TAG IEO

NFT

GMOコインIEO第三弾ビットファクトリーの「QYSコイン」の概要

22年10月18日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインの運営を手がけるGMOコイン株式会社が、株式会社ビットファクトリーとIEO(Initial Exchange Offering)の実施に関する覚書を締結したことを明らかにしました。今回は、GMOコインIEO第三弾となるビットファクトリーのQYSコインについて、その概要や特徴などを詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所bitFlyerがシンガポールのBOBG社と提携した目的とは

22年10月21日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の運営などを手がける株式会社bitflyer holdingsは、シンガポールを拠点とするBOBG PTE. LTD.と業務提携契約を締結したことを明らかにしました。今回は、bitFlyerがBOBGと提携した目的について、提携の概要などを踏まえながら詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

OKCoinJapanによる「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEO実施検討について解説

22年7月26日、国内の仮想通貨取引所OKCoinJapanが、話題のNFTコレクション「CryptNinja(クリプトニンジャ)」のブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)」のゲームトークンのIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)実施を検討している旨を明らかにしました。ここではOKCoinJapanで検討されているCryptoNinja Party!のIEOについて、その詳細を解説していきます。

仮想通貨コラム

コインチェックのIEO第二弾「フィナンシェトークン」とは

フィナンシェトークンは、「ブロックチェーンを活用した新世代クラウドファンディング2.0」サービスを手がけるプラットフォームFiNANCiEのネイティブトークンです。22年夏に国内の仮想通貨取引所であるコインチェック(Coincheck)においてIEOを実施する予定です。今回はフィナンシェトークンについて、その概要や特徴、コインチェックでの第二弾となるIEOの実施予定などを解説していきます。

NFT

「De:Lithe Φ」のゲームトークン、Huobi Japanで開催予定のIEOについて解説

22年6月22日、株式会社HashPaletteが、NFTゲーム「De:Lithe Φ(ディライズ ファイ)」のゲーム内トークンのIEOの計画を明らかにしました。IEOは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所である「Huobi Japan(フォビジャパン)」で行われる予定です。今回は、「De:Lithe Φ」のゲームトークンIEOの詳細について、解説していきます。

NFT

OKCoinJapan、ブロックチェーンゲーム『CryptoNinja Party!』のゲームトークンIEOを実施検討へ

オーケーコイン・ジャパン株式会社は7月26日、株式会社HashPaletteのゲームスタジオ部門「HashGames」が開発・提供する大人気NFTコレクション「CryptNinja」のパーティー型Play to Earn(P2E)ブロックチェーンゲーム『CryptoNinja Party! (クリプトニンジャパーティー)』のゲームトークンについて、暗号資産取引所OKCoinJapanでのIEO(Initial Exchange Offering)の実施検討について合意した。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFTで取り扱いされているOthersideとは?

22年6月15日、コインチェック株式会社が運営しているNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」が、ブロックチェーンゲームOthersideの土地「Otherdeed(NFT)」の取り扱いをスタートしました。この記事では、Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたOthersideについて解説します。

仮想通貨コラム

イラストコミッションサービスSkebが仮想通貨取引所ZaifにてIEOトークンセールを検討する狙い

22年6月、日本でイラストコミッションの支援サービスサイト『Skeb』を運営する株式会社スケブが、暗号資産(仮想通貨)取引所Zaifを運営する株式会社カイカエクスチェンジとIEOの実施を検討する覚書を締結したことを発表しました。今回は、ZaifでのIEOを検討するSkebのサービス概要、IEOを行うメリット、また、SkebがIEOを利用する狙いなどについて解説していきます。

仮想通貨コラム

DMM BitcoinとIEOについて基本合意書を締結したNIDTについて

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であるDMM Bitcoin(DMMビットコイン)が、株式会社オーバースおよび株式会社coinbookとの3社間において、「IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」についての基本合意書を締結したことを明らかにしました。今回は、DMM BitcoinのIEOの内容について、解説します。

仮想通貨コラム

スポーツ×トークンとは?GMOコインでIEOを実施したFC琉球のFCRコインについて解説

暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン、NFT(非代替性トークン)の市場が盛り上がるのと同時に、グローバルな大手企業が市場に参入している事例が出てきています。最近では、国内初めてのスポーツクラブ独自のトークンが発行される例も登場しました。この記事では沖縄県のサッカークラブFC琉球が行ったトークン発行の事例をご紹介します。

NFT

Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは?

22年3月30日、コインチェック株式会社が運営しているNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」が、「Decentraland(ディセントラランド)」というメタバース(仮想空間)プロジェクトの仮想土地である「LAND」の取り扱いをスタートしました。この記事では、Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDについて解説します。

仮想通貨

DMM Bitcoin、新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書を締結

株式会社DMM Bitcoinは6月2日、株式会社オーバース及び株式会社coinbookの3社において、IEOのための基本合意書を締結した。本合意書に基づき、今後受託販売契約を締結後に、2023年初(予定)に株式会社オーバースのIEOによる資金調達及び株式会社DMM Bitcoinにおける取引開始を目指すとしている。

NFT

Ocean Protocolで用いられているData NFTとは?

現代の人工知能はデータ数が多ければ多いほどより正確なモデルとなり、事業や研究において必要不可欠な技術となっています。GoogleやFacebookは世界の中で最もデータアセットを持つ企業の一つであり、これを活用して大きな収益を得ています。これに対し、AIを活用したスタートアップや個人は、データアセットの数に悩まされているか、あるいは技術面において大企業と比べて劣っているかという課題を抱えています。言いかえると、AIテクノロジーとデータアセットのどちらも少数の大企業が握っているという現状があります。

NFT

「ELF Masters」とは?HashPaletteが手掛けるPlay-to-Earn型ブロックチェーンゲームを徹底解説

株式会社HashPortは22年2月2日、ブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」の設立、および22年夏までに「ELF Masters」をはじめとする3つの「Play-to-Earn」ゲームをリリースすることを発表しました。HashGamesにおける各ゲームは、同社のNFT事業子会社である「株式会社HashPalette」が開発するブロックチェーン「Palette(パレット)」上のサービスとしてリリースされます。

NFT

コインチェックがThe Sandboxで構築するメタバース都市「Oasis TOKYO」とは?【小嶋陽菜氏プロデュースの『Her lip to』とのコラボも話題】

22年1月末、仮想通貨取引所コインチェックは、ゲーム分野でメタバース構築を推進する「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」内の土地(LAND)に、2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を制作するプロジェクトを開始したことを発表しました。Oasis TOKYOの一般公開は22年春に予定されているため、目前に迫っています。そこで今回はコインチェックがThe Sandbox上で試みる都市開発について解説します。