TAG ESG経営

ESG投資コラム

花王のESG・サステナビリティの取り組み、格付けは?

花王は、生活に必要な洗剤、トイレタリー、化粧品などの大手メーカーで2021年度の売上高は1.4兆円です。生活に密着した製品を多く販売しており、Life Value Solution marketingを実践し、ESGの視点で商品・サービスを具現化しています。

今回は、花王のESG・サステナビリティの取り組み、ESG格付けなどを解説します。

ESG投資コラム

クボタのESG・サステナビリティの取り組みは?株価や配当推移も

産業機械メーカーで知られる株式会社クボタは、食料・水・環境という生活に欠かせない事業をグローバルに展開しており、世界各国の食料生産、水インフラ、産業発展を支えています。特にクボタの「スマート農業」は、農作業の自動化による安定的な食料生産により、国際的な問題である飢餓や農業の生産性向上に大きく貢献しています。

この記事では、クボタのESG・サステナビリティの取り組み内容を詳しく紹介します。なお、株価動向や配当情報なども解説しているので、ESG投資に興味のある方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

シスメックスのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

検体検査分野でトップシェアを維持するシスメックス株式会社は、検査機器や試薬などの提供を通じ、病気の予防・早期発見・早期治療に貢献しています。また、最先端技術を用いた付加価値の高い製品・サービスにより、検査の効率化や患者の負担軽減など、持続可能な医療インフラの構築に努めています。

そこでこの記事では、シスメックスのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく解説していきます。株価動向や配当情報についても解説しているので、ESG投資に興味がある方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

ブラザー工業のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

ブラザー工業は、ミシンの修理業から始まった日本を代表する電気機器の会社の一つです。また、ミシンだけではなく、工作機械やギアモータ、通信カラオケシステムなど様々な事業を展開しており、サステナビリティを重視した経営で持続可能な社会に貢献しています。

そこでこの記事では、ブラザー工業のESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく解説します。ESG投資に関心のある方や、ブラザー工業を検討している方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

アズビルのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

アズビル株式会社は、制御および自動化機器等で高いシェアを誇る老舗企業です。独自の高い技術力を通じて人々の安心や快適さ、地球環境への貢献を目指して事業を展開しているだけでなく、環境負荷の低減や人的価値の向上などサステナブル経営についても積極的に取り組んでいます。

この記事では、アズビルのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく解説しています。株主還元策についても紹介していますので、アズビルへの投資を検討している方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

IDECのESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

IDECは、事業活動の中でESG・サステナビリティの取り組みを行う企業の一つに挙げられます。持続可能な社会の発展を目指すため、「環境」「社会」「ガバナンス」「安全」「品質」を重要課題としています。

そこでこの記事では、IDEC のESG・サステナビリティの取り組み内容、外部評価、業績と株価動向、配当情報について詳しく紹介します。関心のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

TDKのESG・サステナビリティの取り組みは?業績や配当情報も

TDKは、世界初の音楽用カセットテープの開発などで世界的に知られる電子部品メーカーです。ESGやサステナビリティへの取り組みにも積極的で、社会課題などの解決に向けたTDKの取り組み姿勢は外部の格付け機関などからも高い評価を受けています。

そこで、この記事ではTDKのESGやサステナビリティの取り組み内容をご紹介します。企業の特徴やESG・サステナビリティに関する外部評価、業績・株価動向、配当推移なども併せて解説するので、ESG投資にご興味のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

ロームのESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

半導体メーカーとして知られるローム株式会社は、電子機器や自動車、産業機器など幅広い分野に搭載される電子部品の開発・製造・販売を行っており、強みである電子工学の技術では、社会が抱える様々な課題解決に取り組んでいます。また、ローム独自の技術によって、あらゆる機器の「小型化」を実現し、枯渇する資源問題の解決に貢献しているのも特徴です。

この記事では、ロームのESG・サステナビリティの取り組みについて詳しく説明していきます。なお、最新の業績や株価動向、配当情報についても解説しているので、興味のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

荏原製作所のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

荏原製作所は、主力商品であるポンプや送風機、半導体製造装置などでインフラや産業を支える世界的メーカーです。ESGやサステナビリティに対しても意欲的な取り組みを進めている企業であり、「CO2約1億トン相当の温室効果ガス削減」「世界で6億人に水を届ける」などの目標を掲げています。

この記事では、荏原製作所のESGやサステナビリティの取り組み内容のほか、ESG・サステナビリティに関する外部評価、業績・株価動向、配当推移も解説するので、ESG投資にご興味のある方や株式投資で銘柄選定などに迷われている方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

ナブテスコのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当も

国連でSDGsの目標が採択されて以来、ESGやサステナビリティを重視する傾向が強まっています。投資家も投資先の選定にあたり、環境や社会の課題解決へ取り組んでいるかを重視する傾向です。

ナブテスコは精密減速機や油圧機器などを手掛ける機器メーカーで、ESG関連の取り組みにも積極的です。今回はナブテスコのESGに関する取り組み、株価推移や業績について解説します。

ESG投資コラム

ダイフクのESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

企業の財務情報だけではなく、環境・社会・ガバナンス面の要素を考慮して投資銘柄を選択するESG投資に注目している方もいるのではないでしょうか。世界有数のマテハン機器メーカーである株式会社ダイフクは、事業活動の中でESGやサステナビリティにも積極的に取り組んでいるESG銘柄の一つであり、その実績は外部機関からも高く評価されています。

そこでこの記事では、ダイフクのESG・サステナビリティの取り組み内容や外部評価、業績・株価動向、配当推移を解説していきます。ダイフクの企業情報について詳しく知りたい方や興味のある方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

住友金属鉱山のESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当も

気候変動や海洋汚染、労働環境の悪化や人権保護の必要性など、企業経営においてもESGやサステナビリティは一層重要性を増しています。機関投資家や株主も、環境や社会の課題解決に取り組む姿勢があるかを投資先の判断材料にしています。

今回は住友金属鉱山のESGの取り組みや業績を紹介し、将来性について考察します。同社や鉱山事業に興味のある方は参考にしてください。

ESG投資コラム

TOTOのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

投資家が投資先を検討する際、ESGを重視する傾向が強まっています。企業側は外部からの期待に応えるため、ESGを経営に取り入れるようになりました。

今回はTOTOのESG関連の取り組み、業績、株価推移などについて紹介します。同社はトイレなど水まわりの設備に強みのある企業ですが、ESGではどのような取り組みを行っているのでしょうか。

ESG投資コラム

出光興産のESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当も

大手金融機関や投資家が投資先を検討する際、ESGを重視する傾向が強まっています。企業側は外部からの期待に応えるため、ESGを経営で取り入れるようになりました。

今回は出光興産のESG関連の取り組み、業績、株価推移などについて紹介します。石油業界にとってESGは逆風とも言えますが、同社はどのような取り組みを行っているのでしょうか。

ESG投資コラム

サントリーのESG・サステナビリティの取り組みは?格付けや実績など

今回はサントリーのESG・サステナビリティの取り組みを取り上げます。サントリーは、ソフトドリンクやお酒などの総合酒類食品企業で、同グループは、水が同社製品の重要な原料であることから「水理念」を掲げています。

この「水」を含めたサステナビリティに関する7つのテーマを掲げ、取り組んでいます。同社がどのようにESGに取り組んでいるのかを見ていきましょう。

ESG投資コラム

富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も

精密化学メーカーとして知られる富士フイルム株式会社は、気候変動などの環境問題に対して、環境に配慮した生産活動や環境性能を持つ製品の普及を推進しているほか、写真事業で培った技術を活かし、高機能カメラ、医療機器、オフィス機器などの製品を通じて、人々の健康や生活の質向上に貢献しています。

この記事では、富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく説明していきます。最新の業績や株価動向、株主優待情報についても解説しているので、ESG投資に関心がある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

第一三共のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

第一三共は、循環器や感染症分野に強い国内大手の製薬会社です。人類の生命や健康にとって大きな課題であるがん治療にも力を入れており、開発した新薬が高く評価されるなど、サステナビリティやESG投資との相性の良い銘柄とも言えます。

そこで、この記事では第一三共のESGやサステナビリティに対する取り組み内容を詳しくご紹介します。また、企業の特徴や業績・株価動向、配当推移なども解説するので、関心のある方はご参考ください。

ESG投資コラム

資生堂のESG・サステナビリティの取り組みは?格付けや株主優待も

資生堂は約120の国と地域で事業展開をしているグローバル企業で、日本発のグローバルビューティーカンパニーを目指し、化粧事業だけでない新しい商品や価値を創造しています。

同社は、社会価値の創造を通じてサステナブルなよりよい世界を実現することを目標として掲げています。2022年12月に地球環境の負荷軽減とジェンダー平等の目標を設定したサステナビリティ・リンク・ボンドを発行するなどサステナビリティの実現に前向きに取り組んでいます。

今回は、資生堂のサステナビリティ・ESGへの取り組み、ESG格付けや株主優待などについて解説します。

ESG投資コラム

中外製薬のESG・サステナビリティの取り組みは?配当情報も

中外製薬は、日経平均にも採用されている日本を代表する医薬品大手企業の一つです。スイスの大手医薬品メーカーであるロシュグループの傘下に置かれながらも独立性を保ち、東証プライムへの上場を維持するなど、他社の医薬品メーカーと一線を画しているのが特徴です。

この記事では、中外製薬のESGやサステナビリティの取り組み内容を詳しくご紹介します。配当金推移についても詳しく解説しているので、投資先として中外製薬を検討している方、ESG投資に関心のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

キーエンスの将来性とESGの取り組みは?株価推移、業績、配当も

SDGsが国連で採択されて以降、世界でESGやサステナビリティの取り組みが加速しています。工場用のセンサや測定装置などを手掛けるキーエンスでは、持続的な企業価値創造、商品を通じた社会的課題の解決に取り組んでいます。

この記事ではキーエンスのESG関連の取り組み、株価推移や業績について解説します。キーエンスへの投資に興味のある方は参考にしてください。