TAG Metamask

NFT

ももクロNFT「第二弾」~SNSアイコンにも設定できるNFT、を手に入れる方法

国内の人気アイドルグループである「ももいろクローバーZ(ももクロ)」が22年6月14日より、NFTプロジェクトの第二弾となる「MMCLZMNNFNFT!(ももクロ×モノノフ×NFT!)」をリリースすることが明らかになりました。今回は、ももクロのNFTを手に入れるための方法について、詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

トークンセールに参加するには?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

トークンセールに参加することで、プロジェクトに早期で投資できます。トークンセールの販売価格はそれぞれ定められているので、初期段階で投資できればより大きなキャピタルゲインが期待できることとなります。今回はトークンセールについての解説と、参加方法について解説したいと思います。

NFT

元素騎士オンライン -METAWORLD-とNFTプロジェクトのコラボレーション第一弾【Soulz】について解説

メタバースプロジェクトとして発足したばかりの「元素騎士Online -METAWORLD-」が、NFTプロジェクトとのタイアップ第一弾として「SoulZ」との提携を発表しました。SoulZは和風テイストが特徴のイーサリアム上のNFTコレクションであり、世界で注目を集めています。今回は元素騎士Online -METAWORLD-とNFTプロジェクト「SoulZ」のコラボレーションについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントとは?【仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方】

最近、国内外で様々な有名人や企業がNFT産業に進出する中で、自分もNFTを購入してみたいと考えている方も多いと思います。世界的に最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、日本人も複雑な登録なしに利用できますが、決済通貨としてイーサリアム(ETH)を用意してウォレットに移す等の手順が必要となります。そうしたプロセスを踏まえて国内の仮想通貨取引所を見ると、GMOコインの利便性が際立ってきます。今回は、GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインで購入したイーサリアムをメタマスクに送付する方法と注意点【仮想通貨ウォレットを使いたい方へ】

購入したイーサリアムをウォレットに移すことを考えると、仮想通貨の出庫手数料が無料なGMOコインは便利な仮想通貨取引所です。そこで、今回はGMOコインで購入したイーサリアムをメタマスクへ送る方法について解説します。

DeFi

メタマスク(MetaMask)ウォレット上の使い方と注意点、盗難被害を防ぐには?

仮想通貨(暗号資産)のウェブウォレットとして有名なメタマスク(Metamask)はDeFiの普及により利用者が急増しており、ダウンロード数は2100万件以上に上ります(2022年現在)。一方でフィッシング詐欺を中心とする盗難被害も多発しており、使用には十分な知識と注意が必要となっています。そこで今回は、メタマスクの概要やハッキング事例について解説します。

暗号資産取引所の使い方

Coincheckで購入した仮想通貨をMetamask(メタマスク)などで使う方法【仮想通貨ウォレット】

「メタマスク(Metamask)」は現在世界で2000万人のユーザーに使用されている代表的なウォレットで、多くのNFTマーケットプレイスなどで使用できます。今回は、Coincheckで購入した仮想通貨をメタマスクで使う方法について、その概要や詳しい使用方法について解説します。

NFT

広がるNFTの用途、ENSについて

NFTをユーティリティとして扱う実例の1つであるENSドメインは、人間に理解できる文字列でトークンを扱えるようにすることでクリプトのユーザー体験を改善しようとするプロダクトです。既に利用が広まり始めており、企業の間でも関心が高まっていますが、現在の仕組みは将来に禍根を残す可能性があります。

仮想通貨コラム

MetaMaskのウォレット作成方法、OpenSeaへの連携方法について解説【NFTマーケットプレイス導入準備】

最近ではNFT(非代替性トークン)が世界的に注目され始めており、興味を持った方も多いのではないでしょうか。NFTなどのサービスを利用する際には仮想通貨ウォレットが必要になります。そこで今回はイーサリアムウォレットの一つであるMetaMask(メタマスク)を実際に作成して、NFTの主要なプラットフォームOpenSeaと連携する方法について解説していきます。難しい点は特にないので興味がある方は参考にしてください。