マネックス証券、国内株の現物取引手数料(取引毎手数料コース)を11年ぶりに引下げ

マネックス証券株式会社は、国内株式の取引毎手数料コースで現物取引手数料を3月22日約定分(予定)から引下げる。約定代金20万円超30万円以下の金額帯以外の全てを対象に、最低手数料は現行110円が55円に引下げ、以降は約定金額が大きくなるほど引下げ額も大きくなる。

同社は2020年度から「お客様の資産の増加にコミットする」という「アセマネモデル」をビジョンとして掲げ、 米国株や投資信託のサービス拡充に加え、日本株信用取引手数料の引下げなどで、資産運用や資産形成の取引環境の向上に努めてきた。 株式取引では「銘柄スカウター」などの投資情報、「マネックストレーダー」をはじめとした取引ツール、買付手数料無料の単元未満株取引サービス「ワン株」などで好評を得ている。

現物取引手数料(取引毎手数料コース)の引下げは 11年5月以来、約11年ぶり。株式取引サービスを主要ネット証券最低水準(同社調べ)となる。

現物取引手数料引下げ記念企画として、キャンペーンとオンラインセミナーを実施する。キャンペーン「第1弾クイズに答えてAmazonギフト券を当てよう」は、クイズに正解すると抽選で1000名に200円相当のAmazonギフト券をプレゼントする。期間は3月10日~21日。第2弾も後日発表予定。

オンラインセミナー「現物取引手数料引下げ記念! 5夜連続セミナー」は、5人の講師陣による株式投資セミナーで3月22日から28日に開催。開始時間は午後8時、28日のみ午後9時から。講師は22日が井村俊哉氏・益嶋裕氏、(マネックス証券)、23日が坂本 慎太郎氏、24日が岡元兵八郎(マネックス証券)、25日が小次郎講師こと手塚宏二氏、28日が広木隆氏(マネックス証券)。

【関連サイト】マネックス証券
【関連記事】マネックス証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」