TAG 税制

仮想通貨コラム

仮想通貨の売却で気になる税制。現在の税制をプロが徹底解説!

当然ながら、仮想通貨取引で利益を出すと税金が発生します。現在の税制は既存の投資商品である日本株や外国為替のFXのような税制とは異なります。今日は仮想通貨の取引所のトレーダーとして働いている傍、自身でも仮想通貨トレーディングを行なっている経験も踏まえて、税制について簡単に解説していきます。

仮想通貨コラム

自分で仮想通貨を作ってわかった、仮想通貨業界の発展に必要なこと

仮想通貨は世間を何かと賑わせていますが、正しい認識が十分認知されているとは言い難く、技術面についてはなおさら浸透していない印象です。そうした中で仮想通貨業界が今後発展するために何が求められるのでしょうか。世界各国の仮想通貨活用事例を調査し、独自仮想通貨を作成・運営した経験を持つ筆者の立場から考察したいと思います。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産への投資で失敗しないための7つのポイント

強い経済状況を見せ続けるアメリカでの不動産投資を考えている投資家の方もいらっしゃるでしょう。アメリカ不動産投資では学区を含めた立地選びが重要になることやリアルター(不動産業者)選び、登記調査など独特の注意すべきポイントがあります。そこで今回は、アメリカ不動産投資で失敗しないためのポイントを解説していきます。

海外不動産投資

海外不動産投資に3割超が関心、課題は現地情報やリスク管理

株式会社クレアスライフが実施した「海外不動産投資に関するアンケート調査」で、日本以外の不動産投資を「やる」が回答の3割を超え、ASEANなどの新興国が一定の関心を集めていることを示した。リスク分散や経済成長への期待が主な理由だ。一方、「やらない」は68.3%に上り、カントリーリスクや経済の不透明感への不安は根強い。

投資信託コラム

小口の不動産投資でおすすめは?Jリートとソーシャルレンディングの違いを徹底比較

不動産投資で資産を運用したい方は多いと思います。ただ、借入をして多くの資金を物件の購入に回すことは、ハードルが高いと感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今、小口から不動産投資が手軽に始められる、Jリート、ソーシャルレンディングに注目が集まっています。

投資・マネーコラム

カンボジアでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

経済成長が続くカンボジアはコンドミニアムの価格上昇が続くなど不動産市場が好調です。2018年7月に総選挙で圧勝したフン・セン首相はさらなる投資を呼び込もうと、カンボジアを「アジアの工場」とする目標を掲げています。今回はカンボジアのコンドミニアムを購入する際のポイントや注意点、リスクなどをご紹介していきます。

マレーシアの不動産投資投資・マネーコラム

マレーシアでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

チャイナマネーの流入が続くマレーシアでは不動産価格が上昇し、好調な経済成長を維持しています。今後もさらなる投資マネーの呼び込みが期待できることから不動産投資先として日本人にも人気があります。しかし、外国人がマレーシアの物件を購入する際は、州によって条件が異なるなど事前の情報収集がとても大切です。

投資・マネーコラム

フィリピンでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

経済成長を背景に不動産投資で注目される新興国の中でも、フィリピンは多くの投資マネーを呼び込んでいます。キャピタルゲイン・インカムゲインともに大きく、米USニューズ&ワールド・レポート誌による「2018年 投資するのに最も適した国」の第1位に選ばれるなど、今最も魅力的な市場として注目を集めています。

投資・マネーコラム

ベトナムとラオスの不動産投資、おすすめのポイントやリスクは?

今回は経済成長が著しいベトナムと、日系企業の進出が続くラオスにおける不動産投資についてご紹介します。ベトナムは2015年に外国人の不動産購入が解禁されたばかりで、海外投資家から今後も注目を集める市場といえます。

一方ラオスは外国人がコンドミニアムを購入できる法改正が2017年中に行われるとみられていましたが、2018年6月現在、まだそのような動きは確認できていません。