SMBC日興証券の現物・信用取引手数料をネット証券・店頭証券と比較

SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループに属する証券会社です。株式ミニ投資など初心者向けのサービスが充実している、IPOの取扱銘柄数が多いといった特徴があります。では取引手数料については、他社と比較して安いのでしょうか。

この記事ではSMBC証券の現物取引、信用取引、外国株取引の手数料を、他の主要なネット証券や店頭証券と比較しながら解説します。

目次

  1. SMBC日興証券には2つの取引コースがある
  2. 現物取引の手数料比較
    2-1.現物株式・1回約定制
    2-2.現物株式・1日定額制日定額制
  3. 信用取引の手数料比較
    3-1.信用取引・1回約定制
    3-2.信用取引・1日定額制
  4. まとめ

1.SMBC日興証券には2つの取引コースがある

SMBC日興証券はネット証券ではなく、店舗も構えている証券会社です。株式取引については「総合コース」と「ダイレクトコース」の2つのコースがあり、途中でコース変更をすることもできます。

総合コースの特徴は支店担当者からアドバイスや投資情報をもらえることで、店舗のある証券会社ならではのメリットと言えます。Webだけでは不安だったり、対面で色々と相談したかったりする人に向いています。

投資だけでなく、相続・贈与、事業継承など、幅広い分野でコンサルティングサービスを受けられます。ただし取引手数料がダイレクトコースより割高なのがデメリットです。

ダイレクトコースは取引手数料を抑えているのが特徴で、パソコンやスマホを使って自分のペースで取引したい人向けです。また資産残高や信用取引建玉金額に応じてdポイントがもらえます。

2.現物取引の手数料比較

これから株式取引の手数料を他社と比較していきますが、各社最安の条件で比較をするため、SMBC日興証券についてはダイレクトコースの手数料とします。野村證券大和証券についてもオンライン専用コースで、インターネット取引の場合の料金で比較します。

2-1.現物取引・1回約定制

1回の約定金額に応じて、以下のように手数料が発生します。

項目 ~5万円 ~10万円 ~50万円 ~100万円 ~300万円 ~500万円
SMBC日興証券
(ダイレクトコース)
137円 137円 440円 880円 2,200円 3,300円
野村證券
(オンライン専用支店)
152円 152円 524円 1,048円 3,143円 5,238円
大和証券
(ダイワ・ダイレクトコース)
1,100円 1,100円 1,897円 3,795円 9,603円 15,411円
みずほ証券
(ダイレクトコース)
約定代金×0.34650% 約定代金×0.34650% 約定代金×0.34650% 約定代金×0.34650% 約定代金×0.26400%+825円 約定代金×0.24750%+1,320円
楽天証券 55円 99円 275円 535円 1,013円 1,013円
SBI証券 55円 99円 275円 535円 1,013円 1,013円
松井証券 取り扱いなし
マネックス証券 55円 99円 275円 535円 1,013円 1,013円
auカブコム証券 55円 99円 275円 0.099%+99円
(上限:4,059円)
岡三オンライン 108円 108円 385円 660円 1,650円 2,310円
LINE証券 55円 99円 275円 535円 1,013円 1,013円
GMOクリック証券 50円 90円 260円 460円 880円 880円
DMM株 55円 88円 198円 374円 660円 880円
SBIネオトレード証券 50円 88円 198円 374円 660円 880円

※2022年3月22日時点。税込表記

SMBC日興証券の手数料は、野村證券や大和証券といった他の店頭証券よりは割安です。しかし楽天証券などのネット証券と比べると高めの価格設定になっていることが分かります。

また楽天証券、松井証券マネックス証券auカブコム証券岡三オンラインDMM株は、25歳以下なら約定額に関係なく手数料実質無料です(SBI証券は20歳未満の場合は月額1万円のキャッシュバック上限あり。20~25歳はキャッシュバック上限なし)。

2-2.現物取引・1日定額制

1日定額制の場合、1日における約定金額の合計に応じて以下の手数料が発生します。

項目 50万円 100万円 200万円 300万円 500万円
SMBC日興証券
(ダイレクトコース)
取り扱いなし
野村證券
(オンライン専用支店)
取り扱いなし
大和証券
(ダイワ・ダイレクトコース)
3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 取引不可
みずほ証券 3,850円 3,850円 6,600円 9,350円 12,100円
楽天証券 0円 0円 2,200円 3,300円 5,500円
SBI証券 0円 0円 1,238円 1,691円 2,281円
松井証券 0円 1,100円 2,200円 3,300円 5,500円
マネックス証券 550円 550円 2,500円 2,500円 5,000円
auカブコム証券 0円 0円 2,200円 3,300円 5,500円
岡三オンライン 0円 0円 1,430円 1,980円 3,080円
LINE証券 取り扱いなし
GMOクリック証券 0円 0円 1,238円 1,691円 2,281円
DMM株 取り扱いなし
SBIネオトレード証券 0円 0円 1,100円 1,540円 2,130円

※2021年9月14日時点。税込表記

上記の店頭証券で、1日定額制を導入しているのは大和証券とみずほ証券です。しかしいずれもネット証券と比べると高額です。

1日定額制に関して、ネット証券では100万円以下を無料としている会社が複数あります。100万円を超えると、SBIネオトレード証券SBI証券GMOクリック証券の3社が比較的安くなっています。

3.信用取引の手数料比較

信用取引も現物取引と同様、1回約定制と1日定額制の2種類があります。

3-1.信用取引・1回約定制

1回約定制の場合の手数料は下記のとおりです。

項目 10万円 20万円 50万円 100万円 500万円
SMBC日興証券
(ダイレクトコース)
0円
野村證券
(オンライン専用支店)
524円
大和証券
(ダイワ・ダイレクトコース)
314円 314円 314円 524円 524円
みずほ証券
(ダイレクトコース)
0円
楽天証券 99円 148円 198円 385円 385円
SBI証券 99円 148円 198円 385円 385円
松井証券 取り扱いなし
マネックス証券 99円 148円 198円 385円 385円
auカブコム証券 99円 148円 198円 385円 385円
岡三オンライン 108円 165円 330円 550円 1,320円
LINE証券 0円
GMOクリック証券 97円 143円 187円 264円 264円
DMM株 88円 88円 88円 88円 0円
SBIネオトレード証券 0円

※2021年9月14日時点。税込表記

上記の店頭証券では、SMBC日興証券とみずほ証券は一律0円です。約定金額や回数に関係なく手数料はかかりません。ネット証券でも、LINE証券、SBIネオトレード証券は一律無料です。

3-2.信用取引・1日定額制

1日定額制の手数料は以下のとおりです。

項目 50万円 100万円 200万円 300万円 500万円
SMBC日興証券
(ダイレクトコース)
取り扱いなし
野村證券
(オンライン専用支店)
取り扱いなし
大和証券
(ダイワ・ダイレクトコース)
3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 5,500円
みずほ証券
(ダイレクトコース)
取り扱いなし
楽天証券 0円 0円 2,200円 3,300円 5,500円
SBI証券 0円 0円 880円 1,320円 1,760円
松井証券 0円 1,100円 2,200円 3,300円 5,500円
マネックス証券 取り扱いなし
auカブコム証券 0円 0円 2,200円 3,300円 5,500円
岡三オンライン 0円 0円 1,100円 1,430円 1,760円
LINE証券 取り扱いなし
GMOクリック証券 0円 0円 880円 1,320円 2,200円
DMM株 取り扱いなし
SBIネオトレード証券 取り扱いなし

※2021年9月14日時点。税込表記

1日定額制を導入している会社を見ると、SBI証券とGMOクリック証券の手数料が比較的安めです。しかし前述したとおり1回約定制で完全無料としているのが4社あり、実質的にそちらの方が安いと言えます。

まとめ

SMBC日興証券の手数料に関して、信用取引は一律0円であり、約定価格や回数などの制限もなく取引ができます。その一方、現物取引に関しては、他の店頭証券よりは割安ですが、ネット証券と比較すると高い水準です。

SMBC日興証券は日興フロッギー、AIによる株式ポートフォリオ診断や株式見守りサービスといった独自のサービスも充実しています。口座開設を検討するときは、手数料だけではなくサービス内容も考慮して検討しましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」