしょうか。今回は「各自治体がどのような返礼品を提供しているのか」「どのような返礼品が人気なのか」を紹介し、選ぶ基準や注意したいポイントを解説します。

ふるさと納税のよくある質問をまとめて一挙に解説!

ふるさと納税は応援したい自治体に対し寄付した額に応じて、税金が安くなる上に返礼品が送られてくる制度です。しかし利用するうえでは寄付限度額、返礼品の選び方、控除手続きなど注意するべきポイントがあります。今回はふるさと納税の利用でよくある質問をQ&A形式でまとめました。この記事を参考にふるさと納税をスムーズに進めましょう。

【5分で分かる】ふるさと納税のやり方・方法・手続き完全ガイド

ふるさと納税とは、納税者が応援したい自治体に寄付した額に応じて、所得税や住民税から税金が控除される制度で、寄付をした自治体から寄付額の3割~5割程度の返礼品が送られてくるため人気があります。今回はふるさと納税制度の始め方や、職業別の手続きのポイントをわかりやすく解説していきます。

「ふるさと納税したいけど、確定申告は面倒…」そんなあなたにオススメのワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、簡単に言えば「ふるさと納税を行ったときに、確定申告をしなくても税金控除を受けられる仕組み」のことをいいます。今回はワンストップ特例制度を使ってふるさと納税を行うメリットや、具体的な手続き方法について解説します。

ふるさと納税の寄付金は何に使われる?知っておきたい寄付金の使い道

本来ふるさと納税制度は、地域を活性化させるための財源を確保しようとする手段であり、ふるさと納税の利用者は、魅力的な返礼品という経済的なメリットを受けるのと同時に、地域活性化に貢献することができます今回は、ふるさと納税の寄付金の使い道を通して、ふるさと納税が具体的にどのように地域に役立っているのかを解説します。

住宅ローン利用者はふるさと納税をいくらまでお得に利用できる?

住宅ローン控除対象者の場合もふるさと納税をすることは可能ですが、住宅ローン控除額によってはふるさと納税がただの寄付になるケースがあります。今回はふるさと納税制度の概要・控除の仕組みと、住宅ローン利用者が利用する際に気を付けたいポイントについて説明していきます。

実はカンタン!ふるさと納税の確定申告方法と流れを解説

ふるさと納税は、自分が応援したい地方自治体に寄附を行うと、寄附先の自治体から返礼品を受け取れるほか、所得税・住民税が安くなります。そこで今回はこれまで確定申告をしたことがない方でもわかるように、ふるさと納税後の確定申告の方法を解説していきます。

投資・マネーコラム

ベトナムとラオスの不動産投資、おすすめのポイントやリスクは?

今回は経済成長が著しいベトナムと、日系企業の進出が続くラオスにおける不動産投資についてご紹介します。ベトナムは2015年に外国人の不動産購入が解禁されたばかりで、海外投資家から今後も注目を集める市場といえます。

一方ラオスは外国人がコンドミニアムを購入できる法改正が2017年中に行われるとみられていましたが、2018年6月現在、まだそのような動きは確認できていません。

投資・マネーコラム

なぜアパート経営は1棟目にこだわるべきなのか?物件選びのポイントも紹介

アパート経営は安定した家賃収入が得られるうえ、老後の生活資金も形成でき、相続税対策にもなるというメリットがあります。しかし、1棟目の物件選びに失敗すると、長期的にアパート経営を成功させる上で、大きな足かせになることがあります。そこで今回はアパート経営で1棟目が重要になる理由を解説するとともに、アパート経営で失敗しないためのポイントなどをご紹介します。

投資・マネーコラム

アパート経営で本当に儲かる物件の5つの条件とは?

不動産投資に興味を持つ方の中には高利回りや節税効果を期待してアパート経営を検討している方が多くいます。アパート経営は老後の安定収入の確保や相続税対策としても注目されていますが、土地持ちの方を除けば、土地購入費用や建築費など初期費用が高額になるというデメリットもあります。物件の選び方を間違えればたちまち赤字経営に陥ってしまうため注意が必要です。

投資・マネーコラム

アパート経営で成功したい会社員が知っておくべき7つのポイント

アパート経営はマンション経営に比べると、利回りが高く家賃収入も多い、土地が手に入るといったメリットがある一方で、失敗してしまった時の損失も大きいものとなります。アパート経営を始めてから「もっと早くからきちんと調べておけば良かった」とならないよう、この記事では、事前に知っておきたい7つのポイントについてまとめていきたいと思います。

ブロックチェーン

欧州でのブロックチェーン活用事例。税務管理の方法を大きく変える可能性

仮想通貨やブロックチェーン技術に関しては、近年欧州でも議題にあがることが多い。3月はじめにスペインのマドリードで開かれた、世界の市場規制当局32社で構成されるIOSCO(証券監督者国際機構)の会議では、投資家保護のために仮想通貨の性質を深く分析する必要があるとの意見に全会一致で合意した。