TAG ふるさとチョイス

「ふるさとチョイス」は、2012年9月にオープンした日本最大級のふるさと納税総合サイトです。国内全1,788自治体のうち7割を超える1358もの自治体が登録(2018年6月1日時点)しており、20万点以上のふるさと納税の返礼品などの情報を掲載(※2018年10月時点)しています。お肉や魚介、果物などの生鮮食品以外にも、ダイビングやカヌーなどの体験型のお礼品もあり、たくさんのラインナップの中から選ぶ楽しさがあります。

また、使い道を指定して自治体に寄附することが可能で、支払い方法もクレジットカードでの支払いができるだけでなく、キャリア決済、コンビニ決済、銀行振込等も利用が可能です。還付・控除額の計算シミュレーターが用意されているため、自己負担2,000円でいくらまでふるさと納税を利用できるのかを知りたいという方にもおすすめです。

【関連記事】ふふるさとチョイスの評判・口コミ

ふるさと納税

ふるさとチョイス、dアカウントと連携。ふるさと納税申込や会員登録の手間を省き、寄付の選択肢を拡充

株式会社トラストバンクは8月20日、同社が企画・運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」で、株式会社NTTドコモが提供する「dアカウント」と連携したと発表した。スマートフォン、タブレット、パソコンなどで、dアカウント対応のサービスで「dポイント」を利用できる。

ESG投資

トラストバンク、「ふるさとチョイス」で新型コロナの影響を受ける地域の生産者支援プロジェクトを開始

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは7月22日、新型コロナウイルス感染症拡大で甚大な影響を受けている地域の生産者を支援するため、農林水産省の補助事業を活用した期間限定プロジェクト「ニコニコエール品」を開始した。

ふるさと納税

トラストバンク、「ふるさとチョイス災害支援」で熊本・鹿児島大雨災害の寄付金が1億円到達

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは7月7日、ふるさと納税で被災自治体の災害支援に寄付できる仕組み「ふるさとチョイス災害支援」で、令和2年熊本・鹿児島大雨災害への寄付金が計1億円を超えたと発表した。

ふるさと納税

熊本の水害をふるさと納税で支援。「ふるさとチョイス」「さとふる」が寄付受付開始

7月3日に九州南部で発生した大雨災害により、熊本県を中心に河川の氾濫、土砂崩れなど甚大な被害が出ている。同県と鹿児島県の8市7町5村では翌4日、災害救助法の適用が決定された。ふるさと納税サイトを運用する企業は、制度の仕組みを活用した寄付の受付を開始している。

ふるさと納税

ふるさとチョイスでウナギの蒲焼きがもらえるキャンペーン開始。コード入力&初寄付で、抽選15人にプレゼント

株式会社トラストバンクは、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」で、同サイトに新規会員登録後、初めて寄付した人を対象としたキャンペーンを7月3日から8月3日まで実施する。新規会員登録後にキャンペーンコードを入力して会員登録を完了、期間中にふるさとチョイスでお礼の品に寄付を申し込み、決済を完了すると抽選の対象となる。

ふるさと納税

新型コロナが地方暮らしへの関心を後押し。トラストバンク調査

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは6月23日、東京都内に住む20代以上の男女1078名に実施した「地方暮らしに関するアンケート」の結果を発表した。新型コロナウイルスを機に、都市部の人口密集リスクやライフスタイルの見直しなど、地方暮らしへの関心が高まっている傾向がわかった。

ふるさと納税

北海道ふるさと納税による新型コロナ対策寄付、目標5000万円を最速達成。ふるさとチョイス

国内最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは4月27日、ふるさと納税のクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で、新型コロナウイルス対策として北海道の地域医療を支援するプロジェクトが、開始からわずか1日半で目標寄付額5000万円を達成したと発表した。

ESG投資

ふるさとチョイス、新型コロナ感染症拡大の支援プロジェクトで寄付件数が1万件を突破

国内最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは4月2日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者を支援するふるさと納税プロジェクトの寄付件数が1万件を突破したと発表した。

ふるさと納税

こゆ財団、サステナブルな農業の実現にふるさと納税を活用。野菜ソムリエの産直便好評

地域商社として注目を集める宮崎県児湯郡新富町の一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)は、運営を受託している新富町ふるさと納税の返礼品「産地直送野菜定期便」で、生産者に利益を還元し、サステナブル(持続可能)な農業の実現に取り組むとともに、生産者と消費者とを橋渡ししながら地域の魅力を発信、ブランド価値の向上に繋げる。

ふるさと納税コラム

ふるさと納税サイトは結局どこがおすすめ?大手4社の特徴を比較

寄付金額に応じて所得税や住民税の一部が控除される「ふるさと納税」について、どの納税サイトを利用すればいいのか迷っている方もいるでしょう。そこでこの記事では、ふるさと納税サイトとして人気の「ふるなび」「さとふる」「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」について、各サイトの特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

ふるさと納税コラム

ふるさと納税サイトで人気のうなぎの返礼品【2019年版】

ふるさと納税では産地直送の高級品を返礼品として貰うこともできます。うなぎもその一つで、日本では昔からなじみのある高級魚の一種です。この記事ではうなぎ選びに役立つ生体や種類などの豆知識をご紹介した上で、ふるさと納税で貰えるブランドうなぎをご紹介します。

ふるさと納税コラム

【2019年版】ふるさと納税、コスパの高い牛肉の返礼品ランキング

今回は、ふるさと納税サイトで返礼品の数が多い「牛肉」を紹介します。牛肉は全国で生産されており、丁寧に育てられたブランド牛も勢ぞろいです。ここでは、ふるさと納税でコスパの高い牛肉の特徴、ポイント、ふるさと納税サイト別のランキング、おすすめの食べ方(作り方&焼き方)を紹介します。

ESG投資

SBI証券がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」と連携、地方創生へ取り組み。サービス拡充も

株式会社SBI証券が11月29日から株式会社トラストバンクが企画・運営する日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」と連携を開始した。SBI証券の顧客を対象としたふるさと納税に関連するサービスを提供する。

ESG投資

ふるさと納税で首里城再建支援、「ふるさとチョイス」で寄附金5億円突破

ふるさと納税は文化遺産の復旧に役立てることもできる。ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクがふるさと納税の寄附金をクラウドファンディング型で募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」で開始した那覇市の首里城再建支援プロジェクトの寄附金が11月13日、5億円を突破した。

ESG投資

令和元年台風15号の緊急募金でふるさと納税サイトに災害支援続々

9月9日に千葉県などに甚大な被害をもたらした「令和元年台風15号」で、ふるさと納税を利用した寄附が被災自治体に次々と寄せられている。18日午後5時33分の時点で、千葉県袖ケ浦市に174万9500円、南房総市435万6510円、君津市105万2500円、横芝光町59万7千円、東金町63万7100円、九十九里町83万3千円が寄せられている。

ふるさと納税

平成最後のGW、「仕事も渋滞もなければふるさとに帰省したい」8割

今年のゴールデンウイークについて、帰省の予定がある人は約4割、動機は平成最後のGWだから―。国内最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクが4月26日に発表した「ふるさとへの帰省に関する意識調査」で、「平成最後」が帰省の後押しをする傾向が明らかになった。

ふるさと納税

2018年の「ふるさと納税」利用者は2割、約半数が「ワンストップ特例制度」を活用

ソフトウェア開発の株式会社ジャストシステムが2月27日に発表した「ふるさと納税」に関する調査で、2018年に納税した人は全体の約2割にとどまった。年代別では20代が最も多かった。納税した人のうち「ワンストップ特例制度」を利用したことがある人は51.3%だった。

大手が運営しているふるさと納税サービス3選

ふるさと納税のサービスは大きなサイトになると返礼品の数も数万点を超えるため、満足のいく返礼品を選ぶには検索が使いやすく充実していることが重要であったり、寄付を申し込む際にはクレジットカードの情報を入力する必要があるため、個人情報の取り扱いが適切であること、ローンや年金受給状況など個別のケースに応じていくらまで利用できるのかなどを把握してから申し込むことなどが重要になってきます。