TAG オーナーズブック

オーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタルは、代表がゴールドマン・サックスグループで勤務経験があり、ボードメンバーも金融業界出身多数ということで金融のプロが多数在籍している会社です。2017年9月28日に上場し、現在は時価総額280億円を超える企業に成長しています(2018年10月時点)。オーナーズブックの投資案件では、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済の安全性を高める取り組みをしています。

また、オーナーズブックに掲載されている全ての案件は、不動産鑑定士を含む不動産投資の専門家が精査したものとなっています。シニアローンとしての貸付やエクイティ投資等まで用意しており、個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択することができます。

【関連記事】オーナーズブック(OwnersBook)の評判・口コミ・口座開設の評判・口コミ・口座開設

投資・マネーコラム

物件を買わずに少額から始められる、新しい不動産投資サービスまとめ

不動産投資にはまとまったお金が必要になる上、購入後の賃貸経営が難しいなど、多くの方にとってはハードルの高いものと考えられていました。しかし、最近は不動産投資の種類も豊富になり、物件を買わずに少額から手軽に参加できるサービスが続々登場しています。そこでこの記事では、新しい不動産投資の特徴や人気のサービスをご紹介します。

投資・マネーコラム

オーナーズブックの評判は?メリット・デメリットや始め方も

ソーシャルレンディングが新しい投資方法として注目されています。株式投資やFXと比べてリスクは小さく、また、不動産投資と比べて大きな元手を必要としないのが特徴です。そこでこの記事では、ソーシャルレンディングの中でも不動産に特化した「オーナーズブック」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。

オーナーズブック

オーナーズブック(OwnersBook)の評判・口コミ・口座開設

運営会社のロードスターキャピタルは、代表がゴールドマン・サックスグループで勤務経験があり、ボードメンバーも金融業界出身多数ということで金融のプロが多数在籍している会社です。2017年9月28日に上場し、時価総額170億円を超える企業に成長しています。オーナーズブックの投資案件では、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済の安全性を高める取り組みをしています。

投資・マネーコラム

オーナーズブック、投資不動産の特徴やリスクは?4つの事例を検証

新しい資産運用の方法として注目されているソーシャルレンディングのなかで、「オーナーズブック(OwnersBook)」は不動産に特化した投資ファンドを提供しています。本記事では、オーナーズブックにおける投資不動産の特徴やリスクについて事例を挙げて紹介します。オーナーズブックでの投資を検討されていた方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

過去に行政処分を受けていないソーシャルレンディングは?5社を紹介

ソーシャルレンディングの中には過去には官公庁から行政処分を受けたことがあるサービスがあります。ソーシャルレンディング投資を検討する際は、これらソーシャルレンディング特有のリスクについて確認しておくことが大切です。そこで本記事では、過去に行政処分を受けたことのあるソーシャルレンディングとその処分内容について解説します。

投資・マネーコラム

ロードスターキャピタル社の分社化、オーナーズブックへの影響は?

ソーシャルレンディングサイト「Ownersbook(オーナーズブック)」を運営するロードスターキャピタル株式会社は、2021年8月1日からオーナーズブックの運営を子会社であるロードスターインベストメンツに変更するとの発表を行いました。そこで、本記事ではオーナーズブックの運営が変更となる理由や、オーナーズブックへの影響を確認していきます。

投資・マネーコラム

ロードスターキャピタル、2021年決算の内容は?オーナーズブックの売上も

ソーシャルレンディングサイト「OwnersBook(オーナーズブック)」を運営するロードスターインベストメンツ株式会社の親会社であるロードスターキャピタル株式会社が、2021年第一四半期の決算短信を発表しました。ロードスターキャピタル、オーナーズブックの2021年第1四半期決算の内容を見て行きましょう。

投資・マネーコラム

オーナーズブックの株主優待制度、メリット・デメリットは?注意点も

。オーナーズブックの運営会社ロードスターインベストメンツ株式会社の親会社である東証マザーズ上場企業ロードスターキャピタル株式会社は株主優待枠を設けており、一定の条件を満たした投資家は、優先的にオーナーズブックの投資枠が確保することが可能です。そこで本記事では、株主優待制度の概要や適用手順を解説するとともに、投資枠を利用するメリット・デメリットについて解説します。

投資・マネーコラム

大手企業が運営するクラウドファンディング投資サービスは?

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や不動産投資型クラウドファンディングは、1万円など少額からの投資が可能なサービスも少なくありません。手軽に投資を始められるメリットから、投資検討している方も多いのではないでしょうか。本記事では、大手企業が運営するクラウドファンディング投資サービスをご紹介します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの担保や保証の仕組みは?注意すべきポイントも

ソーシャルレンディング投資は、貸金によって金利収入を得る投資手法です。金利収入のため一定額を定期的に受け取れるメリットがありますが、貸付先の企業の業績が悪化してしまうなどの理由で返済が行われない貸し倒れのリスクがあります。そこで、本記事では主なソーシャルレンディング案件における担保と保証の種類をご紹介します。

投資・マネーコラム

オーナーズブック、エクイティ型案件のメリット・デメリットは?リスクも

上場企業100%子会社のロードスターインベストメンツ株式会社が運営するソーシャルレンディングがオーナーズブック(OwnersBook)です。オーナーズブックの参加方法には主に「貸付型」と「エクイティ型」の二つの方法があります。今回は、エクイティ型案件のメリットやデメリット、注意点をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

投資前にチェックしておきたいソーシャルレンディング会社のブログは?

日本では現在10社以上のソーシャルレンディング会社があります。その中には、ブログで積極的に情報発信をしている会社もあります。そこで今回は、ソーシャルレンディング会社が発信しているブログの一覧をお伝えしていきます。ソーシャルレンディングの情報収集を検討されている方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

オーナーズブック(OwnersBook)の業績は?2019年の決算資料を解説

ソーシャルレンディングサイトの「オーナーズブック(OwnersBook)」を運営している株式会社ロードスターキャピタルが、2020年2月末に2019年12月期の決算を発表しました。決算内容を紹介しながらオーナーズブックの現在と今後の目標について確認していきましょう。

投資・マネーコラム

プロが教えるソーシャルレンディング分散投資のノウハウ

ソーシャルレンディング投資のリスクを軽減するには、投資金をひとつの案件に集中させず、複数の案件に分散して投資する分散投資を行うことが有効です。そこで今回は、国内および国外のソーシャルレンディングの案件に投資するときに、どのように分散投資していけばいいかをお伝えします。

投資・マネーコラム

クラウドクレジット主催 ソーシャルレンディング3社による合同セミナーレポート

2020年1月31日、クラウドクレジットは、他のソーシャルレンディング2社との合同セミナーを開催しました。ここ数年間においてソーシャルレンディング会社による合同セミナーは開催されておらず、非常に珍しいイベントだと言えます。ここでは合同セミナーの内容をレポートします。

投資・マネーコラム

投資初心者がソーシャルレンディングで大失敗しないための4つのポイント

近年登場した投資サービスの一つであるソーシャルレンディングは、過去に不祥事による金融庁の指導が複数の事業者に対して行われた背景があり、初心者の方にとっては注意をしながら進めたい投資方法です。そこで、ソーシャルレンディング投資をこれから始める人に向けて、あらかじめ知っておきたい4つのリスクと対策をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンの審査を通すには?融資相談前に対策したい5つのこと

金融機関から融資が受けられない方にとって不動産投資をスタートさせる最初のハードルは高いと言えるでしょう。不動産投資に興味があるものの、購入前に諦めている方も多いのではないでしょうか。今回は、不動産投資ローンの審査で悩んでいる方向けに、融資相談前に対策しておきたい5つのことをご紹介します。

投資・マネーコラム

オーナーズブックの実績と平均利回りは?始め方も解説

不動産投資分野に特化したソーシャルレンディングの「オーナーズブック」は、東証一部上場企業が運営するサービスとして注目されています。そこでこの記事では、オーナーズブックの実績や利回り、他のソーシャルレンディング事業者との利回り比較、サービスを始める手順について詳しくご紹介します。