ドコモdポイント投資はどんな人におすすめ?メリット・デメリットを解説

誰でも投資を簡単に体験できる「dポイント投資」が注目されています。dポイントはNTTドコモが提供しているポイントサービスであり、貯めたポイントを運用することで気軽に投資体験をすることができます。

今回はdポイント投資の概要やメリット、デメリットを紹介するとともに、dポイント投資はどのような方に向いているのかを詳しく解説します。ドコモを利用してdポイントを貯めている方は、この記事を参考にぜひdポイント投資を検討してみてください。

目次

  1. dポイント投資とは
    1-1.dポイントを投資に回すことができる
    1-2.dポイントでロボアドバイザー投資ができる
  2. dポイント投資のメリットとデメリット
    2-1.dポイント投資のメリット
    2-2.dポイント投資のデメリット
  3. dポイント投資がおすすめの方
    3-1.dポイントを貯めている方・活用したい方
    3-2.dポイントの有効期限が迫っている方
    3-3.投資体験をしたい方
    3-4.投資初心者の方・仕事や家事に忙しい方
  4. まとめ

1 dポイント投資とは

dポイントは、NTTドコモが提供している共通ポイントサービスです。ドコモの携帯料金の支払いやローソンなどdポイント加盟店での買物、dカード(クレジットカード)を使った買物などで貯めることができ、貯めたポイントは、ドコモの携帯料金の支払い・商品交換、加盟店での買物などさまざまな使い方ができます。

1-1 dポイントを投資に回すことができる

dポイントで投資ができるサービスは「dポイント投資」と呼ばれ、NTTドコモが株式会社お金のデザインと提携して2018年5月に始めた新しい投資サービスとなります。dポイントを「運用ポイント」(ポイント投資サイトで運用しているdポイントのこと)に交換すると、後述する投資信託の基準価額に連動してポイント数が変動します。なおdポイント1P=運用ポイント1Pとなります。

ポイント数は1日1回変動しますが、あくまでポイントの運用であるため現金額が増えたり減ったりするわけではありません。また運用ポイントは、いつでも好きな時にdポイントに戻すことで、各種支払いや買い物に利用することができます。

1-2 dポイントでできるロボアドバイザー投資とは

実際にポイントを運用してくれるのはTHEO(テオ)というロボアドバイザーサービスなります。
THEO+[テオプラス] docomo
THEOとは、お金のデザインが運用するロボアドバイザーサービスで、人工知能(AI)を活用して顧客の資産運用を行ってくれるサービスとして30代を中心に利用が広がっています。このTHEOとdocomoの協業サービス「THEO+[テオプラス] docomo」でdポイントを運用することができます。

ロボアドバイザーの中でも、THEOは顧客の運用プランに応じて実際の資産運用や運用途中のリバランス(最適化)などをすべて行ってくれる「投資一任型」に分類され、投資の初心者でも気軽に利用できるサービスとなります。つまりdポイント投資ではTHEOにポイントの運用を任せることになります。

選べるコースは、債券よりも株式に大きく比重を置き高いリターンを目指す「アクティブコース」、株式よりも債券にやや比重を置き安定したリターンを目指す「バランスコース」があります。

  • アクティブコース:債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンを目指す。「THEOグロース・AIファンド」の基準価額に連動するコース
  • バランスコース:株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンを目指す。「THEOインカム・AIファンド」の基準価額に連動するコース

両方のコースを選択することはできませんが、コースはいつでも切り替え可能です。運用中のポイントは土日・祝日を除く営業日17時ごろに更新される予定です。このようにdポイント投資は、AI技術を活用したロボアドバイザーを通じた投資を体験できるサービスとして注目を集めています。

2 dポイント投資のメリットとデメリット

次に、dポイント投資のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

2-1 dポイント投資のメリット

dポイント投資のメリットとして次の6つが挙げられます。

  • 口座開設の必要なし、すべてお任せで運用可能
  • 100円程度から始められる
  • 手数料は無料
  • いつでも1ポイント単位で引き出し可能
  • dポイントの有効期限を止められる
  • 投資体験ができる

口座開設の必要なし、すべてお任せで運用可能

株取引や投資信託を始める場合、通常は証券会社に口座を開くなど所定の手続きが必要となりますが、dポイント投資では面倒な手続きをすることなく、利用規約に同意するだけで気軽に投資を始めることができます。

さらにdポイントを運用するTHEOは、投資一任型のロボアドバイザーとなり、ポイント運用をすべて行ってくれるため、実際の運用面でも煩わしい手間などがかかりません。

100円程度から始められる

一般的に投資を行う場合は元手がある程度必要ですが、dポイント投資では少量のdポイントさえあれば現金を使わずに投資ができます。dポイント投資は100ポイント(100円相当)単位で行うことができるため、手元に100ポイント以上あれば投資を始められます。

ただし、1日で追加可能な運用ポイントの上限は2,000ポイントまでとなります(※THEO+ docomoを利用中の場合、10,000ポイントが上限となる)。

手数料は無料

dポイント投資は、会費や手数料がかかりません。dアカウントを取得する必要はありますが、無料で取得できるためコスト面の心配は不要です(※dアカウントは、ドコモの携帯を利用していなくても、ネットショッピングをはじめ様々なサービスを無料で使える共通IDです。dポイント投資を始めるにはdアカウントを持っていることが条件です)。

いつでも1ポイント単位で引き出し可能

dポイント投資でポイントを運用する間は、dポイントを運用ポイントに変換する必要がありますが、運用ポイントはいつでもdポイントに戻せます。戻す際も1ポイント単位ででき、引き出しできるポイントに上限はありません。

dポイントの有効期限を止められる

dポイントは獲得したサービスにより有効期限が異なりますが、基本的には4年(48ヶ月)となっています。しかしdポイント投資でポイントを運用中は、有効期間の経過が算入されません。ポイントの有効期限が迫っていても使う予定がないという場合は、dポイント投資に回しておけば期限切れを防ぐことができます。

投資体験ができる

長引く低金利を背景に資産運用を検討する方は多いものの、「投資を始めたいが、損をしないかと不安がある」「元手資金がない」「何から始めればいいかわからない」といった声もよく聞かれます。

dポイント投資では、ポイントさえあれば元手資金がなくても面倒な手続きなしに始められます。ポイントをお金に見立てて増やしていく楽しみがあり、気軽に投資を体験することができます。dポイント投資で投資を体験し、慣れたらAIを活用した最新の資産運用「THEO+ドコモ」などのロボアドバイザー投資に挑戦してみるのも良いでしょう。

2-2 dポイント投資のデメリット

dポイント投資のデメリットは次のとおりです。

  • リスクがある
  • 経営破綻時の保証がない

リスクがある

dポイント投資は現金の代わりにポイントを運用する方式ですが、経済状況によっては運用ポイントが増えたり減ったりすることもあります。気軽に始められる一方、通常の投資と同様にリスクはあるため、あらかじめ留意しておく必要があります。

経営破綻時の保証がない

証券会社などでは顧客の資産は信託銀行に分別管理されることになっているため、証券会社が経営破綻しても、顧客の資産は保護される仕組みになっています。しかし、ポイント投資は資金を運用するわけではないため、このような事態になっても投資中のポイントは保証されないことに留意しましょう。

3 dポイント投資がおすすめの方

dポイント投資をおすすめしたいのは次のような方です。

3-1 dポイントを貯めている方・活用したい方

ポイントは単に貯めておくだけではなく、使用してこそ価値が生まれるものです。dポイントを貯めている方や貯めたdポイントを活用したい方にとっては、dポイント投資は良い手段になるでしょう。

3-2 dポイントの有効期限が迫っている方

前述した通り、dポイント投資で運用中の期間は運用ポイントの有効期限カウントが進まないため、dポイントの有効期限が迫っていて特に使い道がないという方は、有効期限切れを防ぐためにもdポイント投資を検討してみましょう。

3-3 投資体験をしたい方

ポイントの運用自体は投資一任型ロボアドであるTHEOが行うため、ユーザーは手間をかけることなく、ポイント投資を通じて投資の勉強ができます。dポイント投資は、資産運用を体験したい投資初心者の方に適していると言えます。

なおTHEOが行う資産運用の特徴として、国際分散投資という点が挙げられます。国際分散投資とは、投資対象を広く海外に分散させることにより投資のリスクを抑える手法です。THEOの投資対象は、世界86の国・地域を対象とした海外ETF(海外の証券取引所に上場している投資信託)で、銘柄数は1万1,000以上に及びます。そのためTHEOのポイント運用は海外の経済情勢や景気動向の影響を受けることになります。

dポイント投資を始めると、運用に影響を及ぼす経済関連のニュースや海外の株式相場・出来事などの動向にも興味が湧くこともあるでしょう。THEOの資産運用方針や投資対象、リスク許容度などに関心を持った方は、THEOのロボアドバイザー投資もチェックしてみてください。

3-4 投資初心者の方・仕事や家事で忙しい方

投資初心者のうちは、自ら投資銘柄を開拓して売買することが難しいため、資産の運用は専門家に任せるほうが安全と言えます。dポイント投資の場合、その専門家がロボアドバイザーのTHEOとなります。投資初心者の方は、dポイント投資を通じて投資を体験し、資産運用の醍醐味を勉強することができます。

また、仕事や家事に忙しく、自分で投資や資産運用を行う暇がない方にもdポイント投資は向いています。dポイント投資は、現金を使う投資ではありませんが、運用状況によりポイントは増減します。つまり、ポイントが儲かる時もあれば損をする時もあるわけです。

仕事や家事に忙しく、自分で投資や資産運用を行う暇がない方は、まず手間がかからないdポイント投資で投資の実感を味わってみるのも良いでしょう。

4 まとめ

投資といえば以前はハードルが高いイメージがありましたが、dポイント投資は誰でも気軽に始められる投資サービスとなります。投資に対して漠然な不安を抱えていた方でも、日々の生活に密着したポイントを使って投資を体験できるため、これまで資産運用に興味がなかった方でも馴染みやすいでしょう。

また投資に資金やコストがかからない点も、dポイント投資が注目を集めている理由です。ドコモの端末を利用されている方もそうでない方も、dポイント投資を一度体験してみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】THEO+[テオプラス] docomo
【関連記事】THEO+[テオプラス] docomoの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」