TAG 海外不動産

Hedge Guide おすすめの海外不動産投資会社(無料相談あり)

海外不動産投資で頼りになるパートナー会社をお探しの方へ

海外不動産投資の会社ビヨンドボーダーズは、海外の物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで対応する国内有数の海外不動産投資会社です。タイ・ベトナム・マレーシアなどの東南アジアやアメリカでの投資が可能です。また、初心者向けに海外不動産セミナーや無料相談なども実施していますので、ぜひ一度話を聞いてみると良いでしょう。

投資・マネーコラム

どこがおすすめ?初心者に人気の海外不動産投資セミナー4選

世界経済の好調を背景に海外不動産投資に興味を持つ方が増えていますが、ネットや書籍だけではリアルタイムの情報が得られないと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は最新の海外物件の選び方や収益性が高い運用方法などを学べる海外不動産投資セミナーを4つご紹介します。

投資・マネーコラム

【7分で分かる】アメリカで不動産投資を始めるための10のステップ

経済成長が続くアメリカでは、2008年のサブプライム問題で大きく下落した不動産相場が上昇を続けています。名目GDPも成長を続けており、アメリカ経済の強さがドル高につながることで、ドル建て資産の保有が為替差益を生み出す可能性やインフレによる資産価値の向上への期待も高まっています。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の特徴は?物件の選び方や注意点について解説

海外不動産に関する情報は国内不動産のように豊富に出回っているわけではありません。まずは海外不動産投資の特徴やリスクを把握してから、具体的な投資対象国・エリア選びをするのが良いでしょう。この記事では、海外不動産投資を検討中の方向けに、海外不動産投資の特徴と物件の探し方について詳しくご紹介します。

海外不動産投資

2020年は対日不動産投資への関心増大、グローバル投資意向調査

アジア非上場不動産投資家協会、欧州非上場不動産投資家協会、米国年金不動産投資協会が1月22日に発表した「2020年グローバル投資意向調査」によると、東京はグローバル機関投資家の選ぶ不動産投資先として3位にランキングされ、回答者の56.1%がアジア太平洋地域で20年に選好する投資先都市のひとつとして東京を挙げた。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の節税対策規制、今後はどの国でどう投資すべき?

海外不動産を利用した節税スキームが、2019年12月に発表された税制大綱で規制される方針だとわかりました。政府は、海外不動産の運用で生み出した赤字を国内所得と合算できないよう法改正する予定です。この記事では、2021年(令和3年)から適用予定の規制内容や、今後の海外不動産の運用方法、おすすめの投資先をご紹介します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資で失敗しないためには?知っておくべきポイント5つ

海外不動産投資では大きなキャピタルゲインや安定したインカムゲインなどが狙える一方で、物件の買い方や税制の違い、為替差損など様々なリスクがあります。注意するべきポイントを見落とすと失敗する可能性も高まります。この記事では海外不動産投資のよくある失敗事例とそれを回避するための対策・方法について詳しくご紹介します。

海外不動産投資

2019年上期アウトバウンド不動産投資額は19億ドル、対前年比約3倍に。CBRE調査

不動産サービスのCBREが10月15日発表した「日本発のアウトバウンド不動産投資2019年上期」で、上期の投資額は19億ドル、前年同期比約3倍に増加した。投資先としてもっとも投資額(直接投資)が大きかったのはアジア9.3億ドル、次いで米州9億ドル。アジア域内の投資先はこれまでシンガポールや韓国が上位だったが、中国でも拡大した。

海外不動産投資

「アウトバウンド投資をはじめるために」増補版、東南アジアの不動産市場を解説

コリアーズ・インターナショナル・ジャパンは10月8日、レポート「アウトバウンド投資をはじめるために:東南アジアの不動産市場を読み解く」の増補版を発表した。アウトバウンド不動産投資を検討している日本の投資家向けに、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマーの基礎的な情報をまとめ、増補している。

海外不動産投資

日本へのインバウンド投資額、前年比6割減の49億ドルに。日米金利差や米中貿易摩擦など影響

不動産サービス大手のCBRE(日本本社:東京都千代田区)が5月10日発表した「日本のインバウンド&アウトバウンド投資2018年」で、18年の日本へのインバウンド不動産投資額は前年比61%減の48.8億USドル、日本発アウトバウンド不動産投資額は前年比29%減の19.3億USドルだった。

投資・マネーコラム

節税効果があるって本当?アメリカ不動産投資のメリットとリスクを徹底解説

アメリカでは住宅価格の上昇が続いており、投資家から熱い視線を集めています。またアメリカ不動産は節税効果が高いため、富裕層を中心に人気があります。しかし株式や不動産価格が上昇しすぎたため、一部ではバブル崩壊も囁かれています。今回はアメリカの不動産投資におけるメリットと今後注意したいリスクについてわかりやすく解説します。