TAG 相続

寄付

遺贈寄付は「お金持ちがすること」?遺贈寄付に関する実態調査結果、肯定的な一方で誤解も

日本ではまだなじみの薄い遺贈について、一般社団法人日本承継寄付協会は「遺贈寄付に関する実態調査」を実施、9月11日に結果を発表した。調査は、同協会の2020 年9月からの事業活動の開始に先立ち、全国の50~70代の男女1000名を対象にオンラインで行った。

投資信託

相続税の疑問を解消、マネックス証券とミライズ「相続税シミュレータ(詳細版)」提供開始

株式会社MILIZE(ミライズ)とマネックス証券株式会社が共同開発したシミュレーションツール「相続税シミュレータ」の詳細版が9月1日提供開始された。マネックス証券が朝日税理士法人の監修を受け、今年6月に主要ネット証券として初めて提供を開始した簡易版をバージョンアップ。

投資・マネーコラム

不動産相続、故人の所有不動産を調査する手順は?空き家問題への対策も

相続は一生に何度も経験する出来事ではありません。相続の方法はあまり知られていないうえに、やらなければならないことが多く、財産が散在しているとどこに何があるのかを調べるだけでも途方に暮れてしまいかねません。本記事では、故人の所有不動産を効率よく調査する手順と、不動産のうちに空き家がある場合の対策についても解説します。

投資・マネーコラム

空き家を相続するか・相続放棄するかはどう判断すべき?ポイントを解説

空き家を相続すると維持管理コストや、防犯上の問題や特定空き家の対象となってしまうなど様々なリスクがあります。ただし、空き家を相続放棄するにあたっては、管理責任について注意したい点もあります。本記事では、注意点を踏まえ、空き家を相続放棄するか相続するかの判断ポイントについて解説します。

寄付

なぜ今、承継寄付の実務家が求められているのか?日本承継寄付協会がオンラインセミナー

一般社団法人日本承継寄付協会は9月4日、初のオンランセミナー「なぜ今、承継寄付の実務家が求められているのか ~相続実務家に求められる新たな役割とは~」を開催する。午後6時半からの2時間3部構成で、第一部では同協会代表理事で相続専門司法書士の三浦美樹氏が登壇。

投資・マネーコラム

親の死後、家の名義変更はいつまでに必要?放置してしまった場合の注意点も

親が死亡して相続によって不動産を取得した人の中には、名義変更手続きを行っておらず、いつまでに名義変更を行う必要があるのか気になっている人もいると思います。この記事では、相続した不動産の名義変更の期限と放置した場合における注意点について解説します。

投資・マネーコラム

相続した家を売りたくない…空き家の維持費用やおすすめの活用方法は?

親の家を相続した人の中には、毎年の維持費がどれくらいかかるのか不安に思う人も多いでしょう。相続した家が空き家の場合、空き家のまま放置するのではなく、有効活用できる方法を知りたいという方も少なくありません。この記事を読めば、空き家を有効活用する方法だけではなく、あまり知られていない官民の空き家対策を知ることもできます。

投資・マネーコラム

相続不動産の売却、遺言執行者はどんな時に必要?売却手順と注意点を解説

不動産を相続する際、被相続人によって遺言が残っている場合があります。資産は遺言に則って相続人に相続されることとなりますが、被相続人のその他の資産状況や、相続人同士の関係性によってスムーズに進まないケースがあります。この記事では、相続不動産を売却するにあたって遺言執行者の必要性、売却の手順や注意点について解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産を相続した際の遺産分割の手順は?必要な書類や手続も解説

相続が発生すると相続財産の遺産分割を行うことになりますが、相続財産に不動産が含まれていると遺産分割が複雑になります。その理由は、現金とは違い不動産を分割するということが容易ではないためです。実際に不動産の相続が発生したものの、どう遺産分割を行えばいいか分からない方も多いのではないでしょうか?この記事では、不動産を相続した場合の遺産分割の手順について分かりやすく解説します。

投資・マネーコラム

「小規模宅地等の特例」で相続税はいくらまで減額される?適用条件も解説

土地を相続した場合、相続税を納めるのに十分な現金を有していなければ、土地を売却して現金を確保しなくてはなりません。国はそのような事態に陥らないように、土地の相続税が安くなる小規模宅地等の特例を設けています。この記事では、小規模宅地等の特例の概要と特例の対象や条件について解説します。

投資・マネーコラム

相続不動産を売却する手続きは?売却前に知っておきたい流れと注意点まとめ

相続で不動産を取得したものの、既に自己所有の不動産がある場合、売却するのは一般的な選択肢と言えます。しかし、相続不動産を売却する時は、通常の自己所有不動産の売却とは異なるため、どのような手続きが必要なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?この記事では、相続不動産を売却する時の手順と注意点について解説します。

国内不動産投資

不動産相続、約3割が「空家」のまま放置。相続予定の物件は「収益化」が人気。スマイスター調査

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営する株式会社シースタイルは、「スマイスター」を利用した20代以上の男女全国781人を対象に9月23日の「不動産の日」にちなんだ「不動産相続」についての調査結果を公表した。