佐藤 永一郎 「佐藤 永一郎」の記事

投資・マネーコラム

マンション売却の減価償却費を計算する手順は?確定申告の注意点も

マンションの売却をして、譲渡所得税の計算・申告をする際、取得費を算出する際に、建物部分の減価償却費を差し引かなければなりません。本記事では、マンション売却の際の、減価償却費の計算手順について、減価償却の意味から、建物価格の算出方法、減価償却費の計算例などを解説したうえで、確定申告をする際の注意点についても説明します。

寄付コラム

寄付を受けとった年の税金はどうなる?個人・法人それぞれケース別に解説

寄付を受け取った場合の税金の計算方法や納付期限は、個人と法人とで大きく異なります。さらに、個人の場合には寄付をした相手側の種類によって、法人の場合には寄付を受け取った側の法人の種類によって取り扱いが異なります。計算方法や納付期限を間違えると、加算税などのペナルティを課せられる可能性もあります。本記事では、寄付を受け取った場合の税制について、個人と法人とに区分し整理して解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却を取得5年以内にする時の税金は?税控除と特例4つのまとめも

取得5年以内の不動産の売却で売却益が発生すると、5年を超えて売却する場合と比較して、税率の違いから多額の税金がかかることがあります。この記事では、不動産売却を取得5年以内にかかる譲渡所得税・住民税について説明し、譲渡所得税の計算手順や特別控除などの特例についてもまとめます。

マンション投資

マンション投資はマイナス収支でも大丈夫?バランスシートでわかる健全性

ンション投資でキャッシュフローがマイナス収支である場合、手元資金が減っていくことなり、ケースによっては、不動産投資を継続するリスクが高いことがあります。本記事では、バランスシートの意味、不動産投資の健全性を測るためのバランスシートのポイントを概説したうえで、マイナス収支でもバランスシートが健全であるケースについて解説します。

マンション投資

マンション投資で注意したい不動産取得税の仕組みは?その他の税金も

投資用マンションを取得すると、不動産取得税が課されます。取得時一回限りの課税であるため、その仕組みについてよくわからない方も多いのではないでしょうか。不動産取得税の納税資金を確保しておくために、税額計算の仕組みを知っておくことが重要です。また、住宅とその敷地に対しては税額減額の制度もあるため、活用を検討するとよいでしょう。本記事では、不動産取得税の賦課、計算の仕組み、マンション投資を始める際の他の税金について解説していきます。

マンション投資

中古マンション投資のメリット・リスクは?初心者向けの注意点も

中古マンション投資は新築よりも物件価格が安く、比較的高い利回りが狙える特徴を持っています。これらのメリットから、中古マンション投資で初めての不動産投資を検討している方も多いのではないでしょうか。本記事では、中古マンション投資のメリットとデメリットを整理して解説し、初心者が気を付けたい注意点についても触れていきます。

投資・マネーコラム

不動産売却したら年末調整はどうなる?税金や確定申告を詳しく解説

不動産を売却したとき、年末調整には影響するのか、確定申告は必要なのか、気になる方は多いのではないでしょうか。サラリーマンの方は、給与の所得税納付は会社の年末調整に任せており、確定申告は馴染みが薄いという場合も多いでしょう。しかし、譲渡所得税の計算や確定申告は、税理士へ依頼しないのであれば自身でおこなう必要があります。この記事では、不動産売却と年末調整・確定申告の関係について簡単に説明したうえで、譲渡所得税にかかる計算手順や特別控除などの特例、確定申告の手順について解説します。

投資・マネーコラム

アパート経営で「車」「パソコン」「通信費」は経費計上できる?主な費用科目を解説

アパート経営で確定申告をおこなう際、必要経費に計上できるのかどうか判断に迷う費用科目があります。たとえば、アパートの管理に利用した車の減価償却費や、家賃収入管理などに利用しているパソコンの購入費用、管理会社などと通話した電話代などは、必要経費にしてよいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、個人がアパート経営をおこなう場合に必要経費に計上できる費用について、所得税法ではどのように定められているのかを説明し、経費に計上できる主な費用科目についてみていきます。

投資・マネーコラム

不動産売却益の計算方法は?適用したい税控除と特例も7つ紹介

不動産の売却益が発生した場合、譲渡所得税及び住民税を申告納付する必要があります。売却益と譲渡所得税の計算および申告は、自分で行わなくてはいけません。この記事では、不動産売却益にかかる譲渡所得税・住民税について説明したうえで、不動産売却益や譲渡所得税の計算手順、特別控除などの特例について解説します。

投資・マネーコラム

相続不動産を売却する流れや手順は?遺産分割・査定・業者選び・税金を解説

相続不動産を相続して売却するのは、ちょっとした手続きの差で、相続人同士の関係や資産形成に大きな影響が生じる可能性もあります。本記事では、相続不動産を売却する流れや手順について、遺産分割・査定・業者選び・税金などを解説していきます。

マンション投資

アパート・マンション経営は副業になる?公務員の就業規則を事例として解説

サラリーマン不動産投資家の場合、「アパート・マンション経営が副業に該当し、会社の就業規則で制限されるのではないか?」と気になる方も多いでしょう。会社からペナルティを受けたりすることがないよう、兼業・副業が厳しく禁止されている公務員の場合の取扱いを参考に、副業の定義や内容について確認してみましょう。本記事では、アパート・マンション経営は副業に該当するのかという点について、公務員の副業禁止規定を中心に解説していきます。

寄付コラム

寄付金の勘定科目はどう仕訳する?法人・個人それぞれ注意点を解説

事業上寄付金を支出して、会計帳簿の処理をする際、勘定科目はどのように仕訳をすればよいのでしょうか。法人と個人では、寄付金を支出した場合の税法上の取扱いが大きく異なります。また、仕訳をする勘定科目によっては、税額が大きく変わってくることもあるので注意したいところです。本記事では、寄付金の仕訳をおこなう際の勘定科目について、法人と個人に分けて解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却の悩みは誰に相談すればいい?7つの相談先と事前の準備も

不動産売却では様々な悩みや問題が発生することがあります。現時点で売却を検討していて問題が発生している方のみならず、不動産オーナーであれば、将来生じうる売却に備えてあらかじめ発生し得る悩みや問題とそれらの相談先について知っておくことが大切です。本記事では、不動産売却の悩みと7つの相談先、相談する際の事前準備について解説していきます。

マンション投資

不動産収入で扶養控除が外れてしまう事例は?5つのパターンを解説

税金や社会保険の扶養に入っていた人が、家賃収入を得ることになったり、不動産を売却したりしたことで扶養から外れてしまうことがあります。扶養から外れてしまうと、翌年以降に納める所得税や住民税が上がったり、社会保険料が上がったりすることになります。扶養から外れてしまうケースに該当する場合には、その事前にその分の資金を確保しておきたいといえます。本記事では、不動産収入が生じたことによって扶養から外れてしまう5つのケースについて解説していきます。

投資・マネーコラム

土地を売却したら税金はいつ払う?納税のタイミングや税額について解説

土地の売却では収入額が大きくなり、多額の税金が発生する場合があります。土地の売却で多額の納税が発生する場合、資金繰りには注意が必要です。いつ、いくらぐらいの納税額が発生するのかを予め推計し、売却収入の中から納税資金をプールしておくことも検討してみましょう。この記事では、土地の売却にかかる様々な種類の税金について網羅的に説明し、納税のタイミングと税額の計算方法について解説します。

マンション投資

マンション投資で必要な頭金は?フルローンを受ける方法や事例、リスクも

マンション投資は比較的な少額の頭金や、場合によってはフルローンを受けて行うことができる不動産投資です。本記事では、初心者向けに、マンション投資で必要な頭金の目安と、フルローンを受ける方法、具体的な事例とフルローンのもたらすリスクについて説明します。

投資・マネーコラム

アパート経営を親から相続する前に確認したい5つのポイントと対策

アパート経営をしていた親からそのアパートを引き継ぐ場合、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。賃貸経営はローンや建物の状況などによっては、厳しい経営を余儀なくされることがあります。場合によっては、大きなリスクを背負うことにもなりかねないため、引き継ぐ前に慎重に検討したいといえます。本記事では、アパート経営を親から継ぐ前に確認したい5つのポイントと、それらの対策について解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続で注意したい「みなし贈与」とは?贈与税の計算と回避方法も

不動産の相続では、思わぬ行為が「みなし贈与」に該当してしまい、贈与税が課税されることがあります。みなし贈与に該当して贈与税を課税されることになると、想定外に多額の税金を支払うことになりかねません。本記事では、不動産の相続で注意したいみなし贈与のケースと、贈与税の計算、回避方法について解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートを相続するメリット・デメリットは?必要な手続きや注意点も

アパート経営をしていたオーナーが亡くなってそのアパートを相続する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。本記事では、アパート経営を相続するメリット・デメリットと、相続の際に必要な手続き、注意点について解説していきます。