TAG 現物取引

投資ニュース

LINE証券、信用取引の取扱開始。1株単位/現物取引/信用取引から選択可能に

LINE証券株式会社は5月21日、スマホ投資サービス「LINE証券」で信用取引の取扱いを開始した。今月10日にスタートした取引所取引における現物取引に続くサービス拡充で、返済期限などが証券取引所の規制により一律に決められた「制度信用取引」を採用している。

株式投資コラム

株式投資、やるならどの証券会社がおすすめ?主要5社の特徴を比較

株式投資を始める場合は、証券口座の開設が必要です。しかし、証券口座を開設できる証券会社はたくさんあるため、どの証券会社を選べばいいのかわからなくなってしまうことが多いものです。そこで今回は、主要な証券会社の特徴について比較してみました。証券会社選びの参考にしてみてください。

投資信託コラム

ブル型・ベア型のETF・投資信託のメリット・デメリットは?注意点も

景気の下降局面に強い投資信託やETF(上場投資信託)選びが注目されています。なかでも信用取引のようなレバレッジ取引で高いリターンを狙える「ブル型」や、相場の下落時でも利益を狙える「ベア型」のファンドが話題となっています。この記事では、ブル型・ベア型のファンドの特徴やメリット・デメリット、利用上の注意点をご紹介します。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありがら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。グループでは電子書籍から、FX事業まで幅広いジャンルで事業展開しており、その中に仮想通貨事業を展開するDMM Bitcoinがあります。

投資ニュース

LINE証券、5月10日から株式の現物取引開始。東証上場の約3700銘柄に対応

LINE証券株式会社は、スマホ投資サービス「LINE証券」で5月10日から取引所取引(現物取引)をスタートする。取引所取引は、取引所を通じて株の売買を行う株取引の基本となる取引。同社でこれまで用意していた315銘柄だけでなく、東京証券取引所に上場している約3700銘柄に対応する。

仮想通貨コラム

DeCurret(ディーカレット)の5つの特徴をご紹介!初心者からトレーダーまで幅広く使える「デジタル通貨のメインバンク」

DeCurretは2019年4月に仮想通貨の現物取引をスタートし、同年8月にレバレッジ取引をスタートした比較的新しい仮想通貨取引所です。資本金86.28億円は国内仮想通貨交換業者では最大であり、「デジタル通貨のメインバンク」を目指しており、デジタル通貨活用を促進する独創的な商品開発に取り組んでいます。もちろん、基盤となる仮想通貨取引サービスも利用者にとって使いやすく、安心できるセキュリティ体制も整っています。ここではDeCurretのサービスや機能、特徴について詳しく解説します。