DMM Bitcoinの初心者におすすめの使い方【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

今回は、DMM Bitcoinの初心者におすすめの使い方について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. DMM Bitcoinの概要
  2. 仮想通貨取引所としての基本的なスペック
  3. DMM Bitcoinの初心者へのおすすめポイント
    3-1. レバレッジを使ったトレードが可能
    3-2. 充実した暗号資産情報
  4. 初心者におすすめのDMM Bitcoinの使い方
    4-1. 短期のレバレッジトレードに使用する
    4-2. 暗号資産情報を読んで仮想通貨やトレードについて学ぶ
  5. まとめ

DMM Bitcoinは仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引を利用できる国内で数少ない仮想通貨取引所です。アクティブにトレードをしたい方におすすめです。今回は仮想通貨初心者の方向けに、DMM Bitcoinの活用方法について解説したいと思います。

①DMM Bitcoinの概要


「DMM Bitcoin」は株式会社DMM.comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMMグループが培ってきた金融サービスのノウハウを活用し、株式などの金融商品取引経験のある投資家が利用しやすい取引サービスを提供している特徴があります。

DMM Bitcoinは2Wayプライス方式の「販売所」に特化しており、現物取引とレバレッジ取引を提供しています。レバレッジ取引の銘柄数は国内最多であり、アルトコインのトレーディングが可能な数少ない取引所の一つです。

②仮想通貨取引所としての基本的なスペック

まずは、取引所としての基本的なスペックである口座開設や手数料を以下の表にまとめました。

最低入金額 クイック入金:5,000円以上
振込入金:制限なし
入金方法 銀行振込・クイック入金
入金手数料 クイック入金:無料

銀行振込:銀行側振込手数料実費分

出金方法 銀行振込
出金手数料(日本円) 無料
送金手数料 (仮想通貨) 無料

入出金に関しては、振込手数料以外は無料となっており、非常にユーザーフレンドリーなサービスを提供してくれています。特に、仮想通貨の送金手数料が無料な点はリアルユースで仮想通貨を購入した後に使用したい時にも非常に便利なサービスです。

③DMM Bitcoinの初心者へのおすすめポイント

続いてDMM Bitcoinの初心者へのおすすめポイントについて解説します。

1. レバレッジを使ったトレードが可能

DMM Bitcoinの最大の特徴でもある取扱い通貨のすべてでレバレッジ取引ができる点は、初心者のうちからでも利用したいサービスの一つです。DMM Bitcoinで利用できる仮想通貨のレバレッジ取引は以下の通りです(2021年10月現在)。

取扱通貨数 12種類
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
最大レバレッジ 2倍
レバレッジ手数料 0.04%
注文単位 0.001 BTC
最低取引数量 0.0001 BTC
1注文あたりの上限数量 5 BTC
最大保有数量 250 BTC
必要証拠金維持率 証拠金維持率100%
追証制度 あり
ロスカットレベル 証拠金維持率が50%を下回った場合

短期トレードは、当然トレードの難しさは増しますが、投入する資金をコントロールすることでリスクヘッジできます。コインチェックやGMOコインなどで長期投資をしながら、DMM Bitcoinでレバレッジ取引をすると、トレードの上達が早まるでしょう。

2. 充実した暗号資産情報

DMM Bitcoinのもう一つの魅力として挙げられるのが、充実した仮想通貨のマーケット情報です。コンテンツ内容は、マーケットレポート、コラム、用語集、暗号資産(仮想通貨)ニュース、クリプト指標、経済指標カレンダーとかなりの情報提供が成されており、初心者の方にも大いに役立ちます。

④初心者におすすめのDMM Bitcoinの使い方

それでは、初心者の方がレバレッジトレードと暗号資産情報をどのように活かせば良いのかという点について解説します。

1.短期のレバレッジトレードに使用する

DMM Bitcoinの特徴を活かした使い方は、短期のレバレッジトレードに利用をする方法です。ボラティリティの高い仮想通貨トレードで2倍までのレバレッジが使用できるため、スキャルピングやディトレードなどでも十分な利益を得られる可能性があります。取引ツールや仮想通貨ニュースなどの提供される情報も十分ですので、情報収集をしっかりとしながらトレードを行う事ができるでしょう。

ただし、レバレッジトレードを行う際は慎重な資金管理が必要です。全体の資金の10%以内をレバレッジトレードに使用し、さらに一つのポジションをその10分の1にするなど、1ポジションの資金投入量を小さめにし、急に大きなポジションを持たないようにすると良いでしょう。

2. 暗号資産情報を読んで仮想通貨やトレードについて学ぶ

トレードをする上で、プロのアナリストなどのレポートから仮想通貨トレードを学ぶことは非常に有益です。DMM Bitcoinの「マーケットレポート」は、12種類の取扱い仮想通貨のテクニカル分析が1日1通貨のペースで公開されています。レポートの分量も非常に多く、チャートや図が多く使われていて初心者の方にも理解がしやすく、DMM Bitcoinのオリジナルのデータなども資料化されて公開されています。テクニカル分析においてプロのトレーダーが使用するインジケーターも多く登場し、テクニカル分析の実戦的な使用方法を学ぶことができます。

また、今後の相場の展開についても複数のシナリオが書かれており、自身のトレードシナリオと見比べる事で参考にすることができます。 さらにファンダメンタルズ情報に関しても考慮されているため、どのような視点でファンダメンタル情報をトレードに反映するかと言うケーススタディとしての学びも多い情報です。

初心者の方はバックナンバーを仮想通貨トレードのケーススタディの為の教材と考え丁寧に消化していくと良いでしょう。初心者の方に不足しがちな仮想通貨の知識に関しては「コラム」で学習する事が可能です。

コラムは以下の5種類に分類されています。

①基礎知識

仮想通貨取引に関する基礎的な知識や、テクニカル分析の基本的な解説が分かりやすく書かれているコラムです。

②仕組み

仮想通貨の銘柄の詳細に関する解説やコンセンサスアルゴリズム、マイニングなどのブロックチェーン技術についてもわかりやすく理解することができるコラムです。

③取引

仮想通貨の取引単位や送金方法など、かなり細部に渡りスプレッドやレバレッジ取引などの取引の基本事柄から、ビットコイン先物の仕組みなど仮想通貨取引全般に関するコラムです。

④歴史・将来

一つ一つの銘柄に関してかなり詳細にその歴史や今後どのような展開が予定されているかなどを解説したコラムで、このコラムを読むだけでもそれぞれの仮想通貨の今後の予定や将来性について正しく理解することができると思います。
短期投資だけではなく、長期投資にも有益な情報が入手できます。

⑤その他

上記のカテゴリーに当てはまらないコラムが「その他」として分類されています。内容的にはビットコイン決済やCBDC、ブロックチェーンゲームなど直接トレードには関係ないものの仮想通貨のファンダメンタルズとして重要なテーマが扱われています。仮想通貨全体の将来性を予測する上でも、このような一見トレードとは直接関係ないようなテーマの知識も身につけておきたいところです。トレーダーとしての使い方としては、仮想通貨のファンダメンタルズを理解する基礎的な知識を得るために通読しておくと良いと思います。

⑤まとめ

DMM Bitcoinは短期取引、とりわけレバレッジ取引用におすすめです。膨大な量の相場分析も活用できるので、仮想通貨初心者の方がトレードを始める際にも最適な仮想通貨取引所です。この機会に是非、DMM Bitcoinの口座開設を検討して頂くと良いでしょう。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12